一気に増えた人事と組織の「宿題」

2020年6月1日 18:10

小

中

大

印刷

 慎重に少しずつですが、社会が自粛から平常に向けて動き始めました。ただし、働き方が以前と全く同じに戻ることは、もうありません。
 毎日の満員電車での通勤、残業必須の長時間労働といった働き方は、間違いなく減っていきます。それに対応できない会社は、人材が集まらず、生産性は上がらず、どんどん競争力を失っていきます。
 多くの人が在宅勤務を経験して、その良さも難しさも理解しました。これからは、かつての働き方と新しい働き方を融合した、ハイブリットな働き方が模索されていくのでしょう。

 こういう流れから、企業人事と組織に関する「宿題」と言ってもよい課題が、ここへ来て一気に増えていると感じています。しかも内容はかなり多岐にわたります。
 あえて「宿題」と言っているのは、これまでの人事関連の取り組みのように、時間をかけてじっくり検討して、運用しながら様子を見るというスピード感では通用しないからです。新型コロナの第二波の懸念もあり、これから3、4か月程度の短期間で、ある程度の形を作り上げなければなりません。

 多岐にわたる「宿題」というのは、まずは在宅勤務に関するものが挙がりますが、それだけに限っても、どの仕事をどんな頻度でやるか、システム化をはじめとした作業環境構築の問題、自宅の仕事環境作りの支援の問題、マネジメントのしかたや業務管理の問題、評価の問題などがあります。
 在宅勤務を続けたい社員と、生産性や効率の下がった部分があると考える会社との間で、軋轢が生まれているという事例も耳にします。

 出社して勤務するにしても、通勤や就業時間帯の配慮、感染防止対策などの問題がありますし、会議や商談でも対面とリモートの使い分けの問題、出張その他業務上の移動に関する基準の問題、その他大きなことから小さなことまで、決めておいた方がよいことが多数あります。
 ある会社では、在宅時間が増えたことで副業を考える社員が増え、その制度整備が必要になっていると聞きました。
 休業やリストラのような雇用にかかわる問題、新卒をはじめとした採用にかかわる問題も、ここ数か月で急浮上しています。

 人事、組織に関する課題が、直近の「宿題」として、本当にたくさんあがってきています。
 私のもとにもいくつかの相談がありましたが、そのほとんどは何を優先すればよいか、何から手をつけるべきかという構想がない状態でした。課題が一気に増えたため、はじめの論点整理がとても難しくなっています。

 もしかすると、ここに挙げたことへの問題意識自体がない会社も、実は多いのかもしれません。変化の速さに頭の切り替えができず、「自分たちにはあまり関係がない」「これまで通りで大丈夫」と思ってしまっている場合もあるでしょう。

 一般的に人事関連の施策は、中長期の見通しを持ちながら進めることが必要で、焦って進めて失敗することも多いですが、今回に関しては、その考え方は捨てた方が良いと思います。
 そして、ほぼすべての会社に課題が確実にあり、しかもそれなりのスピード感を持って進めなければなりません。

 私は専門家の立場で、相応の危機感をもって準備していますが、それぞれの会社では、まず課題意識を持つことから始めてほしいと思っています。
 人事と組織の「宿題」は、ここへ来て一気に増えています。いま「宿題」がない会社はありません。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連キーワード働き方在宅勤務副業残業