1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > ビッグバン(1)

ビッグバンのニュース一覧

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、カナダ系米国人宇宙物理学者ジェームズ・ピーブルズ氏、スイス人天文学者ミシェル・マイヨール氏、ディディエ・ケロー氏の3名にノーベル物理学賞を授与することを発表した。 10/09 20:37

DNAやRNA等の核酸の最小単位であるヌクレオチド(左)と今回再現された核酸塩基6種(右)(写真:北海道大学の発表資料より)

地球上の生命の起源とも考えられる星間分子雲。 10/02 13:20

今回観測された12個の原始銀河団。(c) 国立天文台/Harikane et al.

最も新しいデータによれば、私たちの宇宙の年齢は138億年とされている。 10/01 16:10

HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO

地球から約200光年の距離にあるてんびん座のHD140283という星は推定年齢が160億年とされてきた。 09/17 14:55

観測された赤方偏移6の老けた銀河(左)とその銀河が星形成をしていた赤方偏移14の時における先祖(右)の想像図。(画像:国立天文台)

ビッグバンにより宇宙が生まれたのは138億年前と考えられている。 09/11 18:35

画像はイメージです。

昨年の夏、イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズら4人の科学者たちによって、アッと驚く論文が公表された。 09/06 17:25

研究グループが提案する深層学習によるモデル(左)と従来の解析的手法によるモデル(右)の比較。提案モデルのほうが誤差が小さい。 (c) S. He et al./PNAS2019

東京大学は28日、人工知能を駆使した宇宙の複雑な三次元シミュレーションモデルの作成に初めて成功したと発表した。 08/31 15:51

宇宙膨張率を示すハッブル定数の導出に用いられた複数の銀河。丸が赤色巨星 (c) NASA, ESA, and W. Freedman (University of Chicago), ESO, and the Digitized Sky Survey

宇宙の膨張率を示すハッブル定数。 07/24 11:49

福岡市の中心地での「旧大名小学校跡地活用事業」で、九州初の「ザ・リッツ・カールトン ホテル」が誕生する

今、日本で最も注目を集める都市・福岡市がまた、大きく生まれ変わろうとしている。 07/15 19:37

確認された銀河団衝突の瞬間 白破線は衝撃波の位置を示す(写真:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)は8日、2つの銀河団が衝突した際に発生すると予想されていた衝撃波の観測に初めて成功したことを発表。 07/10 11:29

アルマ望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡で撮影したB14-65666。塵、炭素、酸素がそれぞれ、赤色、黄色、緑色で表現されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), NASA/ESA Hubble Space Telescope, Hashimoto et al.

国立天文台は18日、運営するアルマ望遠鏡が遠方天体B14-65666から酸素、炭素、塵が放出する電波の検出に成功したと発表した。 06/20 09:12

果たして宇宙に終わりはあるのだろうか。

私たちの宇宙は誕生からすでに138億年が経過したと考えられている。 06/11 09:05

宇宙はビッグバンによって始まったのだろうか?

我々が物事を考える時、どうしても人間的な先入観が入ってしまう。 06/08 12:06

ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble

われわれの住む天の川銀河や、アンドロメダ銀河などと異なり、明確な構造をもたない「不規則銀河」。 05/21 20:05

 1 2 3  次へ進む

広告

広告