1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(3)

企業リサーチのニュース(ページ 3)一覧

rss

■オンコリスバイオファーマ<4588>の開発パイプラインの動向 1. テロメライシン (1) 概要 テロメライシンは、テロメラーゼ活性の高いがん細胞で特異的に増殖し、がん細胞を破壊する遺伝子改変型アデノウイルスのことで、腫瘍溶解性ウイルス製剤の一種である。 12/03 15:14

■開発パイプラインの動向 オンコリスバイオファーマ<4588>は、がんや重症感染症等の医療ニーズ充足に貢献すべく、ウイルス遺伝子改変技術を活用した新規がん治療薬、新規がん検査薬の開発を行っている。 12/03 15:13

■会社概要 1. 会社沿革 オンコリスバイオファーマ<4588>は、2004年に設立されたバイオベンチャーで、「Virology(ヴィロロジー/ウイルス学)に立脚した創薬」を事業コンセプトとして、医薬品事業及び検査事業を両輪とした研究開発を進めている。 12/03 15:12

■要約 オンコリスバイオファーマ<4588>は、腫瘍溶解ウイルスによる新規がん治療薬(テロメライシン)や新規がん検査薬(テロメスキャン)の開発を目的に2004年に設立されたバイオベンチャーである。 12/03 15:11

■株主還元策 ナフコ<2790>の株主還元については、経営体質の改善と今後の事業展開の強化を図りながら、収益を重視した企業活動による財務体質の改善及び安定配当の継続に努めることを基本方針としている。 12/03 15:07

■ESG関連の取り組み ナフコ<2790>のESG関連の取り組みとしては、地域密着型店舗による商品供給ネットワークを活用し、ホームセンターならではの物資調達・供給によって、地震・豪雨・停電などの対策から復旧まで対応する地域の防災拠点としての役割を果たしている。 12/03 15:06

■今後の見通し ● 2021年3月期の業績見通し ナフコ<2790>の2021年3月期通期の業績予想については2回上方修正している。 12/03 15:05

■業績動向 1. 2021年3月期第2四半期累計業績の概要 ナフコ<2790>の2021年3月期第2四半期累計業績は、売上高が前年同期比9.7%増の126,865百万円、営業利益が同154.8%増の13,711百万円、経常利益が同146.3%増の13,910百万円、四半期純利益が同158.1%増の8,465百万円となった。 12/03 15:04

■事業概要 ナフコ<2790>は、経営理念として「お客様満足度100%」を掲げており、地域の顧客の生活を守り、日々の暮らしに欠かせない生活必需品を販売する社会的インフラと位置付ける。 12/03 15:03

■会社概要 ナフコ<2790>は福岡県北九州市に本社を置き、HC及び家具・ホームファッション小売業を展開している家具・HC業界の大手である。 12/03 15:02

*15:01JST ナフコ Research Memo(1):九州地区が地盤の家具・ホームセンター大手。 12/03 15:01

■業績動向 3. 2021年3月期の業績見通し Jストリーム<4308>は、2021年3月期業績見通しに関して、売上高11,900百万円(前期比41.0%増)、営業利益1,800百万円(同229.0%増)、経常利益1,800百万円(同220.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,200百万円(同381.5%増)と見込んでいる。 12/01 15:49

■業績動向 1. 2021年3月期第2四半期の業績動向 Jストリーム<4308>の2021年3月期第2四半期の業績は、売上高5,640百万円(前年同期比55.8%増)、営業利益934百万円(同557.5%増)、経常利益941百万円(同504.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益607百万円(同1286.8%増)と驚異的な伸びとなった。 12/01 15:48

■事業戦略 3. 事業戦略を背景とした最近の事業展開 以上のような戦略をベースに、2021年3月期第2四半期も様々な取り組みを進めている。 12/01 15:47

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告