惑星のニュース一覧

星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA

11月16日にイギリスのNature Astronomy誌で公開されたロンドン大学クイン・メアリー校の研究論文で、アミノ酸の1種で生命を構成する重要な要素の1つであるグリシンおよびその他のアミノ酸が、惑星が誕生する以前の星間物質内で形成されていた可能性が示された。 11/17 08:54

今回発見されたLTT 9779 bの質量・半径を、これまでに発見された系外惑星の質量・半径と一緒にプロットした図。薄青の丸はトランジットを使って発見された惑星で、黄色の丸は「視線速度」と呼ばれる惑星が主星の周りを公転していることによって生じる主星の速度変化を観測する方法で発見された惑星。(図: 東京大学の発表資料より)

東京大学は22日、19時間で公転する超短周期の海王星型惑星を初めて発見したと発表した。 09/26 09:29

NASAは月と火星探査に備えて、そうした汚染がどれくらいなら許容できるか、というガイドラインを更新した。 07/15 19:05

恒星を横切るガス惑星のコアの想像図 (c) University of Warwick/Mark Garlick

多くの惑星の中心部には液体ないし固体からなる「コア」が存在する。 07/06 12:22

ディモルフォスをスキャンするHERAのイメージ (c) ESA

SF映画「アルマゲドン」で描かれていたテクノロジーの実証プロジェクトが、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって着々と準備が進められている。 06/24 13:50

異星人の発する電波を見つけて、地球外知的生命を探査することを目的に活動している地球外知的生命体探査(SETI:Search for ExtraTerrestrial Intelligence)だが、現時点では具体的な成果が上がっていない。 06/22 17:59

恒星との距離が地球-太陽間とほぼ同じで、地表温度は約5℃という惑星が発見された。 06/10 17:12

隕石海洋衝突のモデル図 (c) Tohoku University/ Yoshihiro Furukawa

6月8日にイギリスのScientific Reports誌で、東北大学の研究者による地球生命の誕生に関する研究論文が投稿された。 06/10 06:35

Disk画像の一例 (c) NASA

6月1日から3日にかけて、第236回アメリカ天文学会が開催されている。 06/03 07:39

かつて地球外生命体の探査機という説も出た、2017年に観測された史上初の恒星間天体「オウムアムア」だが、その正体について今度は星間分子雲で形成された水素氷山だったという仮説が提唱されているらしい。 06/02 18:54

若い星団であるWesterlund 2 (c) NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), A. Nota (ESA/STScI), and the Westerlund 2 Science Team

惑星の形成や星の進化過程を研究する上で重要なヒントを与える星団「Westerlund 2」。 06/01 07:20

小惑星リュウグウは一時、太陽に接近した軌道にあったと考えられるそうだ。 05/10 18:37

金星大気の高速回転が維持されるメカニズム (c) Planet-C project team

地球と同じく岩石から構成される金星。地球と異なり、金星では「スーパーローテーション」と呼ばれる高速で大気が回転する現象が維持されている。 05/01 11:41

現在は観測できなくなっている系外惑星Fomalhaut bの実体は惑星ではなく、氷微小惑星が衝突してできた塵の雲だったという研究成果をアリゾナ大学の研究者チームが発表した。 04/25 21:08

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告