ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > トヨタ自動車(5)

トヨタ自動車のニュース(ページ 5)

日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (2) トヨタとの実力差の象徴「インフィニティ」

そして、セルシオをレクサスの名で北米において販売し成功していたトヨタは、そのままブランド名にした。
12/09 08:29

日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル・レヴォーグに 受賞の要因は?

2020年12月7日、日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が行われ、日本カー・オブ・ザ・イヤーにスバル・レヴォーグが選ばれた。
12/08 16:48

日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (1) 初代インフィニティとセルシオ

日産の「インフィニティ・QX55」が新発売となった。
12/07 12:00

トヨタ、現場スタッフが開発した足踏み式消毒スタンドの一般販売開始

トヨタは現在のコロナ禍に対応し、「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かしたマスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援などを行なってきた。
12/02 09:16

日本企業のガバナンスの実態 「議論」が出来ることが「自立した社会人」である証

日経XTECH 「木村岳史の極言暴論!日本企業は「勝手にやっている現場の集合体」、だからDXは絶望的にうまくいかない」の記事は、筆者自身が言っているように誠に❝極言暴論❞だ。
11/29 16:50

米専門誌・信頼度ランキング、マツダがトップ テスラはブービー、リンカーン最下位

米専門誌「コンシューマー・レポート」が発表した自動車ブランドの「信頼度ランキング」で、マツダがトップを獲得した。
11/25 08:30

相場展望11月24日号 ワクチンで経済正常化期待と、感染再拡大の懸念が交錯する株式市場

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/19、NYダウ+44ドル高、29,483ドル ・失業保険申請者数が予想を上回ったため、一時▲200ドル超下落したが、米議会で追加経済対策の協議再開の見込みと伝わり、景気回復の期待から買い優勢。
11/24 08:49

究極のFRピュアスポーツ「SUBARU BRZ」に安心付加価値を融合した新型

SUBARUは、新型「SUBARU BRZ」(米国仕様車)を世界初公開した。
11/22 17:11

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (3)

現在、「トヨタかんばん方式(欧米名:リーン生産方式)」は世界の製造業で取り入れられており、キヤノンが成功した「屋台(セル生産方式)」の応用も進んでいる。
11/21 17:09

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (2)

現在でも「トヨタは造り方で世界をリードしている」ことを理解するには、現場で「カイゼン」作業を経験し、さらに俯瞰して決算数字に繋がる部分を理解しなければならない。
11/20 16:53

対米輸出、2カ月連続で増加 前年同月上回る 10月の貿易統計

財務省は18日に発表しした貿易統計速報によると、10月の対米輸出が2カ月連続で増加した。
11/20 11:37

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (1)

まず、Motor-Fan.jp『トヨタグループの底力:トヨタと他の赤字自動車会社とではどこが違ったのか? 危機対応能力の高さを支えている背景を分析する』を読んでほしい。
11/20 08:37

相場展望11月19日号 ジョージア州上院議席がバイデン政権の政策を決める 勝てば左派色で株価マイナス、負ければ株価プラス

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/16、NYダウ+470ドル高、29,950ドル ・ワクチンの普及で経済正常化の期待が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢となる
11/19 08:30

「カシオの生産リードタイム短縮」から見るトヨタの強さ (2)

前は:これがトヨタの強さ『カシオ生産リードタイム短縮生産計画3カ月→2カ月』(1) ■生産リードタイムの短縮 生産リードタイムが短縮されるということは、完成品を含めて在庫が減っていることになり、保管に必要な「工場敷地代金、工場建屋建設費用」など資産勘定の大きな資産が削減されているが、損益に上ってきにくい資産であり、決算書で経理の知識だけでは見つけにくいのだ。
11/17 11:41

トヨタとLIXIL、移動型のバリアフリートイレを共同開発

トヨタ自動車は14日、LIXILと共同で「モバイルトイレ」を開発したと発表。
11/16 09:07

トヨタとLIXIL、移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」を共同開発

トヨタ自動車と住宅設備機器製品製造大手のLIXIL(リクシル)は、車いす使用者が外出先で安心して使える移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」を共同開発したと発表した。
11/15 21:37

「カシオの生産リードタイム短縮」から見るトヨタの強さ (1)

新型コロナウイルス感染拡大で、急激なショックに見舞われてみると、「生産リードタイム」の問題が大きくのしかかってきている製造業は多いはずだ。
11/13 16:23

ヤリス・ジャガーは武士道、ポルシェ・キャデラックは合理主義、国の文化が見える? (2)

ドイツのベンツ、BMWなどのクルマは、「質実剛健」と言えるメカニズムがしっかりしている。
11/10 15:42

ヤリス・ジャガーは武士道、ポルシェ・キャデラックは合理主義、国の文化が見える? (1)

カーグラフィック(CAR GRAPHIC)の松任谷正隆氏、田辺憲一氏の世界では、クルマを文化として捉えていると感じている。
11/10 08:52

トヨタ・ミライは真に未来なのか? 航続距離850kmなら純粋水素でも実用になる?

トヨタが、12月にFCVの新型・MIRAI(ミライ)を発売する予定だ。
11/06 08:08

相場展望11月5日号 大統領選結果より、『決着の遅れ』の不透明感を警戒 米上院は共和党優位、捻じれ現象で混迷継続か

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/02、NYダウ+423ドル高の26,925ドル ・大幅下落の反発と、米10月ISM製造業PMIが2年ぶりの高水準を好感して急上昇。
11/05 10:58

トヨタの勢いが止まらない 9月生産台数、プラスに転じる 新車投入の成果か?

ダイハツ、日野を加えたトヨタグループ(軽四輪を含む)は、2020年9月の生産台数が前年同月を上回った。
11/02 16:31

トヨタ、KDDIとの連携強化を図る クルマと通信の融合見据え

トヨタ自動車とKDDIは、両社の提携関係の更なる強化を図る目的で、新たな業務資本提携に合意したと発表した。
11/01 20:59

日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車決定 表彰式はYouTubeで配信

1年間に発売された車の中から、その年のイヤーカーを決める「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の開催が日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会から発表された。
11/01 20:51

次回代替まで考えた車選びのポイントは

新車を購入して、乗りつぶす主義の人以外は、次の車に代替えする際のことも想定しておくのが良い。
10/30 14:42

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む