1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > ブラックホール(1)

ブラックホールのニュース一覧

ハッブル宇宙望遠鏡により撮影されたイカロスの画像。左は銀河団 MACS J1149+2223におけるイカロスの出現位置を示している。右はイカロス付近のハッブル宇宙望遠鏡画像の拡大図。 2011 年(右上)には観測されていなかったイカロスが 2016 年(右下)の観測で出現していることがわかる。(credit: NASA/ESA/P. Kelly)

東京大学と東北大学は、ミネソタ大学の主導する国際共同研究チームに参加し、ハッブル望遠鏡による観測によって、地球から90億光年離れた渦巻銀河の中にある星「MACS J1149+2223 Lensed Star 1」の観測に成功した。 04/06 06:53

HSCサーベイ(探査観測)により明らかにされた約120億年前の銀河の分布と原始銀河団領域の拡大図。(画像:国立天文台発表資料より)

成長すると銀河団になる幼い銀河団を「原子銀河団」という。 03/12 18:35

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した渦巻銀河M77の中央部と、アルマ望遠鏡が観測したそのさらなる中心部分。 (画像:国立天文台発表資料より)

国立天文台と鹿児島大学によって構成され、今西昌俊氏を代表とする研究チームは、アルマ望遠鏡を用いた観測により、渦巻銀河M77の中心核に、超巨大ブラックホールを取り巻くドーナツ状の回転するガス雲を発見した。 02/18 18:03

すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラHyper Suprime-Cam(ハイパー・シュプリーム・カム、HSC)で撮影されたメシエ77の深撮像画像。(画像:国立天文台発表資料より)

セイファート銀河は、その中心に莫大なエネルギーを放出する「活動銀河核」を持つ。 11/05 21:34

「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」(写真:ローソンの発表資料より)

ローソンは、12月5日より“みんなでつくる「からあげクン宇宙で食べたい味」”のグランプリの「からあげクンブラックホール味(ブラックペッパー)」を発売する。 10/20 11:58

GW170817が起こしたキロノバの想像図。(画像:国立天文台発表資料より)

中性子星同士が衝突し合体して大爆発を起こす現象「キロノバ」が、天文学の歴史上初めて観測された。 10/18 20:17

シミュレーションより得られたブラックホール形成時のダークマター分布(背景)とガス分布(内側下3パネル)。(画像:東京大学発表資料より)

太陽の数十億倍といったスケールを持つ超大質量ブラックホールが、宇宙が生まれてまだわずか数億年の頃に誕生していたのは何故か、という天文学上の大きな謎に、答えが示された。 10/02 07:01

中質量ブラックホールによる重力散乱で雲が加速される様子。(画像:慶應義塾大学発表資料より)

我々の住む太陽系が存在するこの「天の川銀河」において、理論的には存在が予測され、また幾度か検出の報告が上がりつつも確定には至っていなかった「中質量ブラックホール」の実在を裏付けるデータを、慶應義塾大学理工学部の研究グループが確認した。 09/11 06:15

天の川銀河中心部を飛び交う野良ブラックホールの想像図。(画像:慶應義塾大学発表資料より)

慶應義塾大学の研究グループは、天の川銀河(我々の太陽系が属する銀河系の別名)の中心核である「いて座エー・スター」周辺の分子ガスについて電波分光観測を行ったところ、2つのブラックホールの存在可能性を強く示唆する観測データが採取された、との発表を行った。 07/23 08:05

質量の大きい恒星は、最後に「超新星(supernova)」と呼ばれる爆発を起こし、場合によっては中性子星やブラックホールになると考えられていた。 06/01 08:25

世界中の電波望遠鏡を活用してブラックホールを観測するプロジェクト「Event Horizon Telescope(EHT)」による撮影が4月1日から14日にかけて行われた。 04/19 19:21

政宗くんのリベンジ 第3話「吉乃のマジックショー」【感想レビュー】©竹岡葉月・Tiv・一迅社/「政宗くんのリベンジ」製作委員会

 本来なら第4話の記事を書き終えていなければいけないはずだというのに・・・。 02/01 08:35

熱血アニメ列伝その20 一球入魂!『 ミラクルジャイアンツ 童夢くん 』

皆さん、今年も熱いアニメ見てますか?いつもこの『熱血アニメ列伝』を読んでくださって、ありがとうございます。 01/25 08:45

今日の技術では太陽系外惑星の表面を観測することなど夢物語であるが、太陽を「重力レンズ」として用いることで、全長数百天文単位にも上る超巨大な望遠鏡を作り出し観測するという途方もない案が考えられているようである。 05/18 09:29

 1 2  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告