在ロシアEU大使館、サイバー攻撃受け情報漏洩との報道 ロシアが関与か

2019年6月12日 19:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward曰く、

 BuzzFeed Newsが入手した文書によると、ブリュッセルにある欧州連合(EU)の在ロシア大使館がサイバー攻撃を受け、ネットワーク経由で情報が盗まれたという。しかし、EUの対外安全保障政策機関である欧州対外行動局(EEAS)はこの事件について開示していないようだ(BuzzFeed NewsSlashdot)。

 この「サイバースパイ活動」は今年4月に行われた欧州議会選挙の前週に発見された。EUの外交安全保障政策上級代表であるFederica Mogherini氏はBuzzFeed Newsの問い合わせに対し事件の存在を認め、「モスクワ代表団の機密扱いではないネットワークに接続された。すでに対策は講じられており、現在は調査が行われている最中である。現段階ではこれ以上のコメントはできない」と回答している。

 匿名情報筋や流出した文書によれば、攻撃の背後にはロシアがいるという。最初の攻撃は2017年2月から開始され、少なくとも2台のコンピュータに対し情報が盗まれた痕跡があるとのこと。攻撃でどれだけの情報が流出したのかは不明だという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | 情報漏洩

 関連ストーリー:
米サイバー軍、民間企業とマルウェアサンプルを共有へ 2018年11月14日
中国がカンボジアの総選挙に対しネットなどでの工作を行っているとの疑惑 2018年08月22日
ロシアによるサイバー攻撃に米国防総省が注意喚起 2018年04月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安全保障欧州連合ロシアサイバー攻撃