ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > トヨタ自動車(6)

トヨタ自動車のニュース(ページ 6)

次回代替まで考えた車選びのポイントは

新車を購入して、乗りつぶす主義の人以外は、次の車に代替えする際のことも想定しておくのが良い。
10/30 14:42

レクサス、LCに70台限定の特別仕様車「AVIATION」 RCにも「Emotional Ash」追加

トヨタ自動車の高級ブランドレクサスは28日、クーペ「LC」に特別仕様車「Emotional Ash」「AVIATION」を追加すると発表。
10/30 07:56

三菱・スペースジェットはどこへ?「画期的な造り方技術」の裏付けを・・

三菱・スペースジェット(旧MRJ)事業計画が、事実上凍結になると報じられている。
10/29 11:34

レクサス初のEV「UX300e」、国内発売 2020年度は135台限定

LEXUSは22日(木)、LEXUSブランド初となる電気自動車「UX300e」を発売した。
10/25 08:50

トヨタが広州汽車にHVユニット供給 (2) 今は「トヨタ式HVシステム」が最適

EVでは、必ずしもCO2排出規制に直結しないことは最近知られてきたが、それと同時にエンジン車の部品点数3万点余りから半減する問題が言われている。
10/23 07:36

トヨタが広州汽車にHVユニット供給 (1) 特許公開でも中国企業では生産不能?

どうやら、トヨタはHV(ハイブリッド)を2021年から「低燃費車」として認めさせるのに成功したようだ。
10/22 15:31

トヨタ・賃金「定昇ゼロ」の可能性も 「くすぐったいほど理想論」、「御用組合」か?

■トヨタ・Woven City目指しモビリティ・カンパニーに  2020年2月12日時点での労使協議会の会社側進行役を務める河合満副社長のコメントとして、「やめよう・かえよう・はじめよう運動」の推進により、「モビリティ・カンパニーへのモデルチェンジ」に全力で当たる決意が見えている。
10/22 07:37

自社株買いの株価押し上げ効果は約3% 日本証券経済研究所

20日、日本証券経済研究所が公表した「証券レビュー第60巻10号(2020年10月)」の中で、「自社株買いの株価押し上げ効果の推定」と題する評論が掲載された。
10/21 07:45

中古車市場が絶好調! コロナ禍で「3密が怖い」・・

クルマの新車販売は、2019年の消費税増税に続いて新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年9月まで12カ月連続で前年割れを記録している。
10/19 11:29

マツダ・MX-30の戦略 (3) 第4次産業革命を制するのはドイツ勢? マツダ・トヨタ?

マツダは、「SKYACTIV-G」、「SKYACTIV-D」、「SKYACTIV-X」、「e-SKYACTIVG」、「ロータリー・エクステンダー」、「水素ロータリー」エンジンなど多くのパワーユニットを持ち、「マイルド」ハイブリッド、「ストロング」ハイブリッド、「プラグイン」ハイブリッドなど多くの組み合わせが考えられている。
10/18 08:32

ヤリスクロスを購入するなら4WDをおススメする理由

ヤリスクロスは、RAV4とライズの中間的なモデルとして2020年9月に登場するや否や、大きな話題となっている。
10/17 09:05

【間違いだらけのクルマ営業 (3)】 「待てば売れる」時は過ぎた 「潜在市場」を掘り起こせ

具体例としては、あるトヨタのディーラーでプリウスの商談をした時だった、「トヨタ方式のHVはクラッチがないと聞くが、素人だから簡単で良いので教えてくれないか?」と依頼したところ、かなり待たされてから営業マンが、図面を持った整備士を呼んできた。
10/13 17:39

「ゼロエミッション車」に限定するカリフォルニアへの疑問

米カリフォルニア州のニューサム知事は9月23日、2035年までに全ての新車を、排ガスを出さない「ゼロエミッション車」にするよう義務付けると発表した。
10/13 17:02

トヨタ・GRファクトリーはセル生産方式 (2) 「屋台」は「資金効率」を上げ、精度は職人芸

「セル生産方式(屋台)」の良さは、工程間の工数の差を気にする必要がなく、ボトルネックになる工程が前後の工程まで遅らせないこと。
10/09 07:43

燃料電池列車がJR南武線に トヨタ・日立・JR東日本の協働実証実験開始

東日本旅客鉄道(JR東日本)、日立製作所、トヨタ自動車の3社は、水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両を連携して開発することに合意したと発表した。
10/08 18:07

実践トヨタ生産方式 (4) 生産技術は「重量」で様変わりする 「重量物を動かすな!」

「生産方式」を考える時、「人が手で軽々持てる重量」と「クレーンやホークリフトなど運搬機械を必要とする重量」では、考え方を逆にしなければならない。
10/07 14:21

トヨタ、特別仕様車ヴォクシーZS“煌 III”とノアSi“W×B III”発売 高級感高める

トヨタ自動車は1日、フラッグシップミニバンのヴォクシーとノアに特別仕様車を設定し発売した。
10/04 08:14

トヨタ、「RAV4」の特別仕様車を発表 よりアグレッシヴなスタイルに

トヨタ自動車は2日、RAV4の特別仕様車「Adventure "OFFROAD package"」を発表し、全国のトヨタディーラーで販売を開始した。
10/03 09:09

パナソニック、ポートフォリオ改革と経営体質強化により収益拡大を目指す

パナソニックは9月18日、ビジネスの現場で、対面でのコミュニケーションを活性化するワイヤレスプレゼンテーションシステム「PressIT」を10月から発売すると発表した。
09/28 17:45

トヨタ組織改編 ソフト開発競争に対応するハードとソフトの開発分離を狙う

トヨタの人事異動が激しい。経営陣から幹部社員と続き、これまではどちらかと言うと豊田章男社長の後継体制構築に目的があるように見ていた。
09/28 17:22

実践トヨタ生産方式 (3) 「メカニズムとして理解」すれば、物販・サービス業でも生き残れる

筆者は、「トヨタ生産方式」の考え方を「物流産業」で試して、20年ほど前「提案型販売」として理論をまとめた。
09/26 09:59

実践トヨタ生産方式 (2) 効果は絶大 総資金量は激減 トヨタバンク誕生

トヨタ生産方式の実際の効果のほどは、うまくやれば・・・目を見張るほどの効果が上がるのだ。
09/25 08:02

実践トヨタ生産方式 (1) 「トヨタ1強」は「1歩でも前へ進む気持ち」から生まれた

トヨタの豊田章男社長は、「もっといいクルマをつくろうよ!」と呼び掛けている。
09/24 07:54

トヨタとホンダが協力 燃料電池バスで電気を配送 「ムービングイー」の実証実験

地震・台風・豪雨などの災害時、送電網が被害を受け、送電できずに孤立させてしまうような時に役立つ移動式発電・給電システム「Moving e(ムービングイー)」を、トヨタとホンダが協力して作り上げた。
09/23 07:34

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む