1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(9)

企業リサーチのニュース(ページ 9)一覧

rss

■会社概要 2. 沿革 (1) AOI Pro. AOI TYO Holdings<3975>の歴史は古く、1963年にテレビCM制作を目的とする(株)葵プロモーションとして、東京都港区に設立されたことに遡る。 03/26 15:53

■会社概要 1. 事業概要 AOI TYO Holdings<3975>は、AOI Pro.とTYOを傘下に持つ共同持株会社であり、テレビCMの企画・制作をはじめ、広告主直接取引や動画コンテンツマーケティングを軸とした「ソリューション事業」などを手掛けている。 03/26 15:52

■要約 1. 会社概要と設立の経緯 AOI TYO Holdings<3975>は、株式会社AOI Pro.と株式会社ティー・ワイ・オー(TYO)の経営統合により2017年1月に設立された共同持株会社である。 03/26 15:51

■株主還元策 クロス・マーケティンググループ<3675>は、株主に対する利益還元を経営上の重要な課題のひとつとして認識している。 03/26 15:17

■業績見通し 1. 12月決算から6月決算に決算期を変更 クロス・マーケティンググループ<3675>は、セグメント変更と同時に、2021年から決算期を12月から6月に変更することとした。 03/26 15:16

■クロス・マーケティンググループ<3675>の業績動向 3. 2020年12月期の注力施策 デジタルトランスフォーメーションに対応すべく、テクノロジーを生かした事業展開を進め、既存事業の収益力や競争力の強化を推進した。 03/26 15:15

■業績動向 1. 2020年12月期の業績動向 クロス・マーケティンググループ<3675>の2020年12月期の業績は、売上高15,985百万円(前期比14.0%減)、営業利益986百万円(同22.2%減)、経常利益1,078百万円(同6.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益467百万円(前期は477百万円の損失)となった。 03/26 15:14

■事業内容 1. 事業セグメントの変更 2021年12月期初にクロス・マーケティンググループ<3675>は事業セグメントの変更を行った。 03/26 15:13

■会社概要 1. 事業概要 クロス・マーケティンググループ<3675>は、子会社の経営管理を通じてリサーチやマーケティングソリューションなどの事業を展開する持株会社である。 03/26 15:12

■要約 1. デジタルトランスフォーメーションにより様変わりする環境や顧客ニーズに対応 クロス・マーケティンググループ<3675>は、子会社の経営管理を通じてリサーチやマーケティングソリューションなどの事業を展開する持株会社である。 03/26 15:11

■株主還元策 ビーロット<3452>は株主還元策として配当を実施している。 03/26 15:08

■成長戦略・トピックス 1. 中期経営計画 ビーロット<3452>は、2023年12月期を最終年度とする3ヵ年の中期経営計画を発表した。 03/26 15:07

■今後の見通し 2021年12月期通期の連結業績予想については、売上高で前期比18.1%減の21,700百万円、営業利益で同18.0%増の2,030百万円、経常利益で同27.7%増の1,320百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同152.9%増の870百万円を見込んでいる。 03/26 15:06

■業績動向 1. 2020年12月期通期の業績概要 ビーロット<3452>の2020年12月期通期の連結業績は、売上高で前期比5.4%増の26,481百万円、営業利益で同56.8%減の1,719百万円、経常利益で同70.7%減の1,033百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同85.8%減の344百万円と増収を達成するも、コロナ禍の影響を受け、上場来初の減益となった。 03/26 15:05

■株主還元 大幸薬品<4574>は、堅実な成長性を維持する事業展開と安定的な経営体力維持のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を維持していくことを基本方針とし、連結業績も反映した配当政策としている。 03/26 15:04

■事業内容 1. 不動産投資開発事業 不動産投資開発事業はビーロット<3452>の主力事業である。 03/26 15:04

■ビーロット<3452>の市場動向 不動産市況は、物件タイプによりコロナ禍の影響が異なる。 03/26 15:03

■トピックス 1. 新型コロナウイルスに対する効果確認 大幸薬品<4574>では、二酸化塩素(クレベリンの主要成分)の新型コロナウイルスに対するエビデンスを取得しているが、これは「クレベリン」のブランド認知や信用の向上に寄与するものであり、BtoB事業の成長にもプラスに働くと考えられる。 03/26 15:03

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告