田中貴金属、「令和」と昇龍をあしらった純金の大判・小判を発売

2019年5月24日 11:26

小

中

大

印刷

「純金小判 令和」50g(イメージ)。(画像:田中貴金属ジュエリー発表資料より)

「純金小判 令和」50g(イメージ)。(画像:田中貴金属ジュエリー発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「純金大判 令和」200g。(画像:田中貴金属ジュエリー発表資料より)

 いわゆる一つの縁起物である。田中金属ジュエリーの運営する老舗貴金属店GINZA TANAKAは、令和という新時代の到来を記念し、「令和」の2文字と昇龍をデザインにあしらった「純金小判 令和」50グラム44万5,000円と、「純金大判 令和」200グラム177万円(価格はいずれも税込)を、6月1日に各直営店ならびにオンラインショップで発売する。

【こちらも】田中貴金属、平成と令和の純金・純銀兜を発売

 「純金小判 令和」50グラムは、2019年4月1日から発売されている20グラムのものとデザインは同じである。昇龍は開運、運気上昇、そして繁栄を授ける縁起物とされ、改元に相応しい意匠となっている。

 先に販売されている20グラムの令和小判は発売当初から大反響となり、5月22日時点で、2018年度純金小判20グラムの年間売り上げ数の8倍を、既に売り上げているという。ちなみに20グラム小判は18万円(税込)だが、複数枚を購入する顧客が多く、より大きい商品への希望が多いとのことで、50グラムの小判と、200グラムの大判の発売が決定されたとのことだ。

 「純金大判 令和」200グラムはやはり令和と昇龍の意匠ではあるが小判からデザインは一新、伝統的な茣蓙目(ござめ)模様を施すとともに昇龍を中央にあしらった。また要望の多かった、「元年」の文字が表面に加えられている。

 GINZA TANAKAは1892年創業の老舗であるが、純金の大判・小判は長年に渡り販売を続けている。サイズ展開も豊富で、干支や縁起物など、様々な意匠のものがある。純金製大判・小判は、縁起がよいだけでなく資産価値も高いため、人気が高いという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース