マツダ、CX-3に2リッターガソリンエンジン搭載車を追加、正式発表

2017年6月29日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今回CX-3に追加となった「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の「20S“PROACTIVE”」(2WD)、価格は228.42万円。新ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」は新型「CX-5」で初導入し好評な塗色だ

今回CX-3に追加となった「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の「20S“PROACTIVE”」(2WD)、価格は228.42万円。新ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」は新型「CX-5」で初導入し好評な塗色だ[写真拡大]

写真の拡大

 先般、WLTCモード燃費を表記する第1号となるクルマが登場するとしたレポートで、従来クリーンディーゼル車だけをラインアップしていたマツダのコンパクトSUV「CX-3」に、新たに2リッターガソリンエンジン搭載車が今夏発売となると報告していたが、正式にマツダが、その発売を発表した。

 WLTCモード燃費は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モードの国際規格だ。ユーザーが実際に運転するパターンに近いとされ、全般に現在のJC08モード燃費よりも低下するとされている。

 今回、CX-3に2リッターガソリンモデルを追加したモデルは、レスポンスが良く気持ちのよい走りを実現しながら、環境性能で平成30年排ガス基準の75%低減を達成している。

 また、今回の改良で、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を全車に標準装備し、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当することとなった。これは、マツダの安全思想である「MAZDA PROACTIVESAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」にもとづいた安心・安全なクルマを提供することの一環だとした。

 マツダは2017年度中に、国内で販売する以下の主要5車種「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車標準装備することを公表していた。

 今回のCX-3への搭載は、4月に発表した「デミオ」に続いて「i-ACTIVSENSE」全車標準車種の第2弾となる。

 今回発売となったCX-3「SKYACTIV-G 2.0」車の価格は、先行していたクリーンディーゼル車に較べて、25万円ほどリーズナブルな210.6万円?279.64万円となった。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
カタログ燃費と実用燃費の乖離はなくなるか、「マツダCX3」WLTCモード認可
セダン不調は世界的な流れ バリエーションの統廃合も?
28回目を迎えた「TOYOTA ClassicCAR Festival」、参加車両は1987年以前のクルマ
マツダ、3列シート採用の新型SUV「CX-8」を今秋国内発売
マツダは、既報で全車に運転支援システムを標準装備すると宣言。第一弾、デミオに装備

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダアテンザSKYACTIVクリーンディーゼルSUVディーゼル経済産業省国土交通省CX-5CX-3i-ACTIVSENSEデミオ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース