第3次安倍第2次改造内閣、防衛相に稲田朋美氏

2016年8月4日 17:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は3日、内閣改造を実施。留任が決まった菅義偉官房長官が「第3次安倍第2次改造内閣」の閣僚を発表した。菅官房長官は沖縄基地負担軽減も担当する。

 改造内閣では稲田朋美前自民党政調会長を「防衛大臣」に起用したほか、丸川珠代前環境大臣を「五輪担当大臣」に、また安倍総理が『最大のチャレンジ』と位置付ける『働き方改革』の担当大臣を創設し、加藤勝信一億総活躍担当大臣に兼務させる人事となった。

 このほか、麻生太郎副総理・財務大臣、高市早苗総務大臣、岸田文雄外務大臣、塩崎恭久厚生労働大臣、石原伸晃経済再生担当大臣は留任。公明党から石井啓一国土交通大臣も留任となった。

 一方、業界団体から現金を受け取っていた森山裕・前農林水産大臣に代わり、TPP問題など重要な役割を担う農林水産大臣には9期目のベテラン・山本有二衆院議員を起用。先の参院選挙で落選した岩城光英・前法務大臣に代わり法務大臣に金田勝年衆院議員。同様に落選した島尻あいこ・前沖縄・北方担当大臣に代わり沖縄・北方担当大臣に鶴保庸介参院議員を起用。

 また、香典支出問題が追及された高木毅・前復興大臣に代わり復興大臣に今村雅弘衆院議員。環境大臣には山本公一衆院議員。地方創生担当大臣には山本幸三衆院議員。経済産業大臣には世耕弘成参院議員。文部科学大臣には松野博一衆院議員を起用した。国家公安委員長には松本純衆院議員が起用された。

■関連記事
「総理のお友達だけの自己満足集団」内閣に酷評
中国について防衛白書は「強い懸念」と表記
北朝鮮 3日、弾道ミサイルを日本海に向け発射
経済のみならず各般の政策を強力に実行へ 総理
小池氏、2位増田氏に111万票差つけ都知事に

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三麻生太郎岸田文雄稲田朋美自民党公明党菅義偉官房長官沖縄県TPP(環太平洋経済連携協定)世耕弘成高市早苗選挙地方創生働き方改革加藤勝信塩崎恭久松本純

関連記事

広告