1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > ブラックホール(1)

ブラックホールのニュース一覧

ブラックホールの存在は、アインシュタインが唱えた一般相対性理論から導き出されたもので、それを直接観測可能になったのはつい最近のことである。 11/05 15:33

短時間ガンマ線バーストに伴うX線放射(写真:金沢大学の発表資料より)

金沢大学は10月28日、短時間ガンマ線バーストに伴うX線放射と減光との関係を記述するモデルを発見したと、発表した。 11/02 21:37

マルチメッセンジャー天文学は比較的新しい天体物理学のカテゴリーであるため、一般人にはあまりなじみがないかもしれない。 11/02 15:56

大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台

国立天文台は4日、岐阜県飛騨市に大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)が完成し、米国のLIGO(ライゴ)、欧州のVirgo(バーゴ)の2基の重力波望遠鏡と研究協定を締結したと発表した。 10/06 10:00

発見された宇宙網の画像(青い部分が水素ガス)。(画像:理化学研究所発表資料より)

銀河や巨大ブラックホールは水素のガスから作られる。 10/05 19:58

以前より太陽系の外縁部に未知の9番目の惑星(「プラネットナイン」)が存在しているのではないか、という説はあったが(過去記事)、これはたまたま太陽系に捕まった直径数センチ程度の原始ブラックホールではないかとする論文が出されたらしい。 10/01 19:36

ブラックホール周辺の光の経路を可視化 (c) NASA’s Goddard Space Flight Center/Jeremy Schnittman

4月に電波望遠鏡を複数利用し、世界で初めてブラックホールの撮像が成功したことは記憶に新しいだろう。 10/01 08:28

米・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームは9月11日、天の川銀河の中心にあるブラックホールが2019年5月に、過去24年間の観測中最も明るくなったと発表した。 09/23 17:33

中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)

観測史上最大の中性子星が米ウェストバージニア大学の研究グループによって発見された。 09/18 21:32

アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS

地球から約2億5,000万光年離れた銀河「GSN 069」の中心には、太陽の約40万倍もの質量をもつブラックホールが存在する。 09/16 09:16

EHTが撮影した銀河M87中心の巨大ブラックホール (c) EHT Collaboration

国立天文台は9月6日、同天文台の研究者も所属するEHTチームに、2020年の基礎物理学ブレークスルー賞授与が決定したと発表した。 09/11 09:05

画像はイメージです。

昨年の夏、イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズら4人の科学者たちによって、アッと驚く論文が公表された。 09/06 17:25

銀河系の中央に存在するブラックホールが、突然明るく輝きだすという現象が観測された。 08/23 08:58

天の川銀河の中心に位置する超大質量ブラックホールとその周辺を公転するS0-2の想像図 (c) Nicolle Fuller/National Science Foundation

アインシュタインが提唱した一般相対性理論。 07/30 19:27

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告