1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(9)

企業リサーチのニュース(ページ 9)一覧

rss

*15:01JST アライドアーキ Research Memo(1):2019年12月期は各事業が順調。 03/23 15:01

■中期経営計画 アンジェス<4563>は長期ビジョンとして、「世界で認知される遺伝子治療・核酸医薬のスペシャリストとなること」、また、「治療法のない病気の新薬を実用化すること」の2点に取り組むことで遺伝子医薬のグローバルリーダーになることを目指している。 03/19 17:16

■アンジェス<4563>の業績動向 3. 財務状況と新たな資金調達について 2019年12月期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比4,473百万円増加の12,524百万円となった。 03/19 17:15

■業績動向 1. 2019年12月期の業績概要 アンジェス<4563>の2019年12月期の事業収益は前期比46.4%減の326百万円、営業損失は3,270百万円(前期は3,065百万円の損失)、経常損失は3,293百万円(同3,096百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失は3,750百万円(同2,996百万円の損失)となり、ほぼ会社計画どおりの着地となった。 03/19 17:15

■主要開発パイプラインの動向 3. 高血圧DNAワクチン DNA治療ワクチンの1つとして、高血圧症を対象としたDNAワクチンの開発を進めている。 03/19 17:13

■アンジェス<4563>の主要開発パイプラインの動向 2. NF-κBデコイオリゴ NF-κBデコイオリゴは、人工核酸により遺伝子の働きを制御する「核酸医薬」の一種で、生体内で免疫・炎症反応を担う「転写因子NF-κB」に対する特異的な阻害剤となる。 03/19 17:11

■主要開発パイプラインの動向 アンジェス<4563>の主要開発パイプラインは、HGF遺伝子治療用製品、NF-κBデコイオリゴ、DNA治療ワクチン等がある。 03/19 17:09

■株主還元 1. 配当の基本方針 アルプス技研<4641>は株主還元策として配当を実施している。 03/19 17:01

■中長期の成長戦略 1. 中長期成長ビジョン アルプス技研<4641>は、今後の事業展開の方向性について、「市場」と「事業・技術」を2軸として、それぞれ既存と新規の場合に分けた4象限のポートフォリオで説明している。 03/19 16:59

■アルプス技研<4641>の業績見通し 3. 業界動向と同社の位置付け 全国の派遣労働者数は、2008年リーマンショック時の202万人をピークに減少傾向にあったが、2013年に底を打ち、2017年時点では129万人となっている。 03/19 16:58

■業績見通し 1. 2020年12月期の業績予想 2020年12月期の業績予想についてアルプス技研<4641>は、売上高を前期比5.4%増の38,320百万円、営業利益を同6.4%増の4,270百万円、経常利益を同4.2%増の4,270百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同0.1%増の2,910百万円と増収増益を見込んでおり、引き続き最高業績を更新する見通しである。 03/19 16:57

■主なトピックス 1. 採用実績 アルプス技研<4641>成長のドライバーとなる人材の採用については、2019年新卒採用者が314名(前期は288名)、外国人材の採用が約80名※であった一方、質を重視したキャリア採用は150名弱(前期は150名)と若干前年を下回ったが、総じて順調と言える。 03/19 16:56

■業績動向 2. 2019年12月期業績の概要 アルプス技研<4641>の2019年12月期の連結業績は、売上高が前期比11.0%増の36,371百万円、営業利益が同11.9%増の4,014百万円、経常利益が同13.7%増の4,098百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同9.0%増の2,908百万円と期初予想を上回る2ケタの増収増益を実現し、6期連続で最高業績を更新した。 03/19 16:55

■業績動向 1. 過去の業績推移(連結) これまでの業績を振り返ると、技術社員数の拡大とともに順調に伸びてきた。 03/19 16:54

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告