Red HatとIBM、APIは著作権の保護対象という裁判所判断に反対する請求

2020年1月23日 08:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 OracleはGoogleがAndroidでJava APIを無断使用したとして著作権侵害でGoogleを訴えているが、この裁判ではAPIが著作権の保護対象に当たるという判断が下されている。これに対しIBMおよびIBM傘下のRed Hatが、この判断はソフトウェア開発分野での進歩、競争、革新に有害であるとして判断を変えるよう求める請求を行った(Red Hatの発表ZDNetSlashdot)。

 OracleとGoogleの訴訟はさまざまな問題を引き起こした。現在、天気予報からナビ、動画再生まで、ほとんどすべてのソフトウェアがGoogleやAmazonなどのオープンAPIに依存しており、APIが著作権として認められると社会インフラに重大な影響を与えかねない。そのためRed HatとIBMは共同で13日、先の「Google vs. Oracle」訴訟の判断は、オープンソースコミュニティによるイノベーションに恐ろしい影響を与える可能性があるとして、アミカスブリーフ制度[PDF]を利用して、米国控訴裁判所の判断を覆すように求めた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | プログラミング | IT

 関連ストーリー:
Google、Java APIの宣言が著作権保護の対象にならないとの主張を繰り返す 2020年01月14日
OracleがS3互換APIを提供していることは著作権侵害か 2020年01月09日
米連邦最高裁、Java APIの著作権侵害をめぐるGoogleの上告を受理 2019年11月20日
Google、最高裁に対しソフトウェアインターフェースに対する著作権の扱いについて再考を求める 2019年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害GoogleAndroidAmazonIBMJavaOracle裁判オープンソース

広告