2019年9月17日 08:47

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内閣府が政策課題分析シリーズ「企業の外国人雇用に関する分析」を公表。外国人就労者比率は2008年に0.8%、18年に2.2%。賃金差別無し。日本語能力が重要。言語スキルが高い企業で定着率良好。

内閣府が政策課題分析シリーズ「企業の外国人雇用に関する分析」を公表。外国人就労者比率は2008年に0.8%、18年に2.2%。賃金差別無し。日本語能力が重要。言語スキルが高い企業で定着率良好。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

雇用・就職・労働の最新ニュース

RSS

もっと見る

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告