1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(8)

企業リサーチのニュース(ページ 8)一覧

rss

■オンコリスバイオファーマ<4588>の開発パイプラインの動向 3. テロメスキャン (1) 概要 テロメスキャンは、アデノウイルスの基本構造を持ったテロメライシンにクラゲのGFPを組み込んだ遺伝子改変型アデノウイルスとなる。 03/24 15:27

■開発パイプラインの動向 2. 次世代テロメライシン (1) OBP-702 オンコリスバイオファーマ<4588>は次世代テロメライシンとして、テロメライシンに強力ながん抑制遺伝子であるp53を組み込んだアデノウイルス製剤「OBP-702」の開発も進めている。 03/24 15:26

■オンコリスバイオファーマ<4588>の開発パイプラインの動向 d) 食道がん(放射線化学療法併用) アーリーステージの食道がん患者を対象とした放射線化学療法との併用による医師主導の第1相臨床試験を、米国のスローンケタリングがんセンターなど5施設で2020年夏頃に開始する予定となっている。 03/24 15:25

■オンコリスバイオファーマ<4588>の開発パイプラインの動向 1. テロメライシン (1) 概要 テロメライシンは、テロメラーゼ活性の高いがん細胞で特異的に増殖し、がん細胞を破壊する遺伝子改変型アデノウイルスのことで、腫瘍溶解性ウイルス製剤の一種である。 03/24 15:24

■開発パイプラインの動向 オンコリスバイオファーマ<4588>は、がんや重症感染症等の医療ニーズ充足に貢献すべく、ウイルス遺伝子改変技術を活用した新規がん治療薬、新規がん検査薬の開発を行っている。 03/24 15:23

■会社概要 1. 会社沿革 オンコリスバイオファーマ<4588>は、2004年に設立されたバイオベンチャーで、「Virology(ヴィロロジー/ウイルス学)に立脚した創薬」を事業コンセプトとして、医薬品事業及び検査事業を両輪とした研究開発を進めている。 03/24 15:22

■要約 オンコリスバイオファーマ<4588>は、腫瘍溶解ウイルスによる新規がん治療薬(テロメライシン)や新規がん検査薬(テロメスキャン)の開発を目的に2004年に設立されたバイオベンチャーである。 03/24 15:21

■株主還元 イグニス<3689>は、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実を図ることが重要であると考え、過去において配当の実績はない。 03/24 15:17

■今後の成長性 イグニス<3689>の成長戦略は、積み上げ型となる「マッチング事業」及び爆発力のある「エンターテック事業」のそれぞれに経営資源を集中することでバランスの良い事業ポートフォリオを構築し、成長及び拡大を目指す方向性を描いている。 03/24 15:16

■業績見通し 2020年9月期の業績予想についてイグニス<3689>は、売上高を前期比28.2%減の4,000百万円と見込んでいるが、利益予想については現時点で非公表となっている。 03/24 15:15

■決算動向 1. 2020年9月期第1四半期決算の概要 イグニス<3689>の2020年9月期第1四半期の業績は、売上高が前年同期比11.4%増の1,496百万円、営業利益が65百万円(前年同期は340百万円の損失)、経常利益が19百万円(同361百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が71百万円(同416百万円の損失)と大幅な増収及び損益改善(営業黒字転換)を実現し、上々の滑り出しとなった。 03/24 15:14

■イグニス<3689>の事業概要 2. 持分法適用関連会社による新規事業の取り組み (1) AI分野 2015年11月に持分法適用関連会社とした(株)ロビットとの連携により、AI技術を活用した自動外観検査ロボット『TESRAY』及びピッキングソリューションの開発を行っている。 03/24 15:13

■事業概要 イグニス<3689>は、スマートフォン向けアプリの企画・運営・販売等を主力としている。 03/24 15:12

■要約 イグニス<3689>は、スマートフォン向けアプリの企画・運営・販売等を主力としている。 03/24 15:11

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告