ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > トヨタ自動車(6)

トヨタ自動車のニュース(ページ 6)

MEGA WEBで「MOTOR PANIC まつやまたかしイラスト展」開催

アムラックストヨタは、同社が運営する「MEGA WEB」において、2021年1月14 日~5月10 日までの期間、イラストレーターまつやまたかし氏の特別展示「MOTOR PANIC まつやまたかしイラスト展~イラストで巡る世界の街角とクルマ~」を開催すると発表した。
12/26 14:24

レノバの株価動向が示す、洋上風力発電本格化の号砲

菅義偉首相は先のG20で「2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする」と表明した。
12/21 16:58

燃料電池車はMIRAIが始まり! 水素エネルギーを進めるトヨタが目指すものは?

トヨタ自動車は12月9日、燃料電池車MIRAIをフルモデルチェンジし、販売を開始した。
12/19 08:47

ダイムラーが取り組む液体水素燃料電池トラック

ダイムラー・トラックが液体水素による次世代の燃料電池大型トラック(トレーラー)の補給システムの開発について発表を行った。
12/17 17:21

相場の未来を予測する信用取引残高とコロナバブルの天井 前編

全世界における新型コロナウイルスの感染者数が増加の一途をたどるなか、株式相場は各国の財政政策とワクチン期待で上昇を続けているが、このリスクオン相場はどこまで続くのであろうか。
12/15 08:17

世界ラリー選手権・最終戦でトヨタのオジエが優勝、ワールドチャンピオンを獲得

2020年12月6日、世界ラリー選手権「WRC 2020」の最終戦となる第7戦「ラリー・モンツァ」の最終4日目が、イタリアのミラノ近郊モンツァ・サーキットで行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRカー 17号車)が優勝。
12/13 16:34

トヨタ、新型「MIRAI」を発売 コンセプトはEDGE

トヨタ自動車は9日、燃料電池自動車(FCV)MIRAIの新型を発売した。
12/11 08:43

雇用が問題か? (2) 日本の2050年ZEV目標は、政治ショーか?

こうした各国の思惑を秘めながら、排気ガス規制が厳しさを増している。
12/10 18:00

雇用が問題か? (1) 日産・トヨタ・ジャガー・ポルシェ・ベンツ・BMW・VWのBEV発売ラッシュ

ジャガー・「I-PACE」、ポルシェ・「タイカン」、ベンツ・「EQC」「EQS」「EQE」「EQE SUV」「EQV」、BMW・「i3」「i8」「iX3」「i4」、VW・「ID.4」、日産・「リーフ」「アリア」、トヨタ・「UX300e」、ホンダe等々、世界各国からBEV(純電動車)の発売、あるいは発売予定が相次いでいる。
12/10 17:06

ウーバーが自動運転部門を売却へ 売却先は新興企業のAurora

米配車大手Uber Technologiesは7日、同社の自動運転部門となるATG(Advanced Technologies Group)を米新興企業Aurora Innovationに売却すると発表した。
12/10 09:48

コンビニ大手3社とトヨタ+日野連合が燃料電池トラック配送の実証実験開始

コンビニ大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3社と、トヨタ自動車、日野自動車の5社が共同し、地球温暖化抑制やエネルギー多様化等に対応した持続可能な社会の実現に向け、燃料電池(FC)小型トラックの導入を視野に検討を進めるとともに、将来の普及に向けた環境整備に取り組むことで合意したと発表した。
12/10 09:47

水素が本命だ!

日本経済新聞の12月8日1面トップに、「水素30年に主要燃料に」目標1000万トン国内電力1割分と、大々的に報道された。
12/10 09:42

日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (3) 救世主となり得るのか新型QX55

日産はこのところ、キックス、アリア、ノート、そしてフェアレディZと新車投入を続けてきているが、これまでの10年間は日本国内市場に新車をほとんど投入してこなかったのが不思議なぐらいだ。
12/09 17:17

日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (2) トヨタとの実力差の象徴「インフィニティ」

そして、セルシオをレクサスの名で北米において販売し成功していたトヨタは、そのままブランド名にした。
12/09 08:29

日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル・レヴォーグに 受賞の要因は?

2020年12月7日、日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が行われ、日本カー・オブ・ザ・イヤーにスバル・レヴォーグが選ばれた。
12/08 16:48

日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (1) 初代インフィニティとセルシオ

日産の「インフィニティ・QX55」が新発売となった。
12/07 12:00

トヨタ、現場スタッフが開発した足踏み式消毒スタンドの一般販売開始

トヨタは現在のコロナ禍に対応し、「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かしたマスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援などを行なってきた。
12/02 09:16

日本企業のガバナンスの実態 「議論」が出来ることが「自立した社会人」である証

日経XTECH 「木村岳史の極言暴論!日本企業は「勝手にやっている現場の集合体」、だからDXは絶望的にうまくいかない」の記事は、筆者自身が言っているように誠に❝極言暴論❞だ。
11/29 16:50

米専門誌・信頼度ランキング、マツダがトップ テスラはブービー、リンカーン最下位

米専門誌「コンシューマー・レポート」が発表した自動車ブランドの「信頼度ランキング」で、マツダがトップを獲得した。
11/25 08:30

相場展望11月24日号 ワクチンで経済正常化期待と、感染再拡大の懸念が交錯する株式市場

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/19、NYダウ+44ドル高、29,483ドル ・失業保険申請者数が予想を上回ったため、一時▲200ドル超下落したが、米議会で追加経済対策の協議再開の見込みと伝わり、景気回復の期待から買い優勢。
11/24 08:49

究極のFRピュアスポーツ「SUBARU BRZ」に安心付加価値を融合した新型

SUBARUは、新型「SUBARU BRZ」(米国仕様車)を世界初公開した。
11/22 17:11

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (3)

現在、「トヨタかんばん方式(欧米名:リーン生産方式)」は世界の製造業で取り入れられており、キヤノンが成功した「屋台(セル生産方式)」の応用も進んでいる。
11/21 17:09

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (2)

現在でも「トヨタは造り方で世界をリードしている」ことを理解するには、現場で「カイゼン」作業を経験し、さらに俯瞰して決算数字に繋がる部分を理解しなければならない。
11/20 16:53

対米輸出、2カ月連続で増加 前年同月上回る 10月の貿易統計

財務省は18日に発表しした貿易統計速報によると、10月の対米輸出が2カ月連続で増加した。
11/20 11:37

決算数字を分析しても出て来ない、トヨタの強さの源泉は「現場力」? (1)

まず、Motor-Fan.jp『トヨタグループの底力:トヨタと他の赤字自動車会社とではどこが違ったのか? 危機対応能力の高さを支えている背景を分析する』を読んでほしい。
11/20 08:37

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む