1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 金融・保険業
  5.  > スルガ銀行(1)

スルガ銀行のニュース一覧

金融庁が「投資用不動産向け融資」等のレポートを公表。マンション系空き室率は落ち着きを見せているものの、アパート系空き室率、募集期間で悪化が続いている。(画像はイメージです)

金融庁は2017年の方針より地方銀行の投資用不動産向け融資の不良債権化について懸念を表明していた。 05/10 09:58

スルガ銀行は12日、シェアハウス等不動産に係る不適正な融資の問題を受けた業務停止命令の停止期間が終了したのに合わせ、業務改善計画の進捗状況等を発表した。 04/13 17:48

スルガ銀行の株主6人が、同行の有国三知男社長に総額約565億円の損害賠償を求めて静岡地裁に提訴したことが、18日に報じられた。 03/21 08:49

メルヘンチックな「かぼちゃの馬車」という名称とは裏腹に、土地や建物の価格に嵩上げ疑惑が巻き起こり、入居者が交流するスペースが存在しないシェアハウスを展開していたスマートデイズ社が発端だった。 03/15 18:45

問題視されてきた銀行(136行)のカードローン残高は2018年末で前年末比0.8%減の5兆6,995億円と10年末以来のマイナスになったことが日銀の発表で明らかになった。 02/12 08:04

小笠原 隆夫

スルガ銀行が自らの不正融資問題によって、金融庁から一部業務の停止命令が出されましたが、同行を調査した第三者委員会から、利益偏重の人事評価制度が原因の一つであったという指摘がされたとの報道を目にしました。 10/09 17:45

金融庁は5日、スルガ銀行に対し、投資用不動産向けの融資を対象とした6カ月間の業務停止命令を含む行政処分を行った。 10/06 21:00

スルガ銀行の株価が21日、ストップ高(100円高)の620円まで急伸した。 09/23 10:25

東京商工リサーチが「スルガ銀行の取引企業」調査結果を発表。個人向貸出が約3兆で貸出残高の9割超えで突出。不動産業構成比は6%、県内4行で最多。発覚後、高収益の源泉だった個人向けは大きく減少。

シェアハウスの運営会社の破綻によって一躍注目を浴びることになったスルガ銀行の不正融資問題は、第三者委員会の調査や金融庁の検査が明らかにされるに従い、パワハラや審査資料改ざん、創業家関係者への不透明な融資など、耳を疑うようなずさんな経営体制が次々と明らかになっている。 09/16 22:21

銀行の支店は地域繁華街の一等地の路面店であることが多い。 09/15 12:10

融資は銀行が率先してお客に誘導するものではない。 09/14 20:02

スルガ銀行の第三者委員会の調査報告書が7日公表された。 09/14 20:00

スルガ銀行を巡る疑惑を解明している第三者委員会は、当初8月末日を期日としていた調査報告の期日を1週間延期すると発表した。 09/04 12:11

スルガ銀行に関する報道が徐々にキナ臭さを増している。 08/16 21:13

 1 2 3  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告