1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(3)

企業リサーチのニュース(ページ 3)一覧

rss

■業績動向 1. 2019年11月期連結決算概要 ネクスグループ<6634>は2020年1月17日に2019年11月期の連結業績を発表した。 02/20 15:25

■ネクスグループ<6634>の強みと事業リスク 1. 強み 同社グループの強みとして、以下が挙げられる。 02/20 15:24

■事業概要 以下、セグメント別に事業概要を述べる。 02/20 15:23

■会社概要 1. 会社概要 ネクスグループ<6634>は、ファブレス型の通信機器メーカーであるネクス、インターネットで旅行代理店事業を展開するイー・旅ネット・ドット・コム、介護事業に関連する業務や情報を一元管理するシステムCareOnlineを運営・展開するケア・ダイナミクス、エスニックファッションや雑貨の輸入販売を手掛けるチチカカなどを擁するホールディングカンパニー。 02/20 15:22

■要約 ネクスグループ<6634>は、ファブレス型の通信機器メーカーである(株)ネクス、インターネットで旅行代理店事業を展開するイー・旅ネット・ドット・コム(株)、介護事業に関連する業務や情報を一元管理するシステム CareOnlineを運営・展開する(株)ケア・ダイナミクス、エスニックファッションや雑貨の輸入販売を手掛ける(株)チチカカなどを擁するホールディングカンパニー。 02/20 15:21

■株主還元策 アサヒ衛陶<5341>は、株主への還元を経営の重要な課題と認識しつつも、企業の体質強化と将来の事業展開とリスクに備えるべく、内部留保を充実させ将来の株主利益の確保に配慮する段階にある。 02/20 15:08

■中長期の成長戦略 2. アサヒ衛陶<5341>の海外事業展開 新中期経営計画の海外事業では、ベトナムを中心とした受注見込み工事案件(約24億円)の確実な取り込みを掲げている。 02/20 15:07

■中長期の成長戦略 1. アサヒ衛陶<5341>の新中期経営計画 2019年8月に「中期経営計画2020年~2022年」を発表した。 02/20 15:06

■今後の見通し ● 2020年11月期の業績見通し アサヒ衛陶<5341>の2020年11月期通期予想は、売上高が前期比1.1%減の2,400百万円、営業利益が70百万円、経常利益が同60百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が45百万円を見込んでおり、売上総利益率は35.6%を想定している。 02/20 15:05

■業績動向 1. 2019年11月期の業績概要 (1) 決算概況 アサヒ衛陶<5341>の2019年11月期の連結業績は、売上高が前期比15.6%減の2,426百万円、営業損失が281百万円(前期は165百万円の損失)、経常損失が316百万円(同182百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が371百万円(同375百万円の損失)となった。 02/20 15:04

■アサヒ衛陶<5341>の事業概要 1. 事業概要 2009年に本社衛陶工場を閉鎖しており、現在は中国、韓国、台湾、ベトナム、タイの生産委託先から商品をグローバル調達するファブレスメーカーとなる。 02/20 15:03

■会社概要 1. 会社概要 1950年に大阪市で設立されたアサヒ衛陶<5341>は、衛生陶器、水栓金具の中堅企業である。 02/20 15:02

■要約 アサヒ衛陶<5341>は、300年前の江戸時代享保年間に創業された屋根瓦製造販売業の流れを汲み、会社設立から70年が経過している衛生陶器、水栓金具の中堅企業である。 02/20 15:01

■株主還元 ティーケーピー<3479>では、現在は先行投資の段階にあり、事業展開のスピードを高め、規模の拡大に伴って必要な資金を確保する観点から、当面は利益配当を実施せず、内部留保に努め、事業拡大に必要な資金の確保を優先する方針としている。 02/19 15:11

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告