1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > AV機器・カメラ
  5.  > ドライブレコーダー(1)

ドライブレコーダーのニュース一覧

映像分析のイメージ(画像: ジェネクスト発表資料より)

ジェネクストは8日、損害保険ジャパン日本興亜と共同で自動車事故の責任割合自動算出システムを開発すると発表した。 02/09 17:53

(c) 123rf

スバル(SUBARU)はなかなか体質改善が進まない。 01/25 11:29

スキルの使用イメージ(画像:カーメイトの発表資料より)

カーメイト(東京都豊島区)は20日、ドライブアクションレコーダー「ダクション 360」シリーズにて、Amazonの人工知能アシスタント「Alexa(アレクサ)」に対応したスキルの提供を開始した。 12/23 13:05

1日、日経トレンディが「2018年ヒット商品ベスト30」を発表した。 11/04 21:36

前方を走行する車に対し進路を譲るよう強要する、いわゆる「あおり運転」への取締りが強化されている

前方を走行する車に対し進路を譲るよう強要する、いわゆる「あおり運転」への取締りが強化されている。 10/04 13:13

面白いデータが有ったので紹介したくなった。 08/17 07:57

英国では日本のドライブレコーダーに相当する「Dashcam(ダッシュ・カム)」が普及しつつあるそうだ。 07/07 23:55

物流企画サポートがトラックドライバーを対象に「あおり運転」の被害経験の有無を調査。71.1%が「経験あり」と回答。「社速を守る」という業界の安全への取り組みを広くアピールすべきとの意見も。

昨年6月に発生したあおり運転に端を発する死亡事故で「あおり運転」、「危険運転」が注目を浴び、ドライブレコーダーの販売が急増するなど社会問題化した。 06/11 11:35

トヨタとパーク24が、東京都心でカーシェアリングサービスの業務提携を開始する。写真はトライアルに使用する車両「C-HR」

トヨタ自動車とパーク24株式会社は、東京都心の一部におけるカーシェアリングサービスの業務提携を開始する。 04/07 09:46

自動運転車が事故を起こした場合、その責任がどこにあるのか、考え方・法整備など課題が山積している。 04/05 21:14

トヨタの新しいタクシー専用車「JPN TAXI」が走り始めた2018年東京、トヨタと「トランスポーテーション・プラットフォーマー」のJapanTaxiが協働で日本のタクシー変革を目指す

トヨタ自動車と、JapanTaxi株式会社は、タクシー業界全体の活性化・効率化に向けて、タクシー事業者向けサービスの共同開発等を検討する旨の基本合意書を締結したと発表した。 02/14 12:17

GfKジャパンはドライブレコーダーの需要変化と危険運転に関する消費者調査の結果を発表。10月以降ドライブレコーダーの販売が急増している。非保有者の半数近くが今後の購入を検討中。

今年6月、あおり運転が原因で起きた東名高速道路の死亡事故が秋頃よりマスコミで話題となり、その影響でドライブレコーダーを取り付けるドライバーが急増しているようだ。 12/26 17:15

「NISSAN e-シェアモビ」サービスは、2018年1月にまず約30のステーションで始まる。街の駐車場でこのような光景が来年見られる

日産自動車は、ニッサン・インテリジェント・モビリティの取り組みを特徴としたカーシェアリングサービス、「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日から開始すると発表した。 12/11 12:26

写真はレーン別渋滞情報のスマートフォン表示イメージ。情報を表示可能な場所に近づくと、渋滞しているレーンを色で表示し、同時に音声で知らせ、タップすると映像がポップアップする

トヨタと社団法人・全国ハイヤー・タクシー連合会、KDDIが協働で、2017年4月から実証実験を開始・実施していたのを覚えておられるだろうか。 10/25 10:55

 1 2  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告