デミオのニュース一覧

2020-21 カーデザインオブザイヤー受賞車のマツダ・CX-30(画像:マツダ発表資料より)

マツダは6日、クロスオーバーSUVである「CX-30」が日本自動車殿堂主催の「2020-21 カーデザインオブザイヤー」に選ばれたことを発表した。 11/07 17:22

10月23日、東京モーターショーで早朝のプレスカンファレンスでワールドプレミアとなった新型「ホンダ・フィット」、ライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる5タイプを揃える。写真はクロスオーバーの「CROSSTAR」

2019年10月25日に開幕した「第46回東京モーターショー2019」で市販モデルとして来年2月に発売予定の新型ホンダ・フィットがワールドプレミアされた。 10/27 15:16

2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)

10月16日、トヨタ自動車からヴィッツの後継車種として「ヤリス」が発表された。 10/21 17:09

Mazda2(マツダ2)(画像: マツダの発表資料より)

マツダは18日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施すると同時に、車名を「マツダ2」に変更し、予約受注を開始した。 07/18 21:04

「アテンザ」から改められた「MAZDA3」

マツダは「デミオ」「アテンザ」「アクセラ」の日本名を廃止し、海外向けの車名と統することでマツダブランドをより鮮明にアピールしていく。 07/08 12:06

もっとも燃費がよかったクルマは、登録車でトヨタ・プリウス

国土交通省は、2018年末時点で販売されていた乗用車で、燃費の良い乗用車ベスト10を公開した。 04/08 08:46

マツダ、グローバル販売数は過去最高も上期は減益 販売費用の増加などが要因

藤本哲也氏:みなさんこんにちは、マツダの藤本でございます。 11/15 22:17

ホンダN-BOX(画像: 本田技研工業)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。 09/06 20:41

マツダ・デミオ(画像: マツダ)

マツダは小型乗用車「デミオ」の、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.3」を「SKYACTIV-G 1.5」に代えるなどの一部改良を行い、合わせて、特別仕様車「ミスト・マルーン」も設定し、全国のマツダの販売店を通じて30日より発売した。 08/31 17:11

「スイフトHYBRID RS」セーフティパッケージ装着車(画像: スズキ)

スズキ・スイフトが、平成29年度JNCAP自動車アセスメントの(1)衝突安全性能評価で、最高ランクの「ファイブスター賞」を、1t前後の小型車でありながら獲得している。 06/20 17:01

マツダCX-9 (c) 123rf

マツダが、基本プラットフォームを「ラージ」と「スモール」に分けるという。 06/05 20:16

マツダは、自動車の大型外装部品に使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダ CX-5」のフロントグリルに採用した

マツダは、自動車の大型外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダCX-5」のフロントグリルに採用する、とを発表した。 12/05 07:32

マツダ・デミオの特別仕様車「XD Noble Crimson」(2WD)、クリーンディーゼル搭載車で価格は205.74万円

マツダは、同社のコンパクトハッチバック車「マツダ・デミオ」への先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用拡充を図るマイナーチェンジを実施した。 11/11 15:46

全グレードにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した「CX-5」、同時にアテンザも同様の改良を受けた

マツダは、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」をマイナーチェンジし、全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備したと発表した。 08/04 08:22

 1 2  次へ進む

広告

広告