この機会で大きく変わる「人との距離感」

2020年4月20日 19:48

小

中

大

印刷

 新型コロナウイルスの感染防止のため、「ソーシャルディスタンス」の重要性が言われています。
 公衆衛生上の用語で、「感染拡大を防ぐために意図的に人と人との距離を保つこと、人が近づく場を避けること」を言い、感染防止のために、他人との距離は、両手を広げても触れ合わない2メートル以上の間隔をあけようといわれています。

 あくまで人との物理的な距離感ですが、距離を保つのはやはりいろいろ不自由があります。「集まってとどまること」はすべてダメなので、イベントはもちろん、ほとんどのレジャーはNGです。
 誰かに会いに行こうにも、公共交通はダメ、屋内はダメ、長時間もダメとなると、自分の車で動いて屋外でちょっと立ち話程度しかできないので、これではせっかく会う意味がずいぶん薄れてしまいます。ビジネス的な面談などは、さらに難しいでしょう。

 こんな「人との距離感」には、物理的なものだけでなく、心理的なものもあります。孤独感や疎外感といったものは、心理的な距離感の遠さが大きいと思いますが、私は最近、人との物理的な距離感と心理的な距離感は、あまり比例しないという感覚を持つことが度々ありました。

 一番顕著な例は、最近はウェブを介したビデオ通話、ビデオミーティングが増えていますが、これを実際に使いこんでいくと、直接会って話しているのとかなり近い感覚でコミュニケーションができて、思っていた以上に満足感も得られたということです。
 まったく初対面の人とビデオミーティングで話す経験もしましたが、その場で名刺交換ができない程度の不自由で、それ以外は普通の面談、商談と同じような感覚で進めることができました。

 ウェブ飲み会も何度か経験しましたが、こちらも思っていた以上に会話が弾んで盛り上がりました。
 もちろん、話しかけるタイミングとか、人数によっては進め方の問題とか、普通の飲み会とは違う不自由さはありますが、その一方で金銭的なやり取りが不要で、帰る心配がなく、参加や退出の時間はその人の都合でかまわないので、逆に自由度が増す部分があります。
 飲み会の次善の策というよりは、これはこれで新しいコミュニケーションの形態として、平常に戻った後でも続くのではないでしょうか。

 少し前ですが、遠方の知人から丁寧な手書きの手紙をもらいました。心がこもった文章で、いる場所は遠くても心理的な距離感は近づいた気がしました。アナログでもデジタルでも、心理的な距離感は縮めることができます。

 今回の事態で起こっている様々な不自由の中で、「人との距離感」の取り方は、これをきっかけに大きく変わっていくだろうと思います。
 その一方、たぶん変わらないものもあります。人との心理的な距離感に、大きくかかわるのは「他人を気遣う心」です。これがベースであることは変わりません。
 相手がどう思っているのだろうか、何を望んでいるのだろうか、何がしたいのだろうかと、相手の気持ちに興味を持ち、その思いを受け止められる感性があれば、物理的な距離は遠くても、心理的な距離感は縮めることができます。それは、直接の会話、手紙、電話、Eメール、チャットツールその他のツールなど、使う道具が何であっても同じです。

 人とはなかなか直接会えない今だからこそ、人との心理的な距離感を縮める「他人への気遣い」が、今まで以上に問われているのではないかと思います。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る