韓国政府、WindowsからLinuxへの移行を検討

2019年5月22日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 韓国で政府機関が使用するPCのOSをWindowsからLinuxへ移行する計画が持ち上がっているそうだ(The Korea HeraldBetaNewsSoftpedia)。

 計画は2020年1月のWindows 7サポート終了を前に、Windowsを維持していくためのコストが懸念される中で持ち上がったという。韓国行政安全部によると、Linux OSを使用するPCでテストを行い、セキュリティや互換性に問題がなければ政府内でより幅広い展開を行うとのこと。Linux OSへの移行と新しいPCの購入にかかる費用はおよそ7,800億ウォン(約720億円)が見込まれており、費用の低減と単一OS依存回避が期待されているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | オープンソース

 関連ストーリー:
Microsoft、技術イベント「Build 2019」でさまざまな発表を行う 2019年05月07日
2018年、デスクトップLinuxプラットフォームが抱える問題とは? 2018年10月11日
スペインのバルセロナ市、Microsoft製品からオープンソース製品への移行を検討中 2018年01月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国セキュリティWindowsWindows 7Linux

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース