惑星のニュース一覧

小惑星リュウグウが母天体から誕生し形成されるまでのシナリオ (c) 杉田精司ほか

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」の探査活動に基づく成果をまとめた3編の論文を、米科学誌Scienceに掲載したと報告した。 03/22 21:40

紹介された月面探査機「与圧ローバ」、全長×全幅×全高6000×5200×3800mm、小型バス程度のボディで、パワーユニットは燃料電池による電動。乗員は通常2名で、最大で4名乗車が可能。詳細は不明だが6輪による全輪駆動車か

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車は、国際宇宙探査ミッションでの協業の可能性を検討していくことについて合意した。 03/15 09:23

ジョンズ・ホプキンス大学の研究者らが、小惑星衝突をより正確にシミュレートするためのコンピュータモデルを開発したそうだ。 03/12 13:07

太陽系外の惑星でどのような条件において生命が誕生するかは、宇宙生物学者(アストロバイオロジスト)にとって関心の的だ。 03/03 19:33

「J0207」のイメージ図。(c) NASA’s Goddard Space Flight Center/Scott Wiessinger

米航空宇宙局(NASA)は20日、支援するプロジェクト「Backyard Worlds: Planet 9」に参加するドイツの市民科学者が、白色矮星「J0207」を発見したことを発表した。 02/22 08:47

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が21日、小惑星リュウグウへの降下を開始した。 02/21 23:03

原始惑星系円盤の模式図。スノーライン付近の有機分子が放つ電波をアルマ望遠鏡が捉えた。 (c)  国立天文台

国立天文台は5日、アルマ望遠鏡を使って「オリオン座V883星」と呼ばれる若い星を取り巻くガスと塵の円盤を観測し、多数の有機分子を発見したことを発表した。 02/07 08:52

はやぶさ2が着陸するリュウグウ。2018年8月に撮影。(c) JAXA、東大など

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星探査機「はやぶさ2号」を、2月22日午前8時頃に小惑星「リュウグウ」へ着地させると発表した。 02/06 21:30

地球に火星ほどの大きさの天体が衝突する想像図 (c) Rice University

地球上の生命の誕生に不可欠な炭素や窒素。 01/29 20:42

発見された天体の想像図。(画像:国立天文台発表資料より)

70年前から存在を予測されていた「微惑星」が初めて実際に見つかった。 01/29 12:00

画像はイメージです。

18日、科学誌「サイエンス」に、衝撃的な論文が掲載された。 01/27 16:17

海王星の外側に存在する太陽系外縁天体。 01/25 12:47

土星探査機カッシーニが撮影した土星のC環。土星の自転周期を推定するカギとなる。 (c) NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

地球の自転周期は約23時間56分4秒だが、地球型惑星でない土星の自転周期を求めることは困難だ。 01/23 09:38

「ワープ構造」をした原始惑星系円盤の想像イメージ図。(c) 理化学研究所

1日、理化学研究所(理研)開拓研究本部坂井星・惑星形成研究室の坂井南美主任研究員らのグループが、アルマ望遠鏡を用いた原始惑星系円盤の研究結果を発表した。 01/02 07:41

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告