1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(8)

企業リサーチのニュース(ページ 8)一覧

rss

■今後の見通し 1. 2021年12月期業績の見通し サイオス<3744>の2021年12月期の連結業績予想は、売上高で前期比4.4%増の15,500百万円、営業利益で同35.5%増の320百万円、経常利益で同36.5%増の350百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同19.4%減の250百万円を計画している。 03/29 15:25

■業績動向 3. 財務状況と経営指標 サイオス<3744>の2020年12月期末の総資産は前期末比1,519百万円増加の6,851百万円となった。 03/29 15:24

■業績動向 1. 2020年12月期業績の概要 サイオス<3744>の2020年12月期の連結業績は、売上高で前期比8.4%増の14,841百万円、営業利益で同329.9%増の236百万円、経常利益で同166.4%増の256百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同858.4%増の310百万円となり、売上高は10期連続の増収、営業利益、経常利益は4期ぶりの増益に転じた。 03/29 15:23

■会社概要 1. 会社沿革 サイオス<3744>はLinuxに代表されるOSSを活用したITシステム開発領域での事業展開を目的に1997年に設立された。 03/29 15:22

■要約 サイオス<3744>は、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)※1の開発と利用を軸に、OS、サーバー、アプリケーション、クラウドコンピューティングに関わるソフトウェア製品とサービスの提供を行っている。 03/29 15:21

■株主還元策 アイ・エス・ビー<9702>は株主還元を重要な経営課題として位置付けており、その具体的手段としては配当によることを第一義的なものとしている。 03/29 15:19

■今後の見通し 2. 2021年12月期の業績見通し アイ・エス・ビー<9702>の2021年12月期の連結業績は、売上高で前期比6.4%増の26,000百万円、営業利益で同7.7%増の1,770百万円、経常利益で同8.0%増の1,850百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同7.6%増の1,070百万円と増収増益となる見通し。 03/29 15:18

■今後の見通し (4) 重点戦略 中期経営計画の重点戦略として、「顧客開拓、有望分野の拡大」「ソリューション事業の創出」「グループ経営強化」の3点を掲げている。 03/29 15:17

■アイ・エス・ビー<9702>の今後の見通し 1. 新・中期経営計画について (1) 前中期経営計画の成果と課題 2018年12月期からスタートした前中期経営計画では、2020年の創立50年の節目の年に向けた3年間を、次の50年に向けた橋渡しの期間と位置づけ、重点戦略として「プロダクト事業の展開と拡大」「高付加価値業務へのシフト」「コスト競争力の強化」「グループ経営戦略強化」の4点を掲げて事業に取り組んできた。 03/29 15:16

■業績動向 3. 財務状況と経営指標 アイ・エス・ビー<9702>の2020年12月期末の財務状況を見ると、資産合計は前期末比1,262百万円増加の13,505百万円となった。 03/29 15:15

業績動向 1. 2020年12月期の業績概要 アイ・エス・ビー<9702>の2020年12月期の連結業績は、売上高で前期比8.5%増の24,434百万円、営業利益で同37.7%増の1,644百万円、経常利益で同39.5%増の1,712百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同57.0%増の994百万円となり、売上高は5期連続増収、各利益は4期連続増益となり、過去最高を更新した。 03/29 15:14

■会社概要 2. 事業内容 アイ・エス・ビー<9702>はソフトウェア受託開発からシステム構築・保守・運用などの情報サービス事業と、入退室管理システムを手掛けるアート及びその子会社のアートサービス(株)によるセキュリティシステム事業の2つのセグメントで情報を開示している。 03/29 15:13

■会社概要 1. 沿革 アイ・エス・ビー<9702>は1970年、汎用系及び業務系のシステム開発・運用を手掛ける情報サービス事業を目的に、(株)インフォメイション・サービス・ビューローとして設立され、その後はソフトウェアの自社開発、受託開発、システム構築(SI)を中心に業容を拡大していった。 03/29 15:12

アイ・エス・ビー<9702>は1970年創立の独立系ITソリューションプロバイダーで、通信分野での高い技術力をベースに、組込みソフトウェアや業務用システム開発へと展開している。 03/29 15:11

■株主還元策 サイバーコム<3852>は配当の基本方針について、「将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、『安定した配当』 を継続して実施していく」としている。 03/29 15:08

■今後の見通し 2. 3ヶ年中期計画 サイバーコム<3852>は、2021年度からスタートする新3ヶ年中期計画「サイバーコムビジョン2023~増収増益の継続~」を発表した。 03/29 15:07

■今後の見通し 1. 2021年12月期業績見通し サイバーコム<3852>の2021年12月期の業績は、売上高で前期比5.3%増の14,400百万円、営業利益で同2.7%増の850百万円、経常利益で同0.8%増の850百万円、当期純利益で同4.2%増の572百万円と増収増益を見込んでいる。 03/29 15:06

■業績動向 1. 2020年12月期業績の概要 サイバーコム<3852>の2020年12月期の売上高は前期比2.1%減の13,672百万円、営業利益は同10.9%増の827百万円、経常利益は同12.2%増の842百万円、当期純利益は同1.9%減の549百万円となり、期初計画に対しては売上高で8.9%下回ったものの、各利益はそれぞれ上回って着地し、営業利益、経常利益は過去最高を更新した。 03/29 15:05

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ進む

広告

広告