シャープ、同社のWiFi関連特許を侵害しているとしてオッポジャパンを提訴

2020年2月1日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 シャープが、同社の持つOFDM変調方式に関する特許をオッポジャパンが侵害しているとして、モバイル端末の販売差し止めを求める裁判を起こした(シャープの発表ITmedia)。

 オッポジャパンは中国を拠点とするOPPOの日本法人で、2018年に日本向けスマートフォン端末の発売を開始している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | パテント | ニュース

 関連ストーリー:
2019年第3四半期のスマートフォン出荷台数は270万台増の3億5,830万台、7四半期続いた減少に歯止め 2019年11月10日
OPPOの「Find X」でもベンチマーク不正が発覚 2018年10月25日
液晶特許紛争: シャープ vs 台湾メーカ & イオングループ 2004年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国シャープ特許裁判OPPO

広告