惑星のニュース一覧

米カーネギー研究所や西カタルーニャ宇宙研究所などの国際研究チームは、15日付けの英科学誌「ネイチャー誌」に、地球から6光年先の位置に、凍った状態のスーパーアース(巨大地球型惑星)を発見したと発表した。 11/16 20:18

オウムアムアの想像図 (c) ESO/M. Kornmesser, ヨーロッパ南天天文台

「オウムアムア(Oumuamua)」と呼ばれる謎の飛行物体が、世間を騒がせている。 11/11 10:10

ハッブル宇宙望遠鏡で撮像したへび座。右上に恒星HBC 672により発生した「コウモリの影」を観測できる。 (c) NASA, ESA, and STScI

地上でも日差しによって影が生じることは、よく知られる現象だ。 11/06 21:29

NASAは2日、小惑星探査機Dawnのミッション終了を発表した。 11/04 21:25

低金属星の周囲に見られる「小さな惑星系」のイラスト(C)Michael S. Helfenbein

イェール大学の研究によると、複数の惑星を持つ小さな惑星系は、重元素(金属)が多い恒星よりも低金属量の恒星の周りに形成されやすいことがわかった。 11/04 19:53

ハッブル宇宙望遠鏡で確認された惑星状星雲M3-1の画像(C)David Jones / DanielLópez - IAC

スペインの天文学チームが、惑星状星雲「M3-1」の中心に公転周期がわずか3時間強の連星系を発見した。 11/04 10:51

「探査機オシリス・レックスによる、小惑星ベンヌの画像」(c) NASA/Goddard/University of Arizona

アメリカ航空宇宙局(NASA)などは10月31日、無人探査機「オシリス・レックス」が目的の小惑星「ベンヌ」を捉えた画像を公開した。 11/02 08:42

冥王星と比較して約2.5倍外側を公転する準惑星ゴブリンの軌道 (c) Roberto Molar Candanosa and Scott Sheppard, courtesy of Carnegie Institution for Science

8つの惑星のほかに、5つの準惑星が太陽の周りを公転しているのは、ご存じだろうか。 10/19 09:13

ケプラー1625bとその衛星のイメージ(C) NASA/ESA/L. Hustak

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡と系外惑星探査機ケプラーによって太陽系外に惑星を周回する衛星のようなものを発見した、と明らかにした。 10/13 20:18

地球から約8000光年離れた位置にある恒星「Kepler(ケプラー)1625」は惑星Keplar-1625bを持つことが観測されているが、このKeplar-1625bが衛星を持つ可能性がコロンビア大学の研究者らによる観測によって分かったという。 10/10 10:06

(左上)ローバー1Bのホップ直前、(右上)ローバー1Aが撮影、(左下)ミネルバ2自身のアンテナとピンの影の撮影に成功(ローバー1A)、(右下)高度約67mではやぶさ2の初のONC-W2によるリュウグウの地平線撮影(c) JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月27日、記者説明会において、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに、地上探査機「MINERVA-II1」を分離、着地させ、運用している様子を報告した。 10/01 11:10

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、国際水星探査計画BepiColombo(ベピコロンボ)ミッションの探査機を搭載するアリアン5型ロケットの打ち上げを、当初の予定である10月18日22時45分(フランス領ギアナ現地時間)から、翌19日の同時刻に変更したと発表した。 09/30 16:02

すばる望遠鏡とHSCが解明した暗黒物質の分布。時代が進むにつれ、濃淡が増す。(c) HSC project /UTokyo

国立天文台は26日、すばる望遠鏡に搭載された「HSC(Hyper Suprime-Cam)」と呼ばれるカメラにより、暗黒物質(ダークマター)の空間分布を示す地図を作成。 09/27 21:51

エリダヌス座40番星A(HD 26965)のハビタブルゾーンでスーパーアースが発見された。 09/22 21:58

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告