ライフ RSS

 

気温・湿度の高い環境下でのマスク着用に注意、熱中症のおそれ

2020年6月5日 20:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスの感染が完全には収まらない状況下で夏を迎えつつあるが、環境省や厚生労働省が、気温・湿度の高い環境下でのマスク着用に対し熱中症のおそれがあるとして注意喚起を行っている

 マスクを着用すると体に負担がかかることがあり、高音・多湿環境下では熱中症のリスクが上がるという。そのため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにすることを推奨している。これを受けて日本郵便は、社員が熱中症対策としてマスクを外すことがあるとの発表を行っている

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療 | アナウンス

 関連ストーリー:
理研など、新型コロナの飛沫感染シミュレーション結果を動画で公開 2020年06月04日
Apple Store営業再開に向けたガイドラインをまとめる。顧客はマスク着用を義務付け、持っていない場合はマスクを提供 2020年05月22日
カリフォルニア州、バルブ付きマスクを禁止 2020年05月13日
フランス、パリ地下鉄で乗客のマスクの着用状況をチェックするAIが運用される 2020年05月13日
東京では「自粛中なのに営業している」といった警察への通報が2週間で約670件も発生 2020年04月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省環境省日本郵便熱中症新型コロナウイルス

広告