「仕事振りが見えないと評価できない」は本当にそうか?

2020年6月15日 15:53

小

中

大

印刷

 新型コロナをきっかけにしてリモートワークの機会が増え、様々な変化が起こっています。
 よく聞くのは「評価するのが難しくなった」という話です。今まではお互いが直接顔を合わせて仕事をしていたので、仕事振りやプロセスが常に見えていたものが、リモートになってそれが見えなくなったからだといいます。

 「より成果主義、個人主義を強めなければならない」
 「会社基準の“メンバーシップ型雇用”から、仕事基準の“ジョブ型雇用”に変わらなければならない」
 「今までの評価制度は見直しが必要だ」
 といった声がありますが、これらはどれもその通りだと思います。
 大きな方向性として、企業と働き手の関係性は、これまでのような画一的、ヒエラルキー、強制と依存のようなものから、個別、対等、専門的といったものに、間違いなく大きく変わっていきます。

 ただ、この「仕事振りが見えないと評価できない」というのは、本当に制度や仕組みの問題なのかといえば、その点には疑問があります。

 例えば、評価制度で「取り組み姿勢」「やる気」「責任感」など、仕事振りの観察が必要な情意評価といわれる項目は、主観に左右されやすいことから、最近はほとんど見かけません。あったとしても、評価の中での重みはごく一部にとどまります。

 また、「仕事のプロセスが見えない」といっても、それは仕事の進捗をその時点までの結果で見ているはずで、別に逐一観察していないはずです。
 確かにリモートでは、仕事中にサボっていてもわかりませんし注意もできませんが、それでは結果も出ないので、良い評価ができる訳はありませんし、たぶんサボっていたであろうこともわかります。

 さらに、職種によってはほぼ外回り、客先常駐など、ずっと目の前にいて仕事をしない人がいますが、そういう人でも今まで評価してきたはずです。こちらも、ほとんどの仕事は、その進み具合やでき具合を「結果」として見てきたはずで、それは別に仕事振りがわからなくても、十分見ることができます。

 例えば他部門と一緒に仕事をしたり、協力会社に依頼したりというときは、必ず要件や期限、品質基準などを明確にした上で行ない、途中経過や結果は確認しても、仕事振りは関係ありません。
 なのに、自分の部下を評価するとなると、急に「仕事振り」となるのは、業務指示を適当にしているために、常にプロセスを見張らないといけないなど、マネジメントの問題が大きいです。
 「何か困っていないか」「悩んで手が止まっていないか」「サボっていないか」などというのは、確かに仕事振りを見ていないとわかりづらいですが、リモートでも確認するすべはありますし、そもそも評価とはあまり関係がないことです。

 企業人事を取り巻く環境は、これから大きく変わり、それに合わせて考えなければならないテーマは非常にたくさんありますが、リモートワークで「仕事振りが見えないと評価できない」という話は、どちらかといえばマネージャーの不安や疑心暗鬼の問題です。
 「結果を見て評価する」ということは、今までもやってきたはずなのに、急激な変化に対応しきれていないだけのように思えます。

 そもそも、目の前で見ているから、みんな集中して仕事をしているかというと、決してそんなことはありません。もしかすると、「仕事をしているふり」のうまい人に騙されているかもしれません。
 反対に、リモートで見られていないからと、おおっぴらにサボる人はいるでしょうが、それは必ず仕事の結果に表れます。仮にサボっていても結果が出ているのであれば特に問題はありませんし、今回リモートになって、「仕事をしているふり」があぶり出されたという面もあります。

 「仕事振りが見えないと評価できない」という話は、マネージャーの頭の切り替えの問題の方が大きいように思います。ただし、環境がいろいろ変わってきていることは間違いありません。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース