1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(7)

企業リサーチのニュース(ページ 7)一覧

rss

■会社概要 3. 業種別売上構成 ALBERT<3906>は重点産業分野として、自動車、製造(自動車除く)、通信、流通・インフラ、金融の5つの分野での取り組みを強化し、特定業種の好不況の影響に左右されない安定した収益基盤を構築することを目指している。 11/11 15:24

■会社概要 2. 事業内容 ALBERT<3906>は、1)顧客ごとに特化したビッグデータ分析、アルゴリズム開発、AIのシステム実装等を提供するプロジェクト型サービス、2)幅広い顧客を対象とするAIを搭載した汎用的な自社プロダクトの提供、3)データサイエンティストの育成支援、の3つの事業サービスを展開している。 11/11 15:23

■会社概要 1. 会社沿革 ALBERT<3906>は2005年の設立で、家電商品選択支援サイト「教えて!家電」の開発・運営からスタートした。 11/11 15:22

■要約 ALBERT<3906>は、日本屈指のデータサイエンスカンパニー※として、「顧客ごとに特化したビッグデータ分析、アルゴリズム開発、AIのシステム実装等を提供するプロジェクト型サービス」「幅広い顧客を対象とするAIを搭載した汎用的な自社プロダクトの提供」「データサイエンティスト育成支援」の3つの事業サービスを展開する。 11/11 15:21

■株主還元 丸運<9067>は、中長期的企業価値向上の観点から最適資本構成を考えながら、収益性と財務基盤の健全性の両面を追求しており、株主還元については資本政策の一環として企業価値向上のために必要な投資を考慮しながら実行することを基本としている。 11/11 15:07

■丸運<9067>の今後の課題・展望 4. 海外事業の今後 現在、中国には丸運国際貨運代理(上海)、丸運安科迅物流(常州)、丸運物流(天津)の3現地法人、5拠点がある。 11/11 15:06

■丸運<9067>の今後の課題・展望 運送業界は、景気動向といった経済的な要因のほかに、ドライバー不足問題や働き方改革への対応等対処すべき課題があるが、石油関連の輸送の取り扱いも多いことから、石油業界の再編による影響を受けるのが特徴だ。 11/11 15:05

■業績動向 1. 2021年3月期第2四半期累計の業績動向 丸運<9067>の2021年3月期第2四半期累計業績は、営業収益が前年同期比11.1%減の22,334百万円、営業損失は43百万円(前年同期は380百万円の利益)、経常損失は7百万円(同457百万円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は16百万円(同316百万円の利益)となった。 11/11 15:04

■会社の概要・沿革 2. 事業の概要 以下、その他を含めた5つのセグメントをさらに詳細に分けた、個々の事業について紹介する。 11/11 15:03

■会社の概要・沿革 1. 沿革 丸運<9067>の創業は明治25年(1892年)9月で、130年近い歴史がある老舗の運送会社である。 11/11 15:02

■要約 1. 会社概要 丸運<9067>は創業から130年近い老舗の運送会社で、ENEOSホールディングス<5020>の関係会社である。 11/11 15:01

■株主還元策 クリーク・アンド・リバー社<4763>は株主還元策として安定配当を基本方針としており、配当性向で20%を目安に配当を実施している。 11/10 15:11

■中長期の成長戦略 1. 今後の事業戦略 クリーク・アンド・リバー社<4763>はプロフェッショナル分野という定義で、テレビ・映像、ゲーム、Web、医療、会計、法曹等多くの分野で事業を展開しているが、今後は既存事業領域の深掘りに加えて周辺領域への展開をさらに進めていく方針となっている。 11/10 15:10

■クリーク・アンド・リバー社<4763>の業績見通し 2. 事業セグメント別見通し (1) クリエイティブ分野(日本) クリエイティブ分野(日本)の売上高は前期比8.9%増の26,800百万円、営業利益は同24.4%増の1,635百万円を見込む。 11/10 15:09

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告