土星のニュース一覧

木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA

1994年7月16日、つまり今からちょうど25年前に、人類史上初となる世紀の天文ショーが木星において繰り広げられた。 07/16 06:49

木星。

6月11日、木星が地球に最も近づく「衝」となり、見ごろを迎える。 06/02 08:17

木星と地球の大きさの違い。

太陽系外の惑星研究者たちの中には、太陽系に存在している巨大惑星が、地球の生命を宇宙の外敵から守る役目を果たしてきたという仮説の検証をもくろんでいる学者もいる。 05/29 12:05

土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho

米航空宇宙局(NASA)は18日、土星探査機カッシーニが、土星の衛星タイタンの湖がメタンから構成されることを発見したと発表した。 04/24 09:40

3月28日午前4時30分頃の東京の星空。(c) 国立天文台

3月27日から29日にかけての夜明け前、南の空を見ると月、木星、土星が近くに並んでいるのを見ることが出来る。 03/26 12:34

太陽系外の惑星でどのような条件において生命が誕生するかは、宇宙生物学者(アストロバイオロジスト)にとって関心の的だ。 03/03 19:33

土星探査機カッシーニが撮影した土星のC環。土星の自転周期を推定するカギとなる。 (c) NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

地球の自転周期は約23時間56分4秒だが、地球型惑星でない土星の自転周期を求めることは困難だ。 01/23 09:38

土星探査機カッシーニによって撮像された土星 (c) NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

米航空宇宙局(NASA)は18日、無人惑星探査機ボイジャー1号と2号からのデータに基づくと、土星の環がいずれ消滅するという研究成果を報告した。 12/21 09:08

タイタンの塵嵐のイラストイメージ。(C)NASA / ESA / IPGP / Labex UnivEarthS / University Paris Diderot

土星探査機カッシーニ(2017年運用終了)のデータから、土星の衛星であるタイタンの赤道付近において巨大な塵嵐が巻き起こっていることがわかった。 09/30 09:51

2014年4月2日カッシーニに搭載された広角カメラで撮影された土星の六角形と輪(C)NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

土星探査機カッシーニ(2017年運用終了)の観測データから、土星の北極域の成層圏に六角形の渦の存在が明らかになった。 09/16 11:14

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2018年7月27日(金)から8月3日(金)までの期間で、火星観望イベント「火星接近 観望会」を開催。 07/12 16:32

太陽系で地球以外に微生物が存在する可能性のある7つの天体について、SETI Instituteの上級天文学者、Seth Shostak氏がFuturismに語っている。 09/29 11:19

NASAの土星探査機「カッシーニ」は15日、土星の大気に突入し、燃え尽きた。 09/17 23:20

最後の任務に向かうカッシーニ。(画像:NASA/JPL-Caltech)

1997年に打ち上げられ、以後20年に渡り土星探査機として活動してきたカッシーニは、まもなく燃料を使い果たしてその役割を終え、土星大気圏への突入を行う。 08/15 07:26

 1 2  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
  • マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 米カリフォルニア州パサデナにあるNASAの施設でMars 2020のローバーのテストを行う様子 (c) NASA/JPL-Caltech
  • 超低高度衛星技術試験機「つばめ」のイメージ。 (c) JAXA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告