1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(7)

企業リサーチのニュース(ページ 7)一覧

rss

■業績動向 1. 2020年3月期の連結業績概要 nmsホールディングス<2162>の2020年3月期の連結業績は、売上高が前期比8.4%増の62,611百万円、営業利益が同67.8%増の920百万円、経常利益が同4.8%減の541百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同32.5%減の280百万円であった。 07/03 17:43

■会社概要 ● 沿革と会社概要 1985年に人材サービスを基盤に創業したnmsホールディングス<2162>は、2007年にJASDAQに上場した。 07/03 17:42

■要約 nmsホールディングス<2162>は、歴史に刻まれる事業環境の大変化を好機とし、攻めの施策で成長基盤の構築を図っている。 07/03 17:41

■株主還元策 ディーエムソリューションズ<6549>は、新規事業の立ち上げや既存事業の拡大投資などの資金ニーズから、現在、配当を実施していない。 07/03 15:18

■業績見通し 1. 2021年3月期の業績見通し 2021年3月期の業績予想について、ディーエムソリューションズ<6549>は売上高13,949百万円(前期比3.8%増)、営業利益200百万円(同5.7%減)、経常利益197百万円(同7.1%減)、当期純利益126百万円(前期は102百万円の損失)と増収を見込んでいる。 07/03 15:17

■今後の取り組み 1. ダイレクトメール事業の取り組み 顧客が大企業になるほど企業数が少なく1社当たりの広告量が多くなり、小企業になるほど企業数は増えるが広告量が少なくなる。 07/03 15:16

■業績動向 1. 2020年3月期の業績動向 ディーエムソリューションズ<6549>の2020年3月期の業績は、売上高13,433百万円(前期比10.3%増)、営業利益212百万円(同29.4%減)、経常利益212百万円(同29.0%減)、当期純損失102百万円(前期は200百万円の利益)となった。 07/03 15:15

■事業概要 4. 強みと課題 ディーエムソリューションズ<6549>のダイレクトメール事業は営業力、価格競争力、受託能力、フルフィルメントに強みがあり、インターネット事業は、進化の早い技術・サービス・制度に対して経験値を積み上げているところだが、バーティカルメディアが強みを発揮し始めている。 07/03 15:14

■事業概要 1. 事業セグメント ダイレクトメール事業は、メール便や各種割引郵便、宅配便の発送代行が主力事業である。 07/03 15:13

■会社概要 1. 会社概要 ディーエムソリューションズ<6549>は「つなぐ」をキーワードに、ダイレクトメールとインターネット広告を通じて顧客企業とエンドユーザー(消費者・企業)をつなぐ事業を行っている。 07/03 15:12

■要約 1. ダイレクトメールとインターネット広告が両輪 ディーエムソリューションズ<6549>は、ダイレクトメールとインターネット広告を通じて、顧客企業とエンドユーザー(消費者・企業)をつなぐ事業を行っている。 07/03 15:11

■テリロジー<3356>の今後の見通し 3. 売上高50億円突破を見据えてパートナー戦略を加速 「売上高50億円規模を視野に入れたエクストラ事業戦略」では、1)M&A・事業アライアンス戦略の積極対応による事業拡大、2)インバウンド・ソリューション事業の協業の加速化、3)先端技術ソーシング連携戦略の強化(米国、イスラエルほか)による新商材の追加市場投入、を推進していく。 07/03 15:08

■今後の見通し 1. 2021年3月期業績の会社計画公表値は必達目標 テリロジー<3356>は2021年3月期の連結業績について、売上高が前期比3.2%増の4,180百万円、営業利益が同24.2%減の200百万円、経常利益が同30.6%減の200百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同34.8%減の140百万円と増収減益見込みを公表している。 07/03 15:07

*15:06JST テリロジー Research Memo(6):2020年3月期は3期連続増収増益。 07/03 15:06

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む

広告

広告