1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 環境省(1)

環境省のニュース一覧

Photo:太陽光発電システムのパネルと直結コンセント ©sawahajime

電気自動車(EV)を災害時の非常電源に利用できると、「フル充電したEVで一家が〇日暮らせる」とやっているのを見た記憶がある。 03/20 12:18

2月22日は「猫の日」。写真:

2月22日は「猫の日」。 02/21 18:01

生態系に深刻な影響を及ぼす海洋プラスチックの問題。 02/08 13:28

木からつくる自然なクルマ(画像:京都大学の発表資料より)

東京モーターショー2019は、移動に関する乗り物が一堂に会したような催しとなり、これまでとは少し趣向が変わっていた。 11/23 14:42

画像はイメージです。

10月24日、共同通信が『プラごみをバス乗車券に インドネシア 1・5リットル3本で2時間』と題する記事を配信した。 10/31 07:55

雲南市での実証実験に使われるゴルフカートをベースにした電動小型低速車両(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は28日、電動小型低速車両で市内を巡回して市民の移動のサポートをするサービスの実証実験を、島根県雲南市で開始した。 10/29 11:40

セルロースナノファイバーを用いたコンセプトカー(写真:金沢工業大学の発表資料より)

東京ビッグサイトにて開催されている東京モーターショーにおいて、植物由来のセルロースナノファイバーで外板や骨格部材を製作した、世界初のコンセプトカーが出展された。 10/27 20:49

2017年、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が日本に上陸したことが話題となったが、このヒアリが東京港青海埠頭で定着した可能性が極めて高いとの分析結果を国立環境研究所が出したという。 10/18 09:09

地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある

地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある。 10/06 19:52

1980年より大きく減少した4種(左からウミガラス、エトピリカ、ウミネコ、オオセグロカモメ)。(画像:北海道大学発表資料より)

海鳥は全世界的に、かつ長期的にその数を減らし続けている。 09/03 08:37

日本ではカワウソがペットとして人気急上昇中だそうだが、8月28日に終了したワシントン条約第18回締約国会議では、コツメカワウソ並びにビロードカワウソの国際取引を禁止する提案が賛成多数で可決され、成立した。 09/02 17:56

アサヒビールとパナソニックが共同開発した世界初の「高濃度セルロースファイバー成形材料」活用のビール用カップ「森のタンブラー」

アサヒビールとパナソニックが協働で「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した、世界初のビール用カップ「森のタンブラー」を開発した。 07/15 21:56

アキュラホームの拠点近隣にある小学校や中学校を対象に、間伐材を加工して製作した小学校学習机の天板を寄贈

「自然は常に教育よりも一層大きな力を持っていた」 これは、フランスの著名な哲学者、ヴォルテールが残した言葉だ。 06/09 20:34

紫外線が人体に与える悪影響については広く知られるようになっているが、一方で紫外線対策としての日焼け止め利用を禁止・制限する小中学校も未だに多いという。 06/04 21:03

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告