環境省のニュース

環境省、アメリカザリガニらを再度特定外来生物に指定へ

一度は特定外来生物の指定から除外されたアメリカザリガニだが、環境省は再び指定の方向で方針を固めた。
07/09 08:53

無印良品、道の駅に初出店 福島県浪江町「道の駅なみえ」に

無印良品を運営する良品計画は12日、福島県浪江町幾世橋の「道の駅なみえ」に出店することを明らかにした。
03/12 16:20

政府がプラスチック新法案を閣議決定 使い捨てスプーン等の有料化も検討

政府は9日、使い捨てプラスチック製品の削減やリサイクルをめざす新法案「プラスチック資源循環促進法案(以下プラスチック新法)」を閣議決定した。
03/10 17:23

奄美大島で外来種マングースの捕獲がゼロに 駆除成功か

環境省によると、鹿児島・奄美大島で外来種のマングースの捕獲数がゼロになったそうだ。
02/20 16:52

非財務/SDGsをスコアで可視化 サステナブル・ラボがオンラインDBを開始

サステナブル・ラボは12日、AI技術を活用し、企業・都道府県の非財務/SDGsデータを分析・スコア化したオンラインデータバンク「テラスト」を開始すると発表した。
02/12 18:19

環境省、「ザリガニ相談ダイヤル」を開設

環境省が「ザリガニ相談ダイヤル」を12月22日に開設していたようだ。
01/03 08:34

ザリガニの特定外来生物指定、アメリカザリガニは除外へ

環境省は11月2日から外来ザリガニを「特定外来生物」に指定する(参考過去記事)が、このうち候補に挙がっていた[PDF]アメリカザリガニに関しては、特定外来生物の指定から外されることが分かった。
10/16 18:09

登山道に描かれた「つちのこ」文字は違法 環境省が撤去へ

北海道の十勝岳の登山道近くで、石を並べて「つちのこ」と読める文字が作られていたそうだ。
06/25 18:26

9都県で今夏から試行「熱中症警戒アラート」

熱中症予防を促すため、環境省と気象庁は連携し、来年夏から全国を対象に「熱中症警戒アラート」を行う計画で、今夏は関東甲信を対象に都県単位で同アラートを試行することになった。
06/17 07:29

気温・湿度の高い環境下でのマスク着用に注意、熱中症のおそれ

新型コロナウイルスの感染が完全には収まらない状況下で夏を迎えつつあるが、環境省や厚生労働省が、気温・湿度の高い環境下でのマスク着用に対し熱中症のおそれがあるとして注意喚起を行っている。
06/05 20:21

レジ袋の有料化、「賛成」6割 スタート後に「エコバッグを持ち歩く」8割

経済産業省と環境省は昨年12月25日にレジ袋有料化を義務付ける制度の運用指針をまとめた。
05/10 18:36

【コロナ感染拡大はノアの方舟か】地球温暖化阻止には自動車停止が絶大な効果

「大気汚染・CO2排出規制」について、考え方を根本から改めねばならないのであろう。
04/27 12:52

国内の温室効果ガス、5年連続で減少 再生可能エネルギーの利用が進む

4月14日に環境省が発表した2018年度の温室効果ガスの総排出量によると、温室効果ガスの総排出量の確報値は二酸化炭素(CO2)換算で12億4千万トン。
04/27 09:00

EVは本当に環境に優しいか?

電気自動車(EV)を災害時の非常電源に利用できると、「フル充電したEVで一家が〇日暮らせる」とやっているのを見た記憶がある。
03/20 12:18

立命大、海洋プラごみを定量化する動的モデル作成 ゼロ化へシミュレーション

生態系に深刻な影響を及ぼす海洋プラスチックの問題。
02/08 13:28

新技術ナノセルロースファイバーを使った環境省のスーパーカーとは

東京モーターショー2019は、移動に関する乗り物が一堂に会したような催しとなり、これまでとは少し趣向が変わっていた。
11/23 14:42

インドネシアは「プラごみ」対策の先進国!?

10月24日、共同通信が『プラごみをバス乗車券に インドネシア 1・5リットル3本で2時間』と題する記事を配信した。
10/31 07:55

ヤマハ発が電動低速車を使ったMaaS実現へ本腰 実証実験や保険開発で連携

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は28日、電動小型低速車両で市内を巡回して市民の移動のサポートをするサービスの実証実験を、島根県雲南市で開始した。
10/29 11:40

セルロースナノファイバー実装のコンセプトカー、東京モーターショーに出展 金沢工業大など

東京ビッグサイトにて開催されている東京モーターショーにおいて、植物由来のセルロースナノファイバーで外板や骨格部材を製作した、世界初のコンセプトカーが出展された。
10/27 20:49

強毒のヒアリ、国内で定着の可能性

2017年、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が日本に上陸したことが話題となったが、このヒアリが東京港青海埠頭で定着した可能性が極めて高いとの分析結果を国立環境研究所が出したという。
10/18 09:09

日本企業の底力 世界の海を救うかもしれない、世界初の2つの技術

地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある。
10/06 19:52

海鳥の世界的減少、やはり日本でも 北大・山階鳥類研究所の研究

海鳥は全世界的に、かつ長期的にその数を減らし続けている。
09/03 08:37

日本で人気急上昇中のカワウソ、ワシントン条約で取引禁止へ

日本ではカワウソがペットとして人気急上昇中だそうだが、8月28日に終了したワシントン条約第18回締約国会議では、コツメカワウソ並びにビロードカワウソの国際取引を禁止する提案が賛成多数で可決され、成立した。
09/02 17:56

アサヒビールとパナソニック、自然由来の環境に優しいビアカップ開発

アサヒビールとパナソニックが協働で「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した、世界初のビール用カップ「森のタンブラー」を開発した。
07/15 21:56

 1 2 3  次へ進む