【ディーラーの整備は機能しているのか?(2)】ユーザーの無知・無関心が背景

2018年6月18日 17:31

小

中

大

印刷

■ユーザー(ドライバー)の無知・無関心が背景

 要するに、今回のホンダ・リコールの内容は、製造からしばらくするとパッキンの劣化が進んで、ブレーキオイルが漏れだしてしまうのだ。その原因がホース製造時の補助剤なので、ブレーキオイルに染み出すまで時間がかかり、不良品と気が付くのが遅れたのだ。定期整備では必ずブレーキオイルは点検するが、本当はドライバーが日常点検すべきところだ。しかし、日ごろからボンネットを開け、エンジンオイル、ラジエター冷却水、ブレーキオイル量や劣化の程度などを点検しているマイカードライバーが多いとは、とても思えない。整備は、ほとんどディーラーの定期整備に任せっきりになっているのだろう。

【前回は】【ディーラーの整備は機能しているのか?(1)】 ホンダ・リコールの裏にある危険な問題点

 そういう私も、数年間ボンネットを開けなかったことがある。エンジンオイルゲージを抜いたのは、何年前であったかと考えてしまう。そういえば、半世紀前は、運転開始するときには必ずと言ってよいほど点検をしていた。また駐車場の床には、漏れたオイルがシミとなっていることが多かったが、現在ではオイル漏れの車に出会わない。ラジエターも密封型であり、冷却水もオールシーズン型、もちろんポイント、ディストリビューターなどもIC化しており、日常メンテナンスは不要だ。点火プラグは数十年間抜いたことがない。燃料噴射量・タイミングの調整についても同様だ。

 第一、オイルゲージを抜いて、エンジンオイルの量と焼け具合、粘性などから、メンテナンスの必要性を判断できるドライバーが、どれほどいるのであろうか?少しオイルが焼けて茶色くなっていると、粘性は十分でも「オイル交換」を勧められるのが現状だ。それも不要な添加剤付きで。ワイパーウォッシャー液の補充までディーラー任せの人もいる。これで、ブレーキ系統に「エアー」が入ったことを認識できるのか不安になる。ブレーキ倍力装置が付いていることも知らない人が、ほとんどとなっているのだろう。

 エアーの入ってしまったブレーキを踏んだことなど私もないので、軽いブレーキで制動距離が伸びていることに運転していて気付くのは、いつになるのか自信がない。もちろん始業前点検で気付ける範囲なので、事故になれば運転者の責任だ。

 次は、「不良で事故になっても気づかないでドライバーの責任となっている」可能性について考えてみよう。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

続きは:【ディーラーの整備は機能しているのか?(3)】不良で事故になっても気づかない

関連キーワードリコール(回収・無償修理)

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース