ホーム > ニュース一覧 > 分析・コラム(6)

分析・コラムのニュース(ページ 6)

相場展望9月7日号 米国株: 原油高と金利上昇が重荷で、株式は割高感が増し続落 日本株: 円安効果で輸出関連株主導の株価上昇⇒過熱感 外国人は先物市場で大量の売り⇒調整局面入り接近?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/4、祝日「レーバーデー」で休場 2)9/5、NYダウ▲195ドル安、34,641ドル(日経新聞) ・主要産油国の減産継続方針を受けて原油相場が上昇し、米国の物価上昇率が再び高まるとの警戒が広がった。
09/07 10:10

最後の相場師:是川銀蔵氏もいまなら、「防衛関連株は買い」と言うだろうか

2日の西日本新聞meの、『殺傷武器の輸出 密室で方針転換を急ぐな』と題する社説を読んだ。
09/07 08:37

【この一冊】『東武鉄道のすべて・改訂版』で東武鉄道を徹底解説!新型特急や歴史、観光など6項目から紹介

■新型特急「スペーシアX」や「SL大樹」など注目の話題を網羅! インプレスホールディングス<9479>(東証スタンダード)で鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する天夢人は5日、大手私鉄など、鉄道に関するワンテーマを1冊まるまる取り上げる「鉄道まるわかり」シリーズ。
09/06 16:55

【株式市場特集】割安感と高配当利回りで注目の食品卸株、業績上方修正や増配でジャイキリの可能性

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■高利益進捗率を示した割安な食品卸株を狙うのも一法 福島原発の処理水の海洋放出で中国が日本産水産物で全面輸入禁止により水産卸市場の水産物価格急落が伝えられ、岸田内閣が水産事業者への支援策や国内新販路開拓を訴え、また9月からは食品メーカーの値上げも相次ぐ厳しい経営環境にある。
09/05 07:45

【どう見るこの相場】9月相場が二極化と多極化の混在ならば食品卸の割安株の「ジャイキリ」の可能性にトライ

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■天皇杯で熊本が神戸を撃破!J2最下位からの奇跡のジャイキリ(番狂わせ) 今週の当特集は、門外漢を承知で敢えてサッカーの天皇杯から話を始めることにしたい。
09/05 07:44

バフェット氏による住宅株への投資、その狙いは?

ロイター通信によると、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイ社は、8月中旬に提出したポートフォリオで、米国の住宅建築会社3社へ投資していることが分かったという。
09/04 17:17

相場展望9月4日号 米国株: インフレ鈍化と米経済の好調で、米株式市場は堅調 ただ、インフレ再燃の兆しあり 中国株: 中国経済のバブル崩壊を防ぐ政策は「資金供給」

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/31、NYダウ▲168ドル安、34,721ドル(日経新聞) ・好決算を発表した銘柄の株高や、米連邦準備理事会(FRB)の金融引締めが長期化するとの警戒が後退したことから買いが先行した。
09/04 11:50

相場展望8月31日号 日本株: 8月相場は、やや弱含みながらも横ばいと堅調な展開 9月相場は、経験則では「売られやすい」月間 ただし、選挙あれば上昇 チャイナ・ショックに留意

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/28、NYダウ+213ドル高、34,559ドル(日経新聞) ・8/25に講演したパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が金融引締めを継続する姿勢を示しつつも、政策判断に踏み込んだ発言はせず、追加利上げへの過度な警戒が和らいだ。
08/31 15:29

【小倉正男の経済コラム】中国経済のデフレ化 人類史上空前のバブル破裂の予兆

■中国=設備投資が止まっている 射出成形機、プラスチックを金型に流し込んで成型加工する工作機械である。
08/29 18:54

荒れる9月相場に警戒!?

米国では9月の株式市場は荒れると言われている。
08/29 16:28

【株式市場特集】東証マザーズ・グロース市場銘柄で勝負するならこの株!低金利時代の投資セオリーを覆す

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■業績上方修正で割安放置された銘柄を探せ 今週の当コラムは、主力ハイテク株と同様に金利が低下すれば相対的な割高感が薄れる投資セオリーで動く銘柄群に注目することにした。
08/29 11:49

【どう見るこの相場】二律背反のイベントを乗り切る!東証グロース市場の割安・高配当銘柄が狙い目

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■東証グロース市場の多士済々のバリュー株で連戦連勝を期待 前週の2大イベントは、諺でいえば「楽あれば苦あり」、「先憂後楽」の二律背反の結果になったようである。
08/29 11:48

相場展望8月28日号 米国株: パウエルFRB議長は、利上げに関しフリーハンドを得る  中国株: 日本産水産物の輸入禁止は拡大し、長期化の覚悟が必須  日本株: 8/25の大幅下落は、意味するところなし「単なる夏枯れ」

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/24、NYダウ▲373ドル安、34,099ドル(日経新聞) ・米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が8/25午前に国際経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で講演する。
08/28 12:21

ジャクソンホール会議開幕、その重要度は?

