1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 肥満(1)

肥満のニュース一覧

アメリカのミシガン州立大学は、科学誌『フード・クオリティ・アンド・パフォーマンス』に、睡眠と甘いものへの欲求についての研究結果を発表した。 03/23 18:01

ワカメを食べると血糖値の上昇が抑えられることを示すグラフ(図:理研ビタミンの発表資料より)

ワカメスープなど乾燥ワカメを使った家庭用食品を製造・販売している理研ビタミン(東京都千代田区)は19日、ワカメを食べることによって、食後の血糖値の上昇やインスリンの分泌が抑えられることを、人による試験で確認したと発表した。 03/20 11:12

今年は暖冬傾向といわれてはいるものの、9月頃から発生報告が出ており、東京都感染症情報センターの調査によると、11月末の時点ですでに都内の学級閉鎖の件数が48件となっている

毎年、この時期になると話題になりはじめるのが「インフルエンザ」だ。 12/09 20:09

シドニー大学が科学雑誌『セル・リポーツ』に、新たな研究結果を発表した。 12/04 11:16

世界保健機関(WHO)の最新の報告によれば、全世界の20億人が太りすぎであり6億5千万人が肥満であるという。 11/12 08:47

研究の概要。(画像:名古屋大学発表資料より)

朝食を抜くと体重が増える事は経験的にはよく知られている。 11/04 20:40

アクチビンEのエネルギー代謝亢進作用。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学などの研究グループが、アクチビンEというタンパク質の肥満解消効果を発見した。 11/04 20:33

10月25日は、1998年に「パスタの日(世界パスタデー)」と制定された。 10/26 10:35

「グッスミン 酵母のちから」(画像: ライオンの発表資料より)

一般消費財の大手企業(例えば歯ブラシ首位、トイレタリー製品3位等々)として知られるライオンには文字通り「ヘルスケア」と呼ぶにふさわしい商品が、「ネット通販限定品」として隠されている。 10/16 11:03

生活リズムと肥満者との関係 (花王発表資料より)

花王のパーソナルヘルスケア研究所は11日、身体活動量計を用いた生活リズムの分析により、職域(働く)世代の男性に関して、平日の生活リズムが肥満に関連していることを明らかにしたと発表した。 09/11 17:14

近年、口と健康は密接な関係があると医学的に言われている。 09/07 21:35

衛星画像に基づき15万枚のグーグルマップを分析した結果、住む環境と肥満との関連性が認められた。 09/05 21:07

ATPの濃度変化によって蛍光強度が変わるRGBカラーの蛍光ATPセンサー(画像:早稲田大学の発表資料より)

早稲田大学は24日、東京大学、シンガポール国立大学、ハーバード大学と共同で、細胞の中のエネルギー代謝に関わるアデノシン3リン酸(ATP)の活動を、細胞内の部位別に異なる蛍光の経時変化として視覚化して観察できる赤・緑・青(RGB)色の蛍光ATPセンサーの開発に成功したと発表した。 07/26 18:48

肥満または腹部肥満(内臓脂肪蓄積)であっても、他のメタボリックリスクがなければ標準体重で健康な人と比べて早期死亡リスクが大きく上昇することはないという研究成果が発表された。 07/15 18:30

 1 2 3  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告