1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(5)

企業リサーチのニュース(ページ 5)一覧

rss

■アイル<3854>の事業概要 5. 売上成長と利益拡大に向けた施策 売上成長と利益拡大に向けた施策として、既存製品のバージョンアップ、様々な分野のビジネスパートナーとのサービス連携などの戦略を推進している。 10/15 15:15

■今後の見通し 2. 2020年12月期の業績見通し アイ・エス・ビー<9702>の2020年12月期の連結業績は、売上高で前期比9.4%増の24,631百万円、営業利益で同28.4%増の1,533百万円、経常利益で同28.8%増の1,581百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同34.4%増の851百万円と期初計画から上方修正している。 10/15 15:15

■今後の見通し (2) 重点戦略 中期経営計画の中で重点戦略として掲げていたのが、1)プロダクト事業の展開と拡大、2)高付加価値業務へのシフト、3)コスト競争力強化、4)グループ経営戦略強化、の4点となり、進捗状況は以下のとおりとなっている。 10/15 15:14

■アイル<3854>の事業概要 3. CROSS-OVERシナジー戦略 顧客に対する提案をより効果的に進めるとともに、強力なシナジー効果を生み出すため、リアル(システムソリューション事業)とWeb(Webソリューション事業)の両面から、顧客ニーズに合わせた複合提案を行い、中堅・中小企業の経営力アップを支援するCROSS-OVERシナジー戦略を特徴としている。 10/15 15:14

■アイル<3854>の事業概要 1. サービス概要 中堅・中小企業を主たる顧客対象として、基幹システム構築、システムサポート保守、ネットワーク構築、人材教育、Webコンサルティング、ECサイト構築、基幹業務パッケージソフト、複数ECサイト一元管理ソフト、実店舗とECの顧客・ポイント一元管理ソフトなど、人材採用・教育支援も含めた幅広い分野において、ITの有効活用が必要な中堅・中小企業の経営課題を解決するための商材をリアルとWebの両面から複合提案するCROSS-OVERシナジー戦略で、顧客の抱える経営課題全般に対してITを通じたトータルシステムソリューションを展開している。 10/15 15:13

■アイ・エス・ビー<9702>の今後の見通し 1. 「中期経営計画2020」の業績目標と重点戦略 (1) 業績目標値 2018年12月期からスタートした3ヶ年の中期経営計画では、2020年の創立50周年を節目の年とし、次の50年に向けての橋渡しの期間と位置付け、「次世代」の創生を意識した経営に取り組んでいくことを基本方針とした。 10/15 15:13

■業績動向 1. 2020年12月期第2四半期累計業績の概要 アイ・エス・ビー<9702>の2020年12月期第2四半期累計の連結業績は、売上高で前年同期比10.4%増の12,131百万円、営業利益で同51.4%増の883百万円、経常利益で同50.5%増の905百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益で同52.8%増の497百万円と2ケタ増収増益となり、半期ベースで過去最高業績を更新した。 10/15 15:12

■会社概要 1. 会社概要 アイル<3854>は中堅・中小企業を主たる顧客対象として、企業の経営力アップを支援するトータルシステムソリューション企業である。 10/15 15:12

■要約 アイル<3854>は中堅・中小企業を主たる顧客対象として、企業の経営力アップを支援するトータルシステムソリューション企業である。 10/15 15:11

■要約 アイ・エス・ビー<9702>は1970年創業の独立系情報サービス企業。 10/15 15:11

■中期経営計画 1. 中期経営計画の概要 シンバイオ製薬<4582>が2020年2月に発表した3ヶ年の中期経営計画では、2021年12月期の営業利益の黒字化を計画している。 10/14 15:08

■シンバイオ製薬<4582>の業績動向 3. 財務状況 2020年12月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比1,311百万円増加の6,585百万円となった。 10/14 15:07

■業績動向 1. 2020年12月期第2四半期累計業績の概要 シンバイオ製薬<4582>の2020年12月期第2四半期累計業績は、売上高で前年同期比32.1%減の1,360百万円、営業損失で1,839百万円(前年同期は2,015百万円の損失)、経常損失で1,883百万円(同2,069百万円の損失)、四半期純損失で1,884百万円(同2,069百万円の損失)となった。 10/14 15:06

■シンバイオ製薬<4582>の開発パイプラインの動向 3. ブリンシドフォビル(注射剤/経口剤) (1) ブリンシドフォビルの概要とライセンス契約について 「BCV」は、サイトメガロウイルス網膜炎治療薬等で知られているシドフォビル(CDV)に脂肪鎖を結合した構造となっており、CDVよりも高活性の抗ウイルス効果が得られるほか、幅広いウイルスに対して抗ウイルス活性を持つこと、優れた安全性を持つことなどが特徴となっている。 10/14 15:05

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告