1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 地方創生(1)

地方創生のニュース一覧

観光案内予算は500万円未満が7割。予算「十分ではない」は40%。予算があれば新戦略に取り組みたい5割。

今年のラグビーワールドカップや来年の東京オリンピックなど大きなイベントもありインバウンド戦略、訪日観光客の引き込み戦略は順調に成果を上げているようだ。 10/24 09:45

KDDI、ミャンマー事業の会計期間の変更や3G設備の償却加速等の一時的要因で1Qは増収減益に 

村本伸一氏:まず、この2020年3月期第1四半期の業績ハイライトについてご説明いたします。 10/03 10:01

J-REIT(上場型不動産投信)市場が活況を呈している。 09/24 08:55

NTTドコモは9月6日、5G時代に向けた新たな映像視聴体験の提供を目指して、100%子会社のドコモ・ベンチャーズが出資するパロニムと、業務提携契約を締結したと発表した。 09/16 12:02

観光庁が2020年度中に主要インバウンド関連交通インフラが完成見込みと発表。主要7国際空港へのアクセス、新幹線、主要都市部路線、主要観光地への路線等。Wi-Fiや洋式トイレ等利便性整備も。

訪日外人観光客の数は2018年12月に3000万人を突破し、政府の目標である20年中に4000万人の実現は確実という状況だ。 08/05 07:57

福岡市の中心地での「旧大名小学校跡地活用事業」で、九州初の「ザ・リッツ・カールトン ホテル」が誕生する

今、日本で最も注目を集める都市・福岡市がまた、大きく生まれ変わろうとしている。 07/15 19:37

エミーウォッシュ(画像: こゆ地域づくり推進機構の発表資料より)

稼いだお金を地域の教育に再投資する活動を行う、こゆ地域づくり推進機構(宮崎県新富町、以下こゆ財団)は、ベンチャー企業のマイネム(東京都港区)と手を組み、笑顔で感染症を予防するプロジェクトを30日からスタートする。 06/28 17:19

矢野経済研究所が全国自治体のインバウンド誘致に関して調査。自治体の課題は、「人員」69.0%、「専門知識・スキル」64.3%、「予算61.9%、「地域内の連携」59.5%。ヒト・カネ・情報足りず。

政府は人口減少による内需の底支え政策の一環としてインバウンド(訪日客引き込み)政策を推し進めている。 06/19 09:32

近年の日本では、様々な業界で人手不足が叫ばれている。 06/17 07:36

NTTデータ等がソーシャルビッグデータを活用したインバウンド関連の調査を実施。SNS投稿から東京ディズニーランド訪問者はUSJも訪れ関西圏のスポットと高相関で関西圏に観光客が流れていると分析。

政府の主導するインバウンド(訪日客引き込み)戦略は計画を上回るペースで順調に進んでおり、2018年には既に3000万人を突破し今後も更に伸びる勢いだ。 06/09 20:43

地方経済の活性化は、令和になっても変わらず、日本経済の重要なテーマだろう。 05/05 10:35

マリオット・インターナショナルと積水ハウスが2022年春、名古屋市内に開業する「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」

日本政府は、2020年までに年間4000万人のインバウンド旅行客の迎え入れを達成するという目標を掲げているが、それも実現へ向けて着実に近付きつつあるようだ。 04/28 22:38

提携のイメージ。(画像: パソナグループの発表資料より)

「旅するようにはたらく」 をコンセプトに、複業で地方の企業を手伝うという新しい働き方・生き方を提案のマッチングサービス「JOB HUB TRAVEL」を運営するパソナJOB HUB(東京都千代田区)は22日、Airbnb Japanと業務提携したことを発表した。 04/22 16:23

ピスセミコンダクタが開発した「土壌センサユニット」。 直接土の中に埋め込むことで土壌環境指標をリアルタイムで測定し、作業の効率化や生産性に貢献する

「地方創生」という言葉が使われるようになって久しい。 04/07 18:13

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告