1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(3)

企業リサーチのニュース(ページ 3)一覧

rss

■中長期の成長戦略 1. 今後のビジョン 地道な人材育成と技術開発・品質管理体制の着実な整備を進め、オンリーワン(不二=2つとない)企業を目指す。 04/07 15:16

■今後の見通し 1. 2020年12月期の業績見通し 不二精機<6400>の2020年12月期会社予想は売上高7,447百万円(前期比13.0%増)、営業利益425百万円(同9.8%増)、経常利益385百万円(同12.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益337百万円(同16.3%増)とした。 04/07 15:15

■業績動向 1. 2019年12月期の業績概要 不二精機<6400>の2019年12月期連結業績は売上高6,592百万円(前期比7.2%増)、営業利益387百万円(同7.5%減)、経常利益342百万円(同28.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益289百万円(同62.9%増)となった。 04/07 15:14

■会社概要 2. 事業内容 不二精機<6400>事業は射出成形用精密金型及び成形システム事業と精密成形品その他事業に分類され、2019年12月期における売上高は、射出成形用精密金型及び成形システム事業が2,921百万円(構成比44.3%)、精密成形品その他事業が3,671百万円(同55.7%)となっている。 04/07 15:13

■会社概要 1. 会社沿革並びに事業概要 不二精機<6400>は、1955年3月、初代伊井幸雄(いいゆきお)氏が個人企業「三協金型製作所」として創業した。 04/07 15:12

■要約 1. 精密プラスチック金型の製造を専業として売上を拡大 不二精機<6400>は、1965年(昭和40年)に大阪市生野区で精密プラスチック金型の製造及び販売を目的に設立。 04/07 15:11

■ノムラシステムコーポレーション<3940>の株主還元 無借金経営であること及び事業規模に照らすと、キャッシュリッチな企業と見ることができる。 04/06 17:03

■当面の事業展開 現在の主力である「SAP ERP 6.0」は2025年にメンテナンス終了予定となっており、ノムラシステムコーポレーション<3940>では、「SAP S/4HANA」へ完全切替えとなる2025年までを大きく成長する8年として位置付けている。 04/06 16:58

■業績動向 ノムラシステムコーポレーション<3940>は、1986年2月に設立され、企業のオープン化コンサルティング業務、それに関連するソリューション提供業務などを展開し、発展を遂げてきた。 04/06 16:56

■中期経営計画 1. 中期経営計画 シンバイオ製薬<4582>は2020年2月に2022年12月期を最終年度とする3ヶ年の中期経営計画を発表した。 04/03 15:17

■シンバイオ製薬<4582>の業績動向 3. 財務状況 2019年12月期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比965百万円減少の5,273百万円となった。 04/03 15:16

■業績動向 1. 2019年12月期の業績概要 シンバイオ製薬<4582>の2019年12月期の売上高は前期比26.0%減の2,837百万円、営業損失は4,301百万円(前期は2,656百万円の損失)、経常損失は4,376百万円(同2,748百万円の損失)、当期純損失は4,376百万円(同2,752百万円の損失)となった。 04/03 15:15

■シンバイオ製薬<4582>の会社概要 (2) リゴセルチブ(注射剤/経口剤) 「リゴセルチブ」はユニークなマルチキナーゼ阻害作用(がん細胞の増殖、浸潤及び転移に関与する複数のキナーゼを阻害することによりがん細胞を死に至らしめる作用)を有する抗がん剤で、高リスクの骨髄異形成症候群を適応症として開発を進めている。 04/03 15:14

■シンバイオ製薬<4582>の会社概要 2. 開発パイプラインの動向 (1) 「トレアキシン(R)」(一般名:ベンダムスチン塩酸塩) 「トレアキシン(R)」は悪性リンパ腫向けの抗がん剤となる。 04/03 15:13

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告