1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(4)

企業リサーチのニュース(ページ 4)一覧

rss

■平和不動産リート投資法人<8966>の中長期の成長戦略 1. 中期目標 2018年5月期より新たな目標として分配金2,500円/口、資産規模2,000億円を掲げ、分配金については2020年11月期(第38期)までの達成を目指している。 08/20 15:05

■企業特長 1. 時代の先を読む先見性 テクノスジャパン<3666>の強みの源泉は、時代の先を読み、他社に先駆ける先見性にあると言える。 08/20 15:04

■今後の見通し ● 2019年11月期と2020年5月期の業績予想 平和不動産リート投資法人<8966>の2019年11月期(第36期)の業績は、営業収益6,097百万円(前期比4.5%減)、営業利益2,733百万円(同10.0%減)、経常利益2,270百万円(同12.0%減)、当期純利益2,269百万円(同12.0%減)の見通しだ。 08/20 15:04

■会社概要 2. グループビジネス体制 同社グループは、テクノスジャパン<3666>のほかに、連結子会社6社で構成されている(2019年7月末現在)。 08/20 15:03

■平和不動産リート投資法人<8966>の業績動向 1. 2019年5月期の業績概要 当期における国内経済は、米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題等、海外における政治経済動向による不確実性の高まりの懸念材料を抱えてきたものの、引き続き企業収益の改善に伴う設備投資の増加、雇用・所得環境の着実な改善に伴う個人消費の緩やかな増加等により堅調に推移し、全体としては緩やかな回復基調を維持した。 08/20 15:03

■会社概要 1. 事業概要 テクノスジャパン<3666>は、ERP関連事業を主力とするほか、ビッグデータ・IoT・ブロックチェーン等の活用を含めたDX推進事業やグローバルビジネスの拡大にも注力する独立系のICTシステムサービス企業である。 08/20 15:02

■特長・優位性 1. 概要 平和不動産リート投資法人<8966>は、平和不動産グループの投資法人であり、東京都区部を中心とする、オフィス・レジデンス複合型REITだ。 08/20 15:02

■要約 1. 会社概要 テクノスジャパン<3666>は、ERP(基幹業務システム)導入支援関連事業(以下、ERP関連事業)を主力とするほか、ビッグデータ・IoT・ブロックチェーン等の活用を含めたデジタルトランスフォーメーション(DX)推進事業(以下、DX推進事業)を柱に、グローバルビジネスの拡大にも注力する独立系のICTシステムサービス企業である。 08/20 15:01

■要約 1. 東京都区部に集中投資、平和不動産のサポートが大きな強み 平和不動産リート投資法人<8966>は、平和不動産<8803>グループの投資法人であり、中小規模の事業所数が多く、人口増加傾向も続く東京都区部を中心に、オフィス及びレジデンスに集中的に投資する複合型REITだ。 08/20 15:01

■事業概要 エクスモーション<4394>は自動車やロボット、医療機器等の製品に組み込まれる「組込みソフトウェア」の品質改善に特化したコンサルティング事業を展開している。 08/19 16:01

■株主還元策 エクスモーション<4394>は2019年6月1日を効力発生日として1:2の株式分割を実施した。 08/19 15:46

■エクスモーション<4394>の業績動向 3. 成長戦略 今後の事業展開としては、主力の自動車業界向けでCASE分野を中心とした先進機能の開発支援需要を確実に取り込みながら、その他業界へと顧客の裾野を拡げていくことでコンサルティング事業の高成長を実現し、また、投資余力が付いた段階で現在はコンサルティング事業のドアオープナー的な位置付けとなっている教育事業やツール事業についても強化し、収益基盤を拡充しながら高成長を目指す戦略となっている。 08/19 15:45

■業績動向 2. 2019年11月期の業績見通し エクスモーション<4394>の2019年11月期業績は売上高で前期比19.1%増の993百万円、営業利益で同21.6%増の177百万円、経常利益で同22.7%増の179百万円、当期純利益で同22.7%増の121百万円と期初計画を据え置いているが、第2四半期までの進捗率や足元の受注環境、コンサルティング要員の採用状況などを考慮すれば計画は保守的と見られる。 08/19 15:44

■業績動向 1. 2019年11月期第2四半期累計業績の概要 エクスモーション<4394>の2019年11月期第2四半期累計業績は、売上高で前年同期比18.9%増の467百万円、営業利益で同11.2%増の97百万円、経常利益で同10.1%増の98百万円、四半期純利益で同15.9%増の67百万円と増収増益となり、会社計画に対しても売上高、利益ともに上回って着地した。 08/19 15:43

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告