1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(5)

企業リサーチのニュース(ページ 5)一覧

rss

■主要開発パイプラインの動向 アンジェス<4563>の主要開発パイプラインは、HGF遺伝子治療用製品、NF-κBデコイオリゴ、DNA治療ワクチン等がある。 09/12 15:33

■会社概要 1. 会社沿革 アンジェス<4563>は1999年に設立された大阪大学発のバイオベンチャーで、HGF遺伝子(肝細胞増殖因子)の投与による血管新生作用の研究成果を事業化することを目的に設立された。 09/12 15:32

■要約 アンジェス<4563>は、1999年に設立された大阪大学発の創薬ベンチャー。 09/12 15:31

■株主還元策 クロス・マーケティンググループ<3675>は、配当による株主への利益還元を安定的に継続しながら、現在の旺盛な資金需要、今後の事業投資計画などに鑑み、「連結配当性向15%前後を目安に配当金額を決定する」こととしている。 09/12 15:08

■業績動向 4. 2019年12月期の業績見通し クロス・マーケティンググループ<3675>は2019年12月期業績見通しについて、売上高20,000百万円(前期比14.3%増)、営業利益1,250百万円(同30.9%増)、経常利益1,109百万円(同32.0%増)、親会社株主に帰属する当期純損失490百万円(前期は506百万円の当期純利益)を見込んでいる。 09/12 15:07

■業績動向 2. 2019年12月期第2四半期の業績動向 クロス・マーケティンググループ<3675>の2019年12月期第2四半期の業績は、売上高8,808百万円(前年同期比2.3%増)、営業利益423百万円(同7.7%減)、経常利益340百万円(同16.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純損失954百万円(前年同期の親会社株主に帰属する四半期純利益は186百万円)となった。 09/12 15:06

■業績動向 1. 2019年12月期における各事業の取り組み (1) 強みを打ち出す好機到来 クロス・マーケティンググループ<3675>は、持続的な成長を実現するため、成長領域における積極的な事業拡大、収益力強化に向けた投資などを行うとともに、更なるグループシナジーを追求するなど、様々な取り組みを進めている。 09/12 15:05

■ビジネスモデル 1. 収益構造 クロス・マーケティンググループ<3675>の収益源を分解すると、ディレクターとリサーチャーが売上原価、セールスや本部(共通部分)が販管費に計上される。 09/12 15:04

■会社概要 4. リサーチ事業 (1) リサーチの流れ マーケティングリサーチの流れは、一般的に1)調査の背景や目的のヒアリングと調査目的を達成するための手法の整理、2)調査票の企画・設計のサポートと調査票の目的の確認、3)品質追求を目的にした各工程における実査、4)的確なプランニングと集計分析、5)調査結果を詳細に分析するレポート、6)解決のためのアクションを導くディスカッション——という流れになっている。 09/12 15:03

■会社概要 1. 事業概要 クロス・マーケティンググループ<3675>の事業セグメントはリサーチ事業、ITソリューション事業、その他の事業の3つである。 09/12 15:02

■要約 クロス・マーケティンググループ<3675>は、リサーチ事業、ITソリューション事業、その他の事業と3つの事業を展開している。 09/12 15:01

■ベンチマーキング タカラレーベン・インフラ投資法人<9281>は投資主還元策として年2回、半年ごとに高水準の分配金の支払いを予定している。 09/11 15:37

■成長戦略 1. 外部成長戦略 タカラレーベン・インフラ投資法人<9281>では、スポンサーであるタカラレーベンが培った太陽光発電事業全般における運営ノウハウを享受するとともに、タカラアセットマネジメント独自のノウハウの活用により、中長期的に新たな発電所取得による利益成長(外部成長)が可能である。 09/11 15:36

■タカラレーベン・インフラ投資法人<9281>の今後の見通し 今後の日本経済については、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やかな回復が続くことが期待される。 09/11 15:35

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告