我々の宇宙よりも以前に存在していた宇宙の痕跡を発見か 英物理学者らが提唱

2019年9月6日 17:25

小

中

大

印刷

画像はイメージです。

画像はイメージです。[写真拡大]

写真の拡大

 昨年の夏、イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズら4人の科学者たちによって、アッと驚く論文が公表された。その論文は、我々の宇宙が誕生する前に存在していた宇宙の痕跡を発見したという内容であった。

【こちらも】「宇宙で最初に生まれた星」が放った可能性のある光の痕跡が観測

 ロジャー・ペンローズは、アメリカのスチュワート・ハメロフとともに、人間の意識はマイクロ・チューブルという量子的プロセスが生じやすい構造がもたらすものである、という仮説を立て、肉体の死後も宇宙に存在し続けるという主張を20年ほど前から唱えている。NHKの番組でも紹介されたこともあり、一度はその名前を聞いたことがあるという人も多いのではないか。

 ホーキングの説によれば、光ですらその重力から逃れられないというブラックホールにおいて、表面から常にエネルギーが放射(これをホーキング放射という)されており、やがては質量を失って消失する。

 ロジャー・ペンローズは、ホーキング放射によってブラックホールが消滅した後も、強力な電磁波を発し続ける点(これをホーキングポイントという)として観測されるはずである、という仮説を唱えていた。また彼によれば、宇宙が消滅した後も、ホーキングポイントは存続し続けると主張している。

 昨年夏に公表された研究では、宇宙全体に充満している3K波(宇宙マイクロ波背景放射。ビッグバンの名残とされる黒体輻射で絶対温度にして約3Kに相当する)を観測すれば、ホーキングポイントが観測されるはずであるとの仮説を立て、3K波の状態を数値解析で再現する試みを行っている。

 数値解析はホーキングポイントの存在を解析条件に織り込んだもので、その結果は実際の観測結果とも一致していたという。これはホーキングポイント(つまり強力な電磁波を発し続ける点状のもの)の存在を仮定しないと、3K波の状態をうまく再現できないことを意味すると彼らは主張している。

 この説、つまり宇宙が誕生と消滅を繰り返しており、その痕跡をホーキングポイントとして見出すことができるという考えは、科学の世界で主流を占めるに至ってはいないが、致命的な論理の破綻もなく、この仮説を完全に否定できる有力な証拠もない。

 ロジャー・ペンローズという物理学者は、科学ファンにとっては、様々な奇抜で興味深い仮説を提供してくれるスーパースター的な存在である。現在88歳という高齢ではあるが、いつまでも長生きして、さらに奇抜なアイデアで我々の好奇心を満たしてくれることを心から願うばかりである。(記事:cedar3・記事一覧を見る

関連キーワードイギリスブラックホールビッグバン

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース