Office 365とWindows 10を統合、企業向け「Microsoft 365」発表

2017年7月14日 20:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは10日、企業向けにOffice 365とWindows 10、Enterprise Mobility + Securityを組み合わせた「Microsoft 365」をMicrosoft Inspire 2017イベントで発表した(Office BlogsOfficial Microsoft Blog)。

 大企業向けのMicrosoft 365 EnterpriseはOffice 365 EnterpriseとWindows 10 Enterprise、Enterprise Mobility + Securityを統合したもの。8月1日からMicrosoft 365 E3およびMicrosoft 365 E5の2つのプランで提供が開始される。

 中小企業向けのMicrosoft 365 BusinessはOffice 365 Business PremiumにWindows 10のセキュリティ/管理機能、Enterprise Mobility + Securityを組み合わせたもので、最大ユーザー数は300名。8月2日からパブリックプレビューとして提供が開始され、年末までに全世界で一般提供される。価格は1ユーザー1か月あたり20ドルとなっている。

 Microsoft 365 BusinessはWindows 7/8.1/10と組み合わせて使用する製品で、Windows 10のライセンスは含まれない。ただし、プレビュー版にはWindows 7/8/8.1からWindows 10 Proへのアップグレード権が付属するとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | セキュリティ | マイクロソフト | ソフトウェア | Windows | IT

 関連ストーリー:
現行の永続ライセンス版Officeでは2020年10月以降OneDrive for Businessなどが利用不能に 2017年04月28日
今後Windows 10は半年ごとに機能アップデートが提供される 2017年04月25日
Microsoft、CSPを利用する企業ユーザーにWindows 10への無償アップグレードを提供 2017年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsWindows 10Windows 7OfficeOffice 365中小企業Microsoft 365

関連記事

広告