テスラ・モデルS火災 原因はバッテリー? そういえば特段プリウス火災は聞かない

2019年4月26日 08:12

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 テスラ・モデルSが燃えた。4月21日、中国・上海市徐匯区(Xuhui)のマンションの地下駐車場に夜間駐車していたテスラ・モデルSが自然発火したのだ。煙が出る様子がカメラに動画で納められていた。床下から煙が出始める様子からバッテリーの可能性が高いが、原因は特定されていないようだ。現在赤字が伝えられているテスラだが、市場価値が不安定になってくるのだろう。

【こちらも】投資対象のテスラは、量産自動車製造企業へ転換するため試練の時迎える

 火災は「バッテリーには付き物」と言えるのかもしれない。パソコン、スマホなどバッテリーを用いた電化製品では火災事故は尽きない。だとすると電気自動車(EV)にも付き物となるのであろうか?テスラ・モデルSは、2012年に発売以来、炎上爆発事故が50件ほど発生し、自然発火事故と報道されている。自動車の火災は日常的に起きているが、原因で最多はタバコの火であるようだ。その他、炎天下ダッシュボードに置かれたライターが過熱され発火することや、スプレー缶が熱せられて発火する事故がある。

 しかし、今回のテスラの火災発生の様子を見ると、床下からであり室内からではない。また夜間、地下駐車場での出来事であり、室内が熱せられている訳ではない。これはバッテリーが原因である可能性が高い。

 考えてみると、トヨタ・プリウスのバッテリーによる火災事故を聞いたことがない。幾度かバッテリー配線などのリコールはあるようだが、テスラ・モデルSに比較して圧倒的多数が販売されているにしては、バッテリー起因の火災事故を聞かない。

 そのため、これがテスラの弱点であり、あらゆる面で危険なところだが、一方でその特性であり先進的なところでもある。しかし自動車メーカーの品質としては、「最悪」の問題だ。また「無資格者の完成検査」などは、根本的にレベルの低い問題なのだ。

 「HVのプリウスと比較するのはナンセンス」とする意見が出そうだが、HV、PHEV、EVはバッテリー容量の違いはあれども、電動部分の仕組みは変わらない。トヨタ・プリウスでもバッテリー周辺に関するリコールがあるところを見ると、やはり難しいのだ。

 自動車メーカーの品質保証体制は、テスラのイーロン・マスク氏がイメージできていない概念のようだ。概念が分かっていれば、イーロン・マスク氏が展開できないはずはないのだ。「天才」とは全ての面で天才ではなく、一部の能力が長けているのだ。逆に誰でもバランスが平準である訳ではなく、それが人間の個性を作るのだ。

 とにかく、「品質保証」体制を立て直すしかないのがテスラの現状だ。「不良を出しながら修正している」とコストが膨大にかかるため、世界の自動車メーカーは、なんとしても修正なしの生産体制を取ろうと努力してきたのだ。

 それが逆に、完成検査を必要としないほどの品質を生み出し、「完成検査体制」を形骸化してしまっている。それは、各メーカーがハイレベルの品質管理が出来ている証拠でもある。つまりテスラの場合、品質保証体制はかなりレベルが低いのが実態なのだ。

 天才イーロン・マスク氏の益々の天才ぶりが、これらの問題を解決することを願おう。品質保証は基礎に社員のモラルの問題があり、他人の気持ちを思いやる概念が見られないイーロン・マスク氏には解決が難しい問題である。企業経営のために必要な能力によってだけで、人間として全人格を認識されていない社員たちに「品質の価値」、すなわちお客様にとっての「商品価値」を認識させるのは難しいのだ。そのため不良を無くすための「カイゼン」活動を、社員自ら行う気持ちになれず、VW、スバル・日産など多くのメーカーが崩れかけようとしてしまったのだ。

 そのため天才が、人間としての基本的概念「他人を思いやる」ことを理解できずに、解決のために、どの様に振舞うのか興味を惹かれるのだ。企業はその業務に必要な能力を要求するものだが、社会のインフラとしての位置づけもあるのだ。そこに企業で社員の成績を評価する時、「売り上げ」などの単純な評価基準で進めていると、長期間では日産・スバルのようになるのだ。「企業経営とは難しい」と感じるのが正しいのだ。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車電気自動車中国スバルプリウステスラモーターズイーロン・マスク

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース