アグリスト、AI活用の農産物自動収穫ロボットを開発 1月から運用を開始

2020年2月3日 11:56

小

中

大

印刷

ピーマン農場で作業を行うロボットの様子。(画像:AGRIST発表資料より)

ピーマン農場で作業を行うロボットの様子。(画像:AGRIST発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 AGRIST(アグリスト)はAIを用いたピーマンの吊り下げ式自動収穫ロボットを開発し、1月からビニールハウスでの運用を開始した。

【こちらも】収穫が間に合わない!ロボット活用で農業人口減少への対応目指す

 従来の自走式による自動収穫ロボットには、「平らでないと転倒する」など課題があったが、アグリストが今回開発した吊り下げ式ロボットは農家の声を基に開発を進めて課題を解決。PCT国際特許出願しており、4月から生産販売を開始する予定だ。

 日本の農業従事者の平均年齢は67歳と、高齢化が進んでおり、農業の担い手も不足している。農作業時間の50%以上が収穫や出荷作業に費やされており、農業所得の向上のためには、収穫作業の効率化が大きな課題となっている。

 アグリストは農業ロボットの開発を主力事業としており、地元宮崎での農業収穫ロボットの需要高まりから、2019年10月に設立された。農業の人手不足と高齢化の課題を解決することをミッションとし、2019年初頭からAI活用の農産物自動収穫ロボットの研究・開発を、Next Technologyと共に進めていた。

 アグリストが開発した農作物自動収穫ロボットの特徴は「吊り下げ式」という点だ。従来の自走式による農作物自動収穫ロボットは、圃場が凸凹のために転倒したり、農作業機械が邪魔で移動できないことがあった。

 また、従来のアーム型の自動収穫ロボットは高価でメンテナンスが大変だという農家の声もあった。このため、アグリストは農家と共同開発を進め、シンプルな構造とすることで開発コストを抑え、低価格でのサービス提供を実現。共同開発者が運営するピーマンのビニールハウスで、1月より運用を開始した。

 アグリストは今後、農作物自動収穫ロボットのレンタルサービスを通じて農業のイノベーションを起こし、1反当たりの収穫量を2割以上向上させ、パート人件費を半減させることを目指すという。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワードロボット人工知能(AI)特許

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース