世界のタブレット出荷台数、16四半期連続で減少

2018年11月8日 22:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 今現在、タブレット市場は16四半期連続で縮小している。IDCの最新の予測によると、2018年第三四半期の全世界における総出荷台数は、前年の3690万台に対して8.6%減の3640万台に減った。それでも2018年に入って増加していた減少幅は落ち着いてきたようだ。2017年全体では一桁の減少にとどまっていたが、2018年の第1四半期と第2四半期は2桁台に増えていた。しかし、2018年の第3四半期は1桁台に戻したとしている。

 シェア1位はAppleで、2位はSamsung、3位はAmazon、4位はHuawei、5位はLenovoという順番になった。これら上位5社は市場の68.4%を占めている。その中で4位のHuaweiは、前年よりも多くのタブレットを出荷する唯一の企業となっている。Appleの出荷台数は減少したが、タブレット市場が全体が縮小しているため、全体のシェアでは0.7%ポイントの微増となった。iPad Proが発表されたため第4四半期ではシェア拡大が期待できると見られている。一方でSamsungは15.0%から14.6%と市場シェアの0.7ポイントを失っている(VentureBeatSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル

 関連ストーリー:
Apple、今後は四半期ごとのデバイス販売台数を公表しない方針 2018年11月06日
タブレット「Fire HD 8」新モデルが発表される 2018年09月10日
2018年第2四半期のPC出荷台数は6年ぶりの増加幅に 2018年07月15日
タブレット端末出荷台数の減少が続く 2017年02月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleSamsungiPadAmazonLenovoiPad ProIDCファーウェイ(Huawei)

「経済指標・統計」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース