日産や九電など5社、EVによる電力需給調整で実証実験を開始

2018年6月3日 17:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

EVから電力系統へ電気を供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験のイメージ

EVから電力系統へ電気を供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験のイメージ[写真拡大]

写真の拡大

九州電力株式会社、一般財団法人電力中央研究所、日産自動車、三菱自動車工業、三菱電機の5社は、電気自動車(EV)を電力需給の調整に活用するため、EVから電力系統へ電気を供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験を開始すると発表した。

【こちらも】日産、「リーフ」の中古バッテリーを外灯に使用するプロジェクトを開始

 実証実験は、通常のEVへの充電だけでなく、EVのバッテリーに蓄電された電力を電力系統に放電することにより、電力の需給調整への活用の可能性を検証するために実施する。

 V2Gは、昼間の太陽光発電で電力をEVに蓄え、夜間にその電力を一般的な生活の中で活用するというような、急速に導入が拡大している太陽光発電などの再生可能エネルギーに対する新たな調整力としての活用が期待されている。冒頭で記した5社が協働で低炭素社会の実現に繋がる取り組みとして、本実証試験を実施する。

 実証試験の概要は、V2G機能を有する充放電ステーションの構築及び機能検証ならびに、V2Gシステム(充放電制御量の指令や実績受信等)の構築、機能検証、EVの充放電制御量に関するポテンシャル評価、検証などを予定し、再生可能エネルギーに対する新たな調整力として期待が集まっている。

 実証実験は、6月から開始。また、この実証試験の一部については、経済産業省資源エネルギー庁の「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」の補助金を受けている。

■関連記事
ポルシェ、EVのスーパースポーツ「ミッションE」を2020年、日本発売
国際的な「ZEV規制」、対応が遅れると日本車は市場からスピンアウトする?
自立する自動二輪車概念検証実験試作車、ヤマハ「MOTOROiD」初公開
自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 開催間近! 今年注目の展示は?
トヨタ、自動運転開発フル加速 データ分析分野でALBERT社と提携・出資

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱自動車電気自動車日産自動車九州電力経済産業省太陽光発電三菱電機

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース