1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > cedar3(1)

cedar3のニュース一覧

 ジルコン結晶(左、ロチェスター大学John Tarduno教授提供)と、SQUID磁気顕微鏡(右)の写真(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は21日、42億年以上前に、既に地球に磁場が存在していたことを示唆する証拠を見出したと発表した。 01/23 14:56

リープ格子のイメージ図。中央に示された3つの格子点が空間断熱移送に必要な3つの容器に対応する。(画像: 京都大学の発表資料より)

1月17日に英Nature communications誌で公開された論文によれば、京都大学の研究チームが、質量を持った粒子の空間断熱移送を世界で初めて成功させたことが明らかとなった。 01/22 11:48

1月13日にイギリスのNature Astronomy誌に公表された論文で、欧州宇宙機関ESAの研究者が、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の核の表面に脂肪酸有機化合物を見出したことが明らかにされた。 01/15 13:55

超新星爆発のイメージ。

冬の星座として有名なオリオン座には、超新星爆発がいつ起きてもおかしくないと考えられている赤色巨星ベテルギウスがある。 01/14 16:20

リュウグウにタッチダウンするはやぶさ2のイメージ。(c) 池下章裕

JAXAが小惑星リュウグウに送り込んだはやぶさ2が、今年12月に地球に帰還する予定だ。 01/10 17:09

1月7日未明にイギリスのニュースサイトで衝撃的な報道がなされた。 01/08 13:55

地球からはるか彼方遠方の宇宙に輝くブレーザーの放出エネルギー変動に関する論文が、アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターによってイギリス王立天文学会の月報で公開された。 01/04 19:02

しぶんぎ座流星群と放射点 (c) 国立天文台 天文情報センター

三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群が、1月4日に出現数のピークを迎える。 01/03 15:44

画像はイメージです。

英国の物理学者ブライアン・コックスによれば、タイムトラベルは理論上可能だという。 12/27 17:33

画像はイメージです。

12月22日に英エクスプレスジャーナルが物騒なタイトルの記事を掲載した。 12/25 13:10

ヨーロッパ南天天文台ESOが南米チリに建設した超大型望遠鏡VLTによって、銀河中心部の観測を実施し、この領域の恒星誕生のドラマの詳細を12月16日付のNature Astronomyで明らかにした。 12/20 08:52

アルマ望遠鏡で観測した18個の銀河の炭素ガスのデータを重ね合わせ(赤色で表示)、ハッブル宇宙望遠鏡による銀河の星の分布画像(青色で表示)と合成した画像。炭素ガスが星の分布よりも大きく外側まで広がっていることがわかる。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), NASA/ESA Hubble Space Telescope, Fujimoto et al.

私たちの宇宙はおよそ138億年前に誕生したことはよく知られている。 12/19 15:25

土星の近くを通るパイオニア11号のイメージ図。(c) NASA Ames

パイオニア10号は、1972年に打ち上げられ、木星探査に人類史上初めて成功した。 12/12 09:41

画像はイメージです。

アステロイドベルトとは、火星の軌道と木星の軌道の間の領域にある小惑星が数多く存在している領域を意味する言葉である。 12/10 21:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告