1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > ハーバード大学(1)

ハーバード大学のニュース一覧

Facebookでは、2017年頃から機械学習を利用した自殺予防・通報システムが採用されてきた。 05/09 22:18

マウス嗅球僧帽細胞・房飾細胞のTetbow法染色例(画像: 九州大学の発表資料より)

九州大学は、脳内の複雑に絡まった神経回路を、個々の神経細胞ごとに異なる蛍光色に染色して、回路の繋がりを解明できるようにする手法:Tetbow法の開発に成功した。 11/21 19:33

ハーバード大学の中世史研究者マイケル・マコーミック氏は、人類史上最悪の年は536年であった発表した。 11/20 09:21

オウムアムアの想像図 (c) ESO/M. Kornmesser, ヨーロッパ南天天文台

「オウムアムア(Oumuamua)」と呼ばれる謎の飛行物体が、世間を騒がせている。 11/11 10:10

昨年10月、「太陽系外から飛来した可能性がある極めて高い」という彗星が発見された。 11/10 09:27

米国と中国の研究者らの交流はおよそ30年ほど前から始まったが、昨今では中国の研究者による研究活動が米国の研究者によるそれを追い越しつつあるという。 09/19 23:25

ルーブル美術館のモナリザ。(c) 123rf

ハーバード大学医学大学院が『メイヨー・クリニック紀要』に発表したところによると、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた名作『モナ・リザ』のモデルとなった女性は、甲状腺を病んでいた可能性が高いという。 09/10 08:42

「ココナッツオイルは純粋な毒」であることを報告したのは、ハーバード T.H. チャン・スクール・オブ・パブリック・ヘルスの疫学研究者カリン・ミシェル教授である。 08/28 21:31

ATPの濃度変化によって蛍光強度が変わるRGBカラーの蛍光ATPセンサー(画像:早稲田大学の発表資料より)

早稲田大学は24日、東京大学、シンガポール国立大学、ハーバード大学と共同で、細胞の中のエネルギー代謝に関わるアデノシン3リン酸(ATP)の活動を、細胞内の部位別に異なる蛍光の経時変化として視覚化して観察できる赤・緑・青(RGB)色の蛍光ATPセンサーの開発に成功したと発表した。 07/26 18:48

米国食品医薬品局(FDA)が、飲食店や食料品店、コンビニエンスストアなどに対し、提供する食品のカロリー表記を義務付ける新たなルールを制定したそうだ(QUARTZ、Daily Sun New York、Slashdot)。 05/14 09:50

ハーバード大学が、「SAT」や「ACT」と呼ばれる大学入学試験において、小論文(エッセイ)の得点を選考に使用しない方針にしたそうだ。 03/28 11:06

ハーバード大学の研究チームは、音楽が持つ普遍性について新たな研究結果を生物学専門雑誌「カレントバイオロジー」に発表した。 01/31 08:15

N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)の2018年春夏コレクションは、第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディの人生を表現。 09/12 15:48

ハーバード大学などの研究チームが生きた大腸菌のDNAに動画データを格納し、それを読み出して動画を再生することに成功したそうだ。 07/16 10:12

 1 2  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告