1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 北海道大学(1)

北海道大学のニュース一覧

今回の研究の概要(画像: 北海道大学の発表資料より)

北海道大学は1月31日、正常な細胞が、がん化の超初期段階にある突然変異細胞を、細胞競合により体外に排除する仕組みを解明したと発表した。 02/07 08:55

今回の研究の概要。(画像: 名古屋大学の発表資料より)

10から20%が一生に一度はかかるため、「心の風邪」とも呼ばれるうつ病。 01/26 16:21

開発されたレアアース分子が発光する仕組み(写真:北海道大学の発表資料より)

ディスプレイや照明器具等で活用される発光体。 01/15 16:59

近年では自然科学の分野においても人工知能の方法論は駆使され、研究開発を加速しようとする試みに用いられている。 12/28 10:48

アルツハイマー病のモデルマウスにこんにゃく芋由来のセラミドを投与した効果(写真:北大の発表資料より)

北海道大学は10日、こんにゃく芋から精製したセラミドが、アルツハイマー病の予防に有効であることを発見したと発表した。 12/12 16:41

歩行と遊泳の切り替えの様子(写真:東北大の発表資料より)

水中から陸上へと動物が移行したのが、約3億6,000万年前。 12/05 15:06

コーデルジュズヒゲムシのアルコール標本。(画像:北海道大学発表資料より)

ジュズヒゲムシの仲間は朽木の樹皮の下の隙間で暮らす昆虫である。 11/25 17:30

温度上昇による高分子ゲルの相分離の模式図(画像: 北海道大学の発表資料より)

一般的な高分子は低温で硬く、高温になるとゴムのように柔らかい性質を持つ。 11/22 11:50

左:糖が検出されたマーチソン隕石。右:リボースの構造模型とマーチソン隕石。(Credit: Yoshihiro FURUKAWA)

生命の核として必要な糖の分子が、隕石から発見された。 11/20 21:32

開発された接着剤。(画像:北海道大学発表資料より)

参考にしたのは、貝の一種イガイの接着タンパク質であるという。 11/15 09:02

北海道厚岸湾大黒島沿岸のコンブ藻場。(Photo: 仲岡雅裕氏)

地球温暖化は海洋資源の分布変化をもたらす。 10/31 18:47

オマーン北東部のサンゴ化石。約4,100年前のもの。(画像:北海道大学発表資料より)

メソポタミアのアッカド王朝は、一説に人類史上最初の帝国とも言われる。 10/25 08:59

昆虫腸内における細菌間競合の模式図(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

「腸内共生」は人間を含めほとんどの動物にみられる現象であり、食物の分解や免疫系の恒常性維持などで重要な役割を果たしている。 10/24 08:48

(a) 炭素材料表面に分子レベルで修飾された触媒の模式図および、(b)今回見出した触媒電極による酸素還元性能の炭素・白金炭素触媒との比較。(画像:電気通信大学発表資料より)

リチウムイオン電池に代わる次世代の電池が待望されている。 10/19 15:22

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告