毎年市場の注目度の高く、主要中央銀行のトップらが参加するシンポジウムであるジャクソンホール会議が24日~26日に行われる。
08/25 08:56

相場展望8月24日号 中国株: 中国は「輝きを失い」、「終わりの始まり」に入った可能性

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/21、NYダウ▲36ドル安、34,463ドル(日経新聞) ・米連邦準備理事会(FRB)の金融引締めが長期化するとの懸念が根強い。
08/24 12:58

バーリ氏のオプション取引は下落相場の予兆か!?

著名投資家バーリ氏が率いる資産運用会社が、S&P500やダウ100が下落することに賭けているオプション取引を行っていると、ロイター通信などが報じている。
08/23 08:32

【株式市場特集】9月中間期末の高配当利回り株と分割株を狙え!トリプル権利取りでトリプル安を乗り切る

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■9月中間期末の注目銘柄と戦略 今週の当特集は、9月中間期末を前にインカムゲイン狙いの高配当利回り株の配当権利取りをリスクを軽減しつつリターンも実現できる有力選択肢として取り上げることにした。
08/22 10:46

【どう見るこの相場】米国の金融引き締め策とチャイナ・リスクで四面楚歌、半導体製造装置株と増配銘柄が光る

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■トリプル安への反旗は中間期末に向けトリプル権利取りの回り道投資も一考余地 まるで『風とともに去りぬ』のタイトルのようである。
08/22 10:46

相場展望8月21日号 米国株: 中国の景気減速が与える、米経済への影響に注目 米国経済は底堅く、金利は上昇を見込む⇒ハイテク株に注意  日本株: 8月は「夏枯れ」で弱い症状が続く見通し

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/17、NYダウ▲290ドル安、34,474ドル(日経新聞) ・朝方に決算を発表した大手小売りが下げ、消費関連株の売りに波及した。
08/21 11:28

気になる中国恒大ショックの規模

中国不動産開発大手・中国恒大集団が17日、ニューヨークの連邦裁判所に米連邦破産法15条の適用を申請したと、ロイター通信などが報じている。
08/19 06:48

相場展望8月17日号 日本株: ゴールドマンサックスの8/10買い仕掛けは、早くも手仕舞い 8月相場は期待外れになる公算大 現金ポジションを高めて、10月相場に備えよう

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/14、NYダウ+26ドル高、35,307ドル(日経新聞) ・業績拡大への期待から半導体やハイテク関連銘柄に買いが入り、相場を支えた。
08/17 10:34

米国債格下げの余波は?

格付け会社のフィッチ・レーティングスは8月1日、米国の外貨建て長期債の格付けを「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げたと、ロイター通信などが報じている。
08/16 16:15

【株式市場特集】塗料・舶用機器・砂糖株の3セクターが狙い目!業績相場でも夏枯れ相場でも出遅れ訂正のチャンス

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■業績相場の第2ラウンドに備える 今週の当コラムは、8月後半相場が、業績相場の第2ラウンドになった場合でも決算発表ロスの夏枯れ相場になった場合でも等しく出遅れ訂正の株高カタリスト(株価材料)が期待できるこの3セクター株をディフェンシブ系バリュー株として取り上げることにした。
08/15 07:54

【どう見るこの相場】決算プレイの第2ラウンドは行けるか?3連休明けの株式市場の見通し

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■サマーラリー期待高まる!決算プレイで大化けする証券株と二番手・三番手セクター 3連休前の10日に決算発表がピークアウトした。
08/15 07:54

【決算発表ピークアウト後の相場展望】夏枯れ相場を回避するための戦略

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■夏休み返上のサマーラリーは期待できるか? 決算発表がピークアウトした3連休前の10日、株価は高値で引けた。
08/14 10:02

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

人気のビジネス書籍