ホーム > ニュース一覧 > 食品製造業(4)

食品製造業のニュース(ページ 4)

eスポーツ向けドリンク「e3」、全国販売へ

今まではAmazon.co.jpのみで販売されていた大塚食品のeスポーツ向け炭酸飲料「e3 240ml 缶」が全国の自動販売機や量販店、コンビニエンスストアなどの小売店で販売開始されるとのこと。
03/02 20:56

ダイドードリンコ、紙おむつが買える飲料自販機を全国展開へ

セコムおよびセコム傘下のセコム医療システム、ダイドードリンコ、大王製紙が共同で乳幼児用紙おむつを販売する自動販売機の設置を開始した。
02/19 17:23

明治、アイスクリームに賞味期限を表示へ

明治が、2020年6月以降アイスクリームに賞味期限表示を行うという。
01/25 21:40

ノザキ、台形の「枕缶」を使ったコンビーフの販売を終了へ

コンビーフなどの食肉加工品などを手がけるノザキが、コンビーフの容器として台形の缶を使用した消費の販売を終了することを明らかにした(Twitterでの告知)。
01/17 18:43

日本ハム、植物肉を3月から発売予定 家庭用と業務用に

日本ハムが植物性の原料から作った代替肉製品「NatuMeat」を3月より発売する。
01/17 08:34

ふるさと納税返礼品の「おせち」発送中止、製造元の小野瀬水産が破産開始

茨城県筑西市のふるさと納税の返礼品であるおせちが、配送遅延や取りやめとなっていた問題をめぐり、製造元である同市の小野瀬水産などが東京地裁から7日に破産手続きの開始決定を受けていたことが、8日判明した。
01/09 18:39

カルビーが取り組んだ「働き方」改革、そして今

カルビーの「働き方改革」も、前CEOの松本晃氏をリーダーに進められたといわれる。
12/24 19:47

米コカコーラ、7.5オンス(約220ml)ミニサイズ缶の売り上げが好調

米Coca-Colaの2019年第三四半期の決算発表プレスリリースとそれを受けてのCNNの記事によると、7.5オンスのmini缶(約220ml)の売上がが15%の伸びを示したそうだ。
10/24 09:39

日清、「カップヌードル」専用フォークを発売へ

日清食品が、カップヌードル専用フォークを発売する。
10/18 18:02

宝ホールディングス、バランスとれた事業基盤確立で連続最高収益更新へ挑む

宝ホールディングス傘下のタカラバイオは7日、「Cas9タンパク質」に関して、ゲノム編集に最適とされるGMPグレードの商品を発売した。
10/13 10:32

ドール、「オフィス・デ・ドール」運用開始 オフィスでバナナの習慣を提案

ドールは2日、「Office de Dole(オフィス・デ・ドール)」の正式運用を開始した。
09/03 17:51

ダイドーGHD、19年2~7月期は33%減益 7月の記録的低温が影響

ダイドーグループホールディングス(2590)は27日、20年1月期第2四半期(19年2月~7月)の累計連結決算を発表。
08/28 21:59

東洋水産、新たな食文化の創造で売上高4500億円、営業利益315億円へ挑む

東洋水産は13日、チルド麵「マルチャン今どきの一杯 にんにく香る!豚骨醬油ラーメン」を26日から全国で新発売すると発表した。
08/18 07:54

日清食品、栄養素入り麺「All-in NOODLES」発表

今年3月、日清食品が「ビタミン、ミネラル、食物繊維を1食のパスタで補う」というコンセプトのパスタを発表したが(過去記事)、新たにこの技術を応用した麺「All-in NOODLES」が発表された。
08/08 12:46

キッコーマン、グローバル成長の継続で売上高5000億円を目指す

キッコーマンは7月29日、ワインブランド「マンズワイン」より、食事を楽しむ日本ワイン「コラージュルージュ」「コラージュブラン」を8月から新発売すると発表した。
08/04 14:46

555mlジョッキと味の素の内蓋の穴数

7月27日早朝、FNNが「アルコール多様化時代を生き抜く“ジョッキ革命”」と題する記事を配信した。
07/30 13:23

アサヒビールとパナソニック、自然由来の環境に優しいビアカップ開発

アサヒビールとパナソニックが協働で「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した、世界初のビール用カップ「森のタンブラー」を開発した。
07/15 21:56

サントリー食品、1Q売上収益は前年比4.4%増 欧州・オセアニアで減収も、アジアでの売上が好調に推移

三野隆之氏:サントリー食品インターナショナル社の三野でございます。
06/17 21:46

アサヒグループHD、1Qは減収増益 飲料・食品事業の減益を酒類・国際事業で補い計画ラインの進捗

石坂修氏:本日は遅い時間でお疲れの中、弊社の第1四半期決算の電話会議にご参加いただきまして、誠にありがとうございます。
06/10 18:49

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む