風力発電のニュース

住宅用蓄電システムなどESS・定置用二次電池市場、急拡大 需給調整市場の開設も追い風

コロナ禍で太陽光や風力など再生エネルギーへのシフトが加速している。
10/20 08:44

中国の電力不足が示唆すること

中国が深刻な電力不足に陥っている。特に遼寧省、吉林省などの東北地域での電力不足が深刻で、9月の終わりに第2級警報が出され、数十万世帯規模の大規模停電も起きている。
10/12 16:30

株価にも影響!? 天然ガス上昇リスク

欧州の天然ガス先物市場は6日、前日終値から30%上昇の値をつけ、過去最高値を更新した。
10/07 17:26

米ユタ州、送電塔にハンモックを吊る人が増加

米ユタ州ウィーバー郡の保安官事務所が送電塔にハンモックを吊らないよう注意喚起している。
08/09 15:54

相場展望8月5日 米国株は高値圏、日本株は下落と相反する要因 米国はカネ余り、日本は日銀の資金供給停止

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/2、NYダウ▲97ドル安、34,838ドル(日経新聞) ・欧州株高を受けて買い先行したが、米長期金利が低下すると景気減速の懸念が強まり、景気敏感株を中心に売りが広がった。
08/05 08:26

いちごの「再生エネルギー」REITの登場を心待ちにしたい

いちごのビジネスは「心築(しんちく)事業」「J-REIT事業」、そして「クリーンエネルギー事業」。
05/17 16:08

ワタミ、日本最大級の有機農業テーマパークを開業 陸前高田市に

ワタミは4月29日、岩手県陸前高田市で、有機農業テーマパーク「陸前高田ワタミオーガニックランド」を開業すると発表した。
05/01 10:23

日本ガイシのNAS電池は、カーボンニュートラル実現の救世主になるか!?

2050年を目途に「温室効果ガスの排出量を実質ゼロ」とする目標(カーボンニュートラル)が、現政権の公約として掲げられている。
04/22 16:45

国際石油開発帝石、連結売上高は前年比34.2%減 2021年4月1日より社名を「株式会社INPEX」に変更予定

上田隆之氏:本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。
02/26 17:03

レノバの株価動向が示す、洋上風力発電本格化の号砲

菅義偉首相は先のG20で「2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする」と表明した。
12/21 16:58

東レ、コロナ影響による販売量・生産量の減少を主因として2Qの事業利益は前年比52.3%減

岡本昌彦氏:みなさま本日はお忙しいなか、ありがとうございます。
12/15 09:17

丑年相場のカギは「バイデン政策」と「コロナ禍の段階的収束の歩み」

来年は丑年。この時期になると「株原稿」を仕事の範疇の1つにしていることもあり、「来年はどんな相場になると見ているか」式の質問を受ける。
12/14 15:55

雇用が問題か? (3) 水素社会で雇用確保 e-gasでエンジン可動を

また、現存のガソリンスタンドについても、FCV(燃料電池車)に用いる純粋水素(99.99%)を取り扱う水素スタンド(1カ所約5億円)に比較して少ない投資で「e-gas(メタンガス)」対応とできることから、「雇用の創出」に寄与し、自動車産業全体の雇用規模を保てることになる。
12/11 09:17

三菱重工、初のグリーンボンド発行へ SDGsへの貢献目指す

三菱重工業は10月30日、同社初となるグリーンボンドの発行へ向けて、社債の訂正発行登録書を関東財務局に提出したと発表した。
11/01 18:53

相場展望10月29日号 バイデン勝利は、増税回避で株式は売られやすい 日経平均にも異変の兆し

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/26、NYダウ▲650ドル安の27,685ドル ・(1)欧米で新型コロナ感染急拡大 (2)追加経済対策合意の後退、を嫌気して大幅安。
10/29 08:33

関西電力、AIとドローンで次世代型の洋上風力発電目指す

関西電力がドローンとAIを用いた洋上風力発電の研究に本腰を入れる。
10/21 16:47

洋上風力発電、1計画で原発1基分 2030年には9200億円市場に成長と予測

政府の「エネルギー基本計画」では2030年度に風力発電が総発電電力量に対して占める割合を1.7%程度、導入設備容量としては10GW、うち洋上風力は0.8GWとされている。
10/07 08:21

日立製作所、1Qは減収減益 日立化成売却およびコロナ影響により売上収益は前年比22%減

河村芳彦氏(以下、河村):日立製作所のCFOの河村です。
09/08 08:31

九州で再び「電圧フリッカ」発生、メガソーラーの影響など原因を調査中

九州電力管内で、2017年以降はしばらく発生していなかった大規模な「電圧フリッカ」が再び発生するようになっているという。
06/12 20:03

オリックス、通期の当期純利益は3,027億円 コロナの影響で減益も3,000億円の目標を達成

矢野人磨呂氏(以下、矢野氏):財経本部長の矢野でございます。
06/05 20:20

 1 2 3 4 5  次へ進む