1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 認知症(7)

認知症のニュース(ページ 7)一覧

警察庁によると改正道路交通法施行により運転免許の自主返納者が大幅に増加、高齢者の交通死亡事故は減少傾向にある。

3月の改正道路交通法施行で高齢ドライバーの認知症対策が強化され3か月余り。 07/14 08:11

日本大工学部は人工知能(AI)の深層学習(ディープラーニング)により、MCIを簡便かつ高精度で判定する新手法を開発した。従来、MCIの正確な判定には専門的な問診や画像診断などが必要だった。健康診断などでの簡易的な検査でMCIの発見ができれば、早期対応が可能となる。

2014年の厚生労働省による発表によれば、全国65歳以上の高齢者における軽度認知症(MCI)の有病率は13%で、認知症の15%と合わせると65歳以上の約3人に1人がなんらかの認知機能障害を有していることになる。 06/02 07:19

認知症高齢者は年々増加し、2015年時点で約500万人、2025年には約700万人に増加すると推計されており、日常生活の金銭管理にも支援を必要とする人が今後増加してくると考えられる。 05/21 17:43

みまもりタグ(写真:アルソック社発表資料より)

アルソックは15日、すでに全国10の自治体と取り組んでいる地域の見守りネットワークで使用している商品「みまもりタグ」「みまもりタグ感知器」「みまもりタグ専用靴」を、6月15日より一般向けに販売する予定であると発表した。 05/16 08:42

厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者のうち軽度認知障害は400万人で、認知症の462万人と合わせるとなんらかの認知障害を持っている高齢者は4人に1人の割合となる。軽度認知障害では、進行を遅らせるために早期の治療が重要で、これにより1割ほどで正常な認知機能を取り戻すとのこと。

物忘れが増加するが認知症のように日常生活を送るうえで大きな支障が出るわけでもなく、そのために気づかれにくいといった特徴を持つMCI(軽度認知障害)は、5年で約半数が認知症に進行することから「認知症予備軍」といわれている。 05/07 21:06

政府が医療費抑制を目的としてジェネリック医薬品の普及拡大を図るため、新たなルールを導入したことから長期収載品の存在を維持することが困難になって来ている。 05/01 14:21

米ボストン大などの研究チームが、人工甘味料入りのダイエット飲料を飲む習慣がある人は、そうでない人と比べて脳卒中や認知症のリスクが約3倍になるという研究結果を発表した(朝日新聞)。 04/27 11:26

ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。東京大学、学習院大学、キリン<2503>の研究グループは、ビールの原料ホップに含まれる苦み成分(イソα酸)がアルツハイマー病の予防効果があることをマウスの実験で確認した。

ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。 03/19 07:43

認知症や脳血管障害など脳の障害を伴う疾患では、周辺症状としての意欲障害が問題となっている。認知症では初期段階から意欲障害がみられ、脳血管型認知症の70%、アルツハイマー型認知症の50%以上の人に意欲低下があらわれる。

認知症や脳血管障害など脳の障害を伴う疾患では、周辺症状としての意欲障害が問題となっている。 02/16 09:03

認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)では、早期発見により対策を講じることが重要とされる。 02/15 12:31

胃潰瘍や胸焼けを予防の薬として知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期間服用し続けると、アルツハイマー病や腎臓疾患を引き起こす可能性があるという(Scientific American、Slashdot)。 02/09 22:31

認知症などの神経変性疾患、脳血管障害や脳外傷などの脳の障害では、いずれも高い頻度で意欲障害が認められる。 02/08 09:12

アルツハイマー病では記憶を維持するのに重要な神経伝達物質アセチルコリンの働きが低下する。 02/04 18:55

日本では、2025年に認知症の患者数は約700万人、認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)の人数を含めると約1,300万人に上ると予想されている。 01/29 21:33

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告