1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(6)

企業リサーチのニュース(ページ 6)一覧

rss

■事業概要 3. ERP・AI事業 ERP・AI事業では完全Web型ERPパッケージ「GRANDIT」の開発、導入販売を行っている。 05/22 15:03

■事業概要 システムインテグレータ<3826>は1995年設立の独立系ソフトウェア開発会社で、自社開発したソフトウェアのパッケージ販売及び保守サービスのほか、クラウドサービス(SaaS)での提供も行っている。 05/22 15:02

■要約 システムインテグレータ<3826>は独立系のソフトウェア開発会社で、「時間を奪うのではなく、時間を与えるソフトウェアを創り続ける」をコーポレート・スローガンに企業の生産性向上に寄与するソフトウェア・サービスの開発・販売を行っている。 05/22 15:01

■株主還元 ティーケーピー<3479>では、現在は先行投資の段階にあり、事業展開のスピードを高め、規模の拡大に伴って必要な資金を確保する観点から利益配当を見送ってきた。 05/21 15:20

*15:19JST TKP Research Memo(9):フレキシブルオフィス市場をけん引。 05/21 15:19

■業績見通し ティーケーピー<3479>は、2020年4月7日に政府から緊急事態宣言が発令されたことや、新型コロナウイルス感染拡大の終息時期の見通しが立たない状況を踏まえ、業績予想を合理的に算出することが困難であることから、2021年2月期の通期業績予想を未定とした。 05/21 15:18

■新型コロナウイルス感染拡大による影響とその対策 1. ティーケーピー<3479>の足元の状況 政府によるイベント自粛要請等の影響により大型宴会場を中心に利用・新規予約が減少し、その結果、入試試験会場需要など本来は最大の繁忙月であるはずの2月の貸会議室の月次売上高は約25億円(計画は30億円超)と大幅に計画未達となった。 05/21 15:17

■決算概要 1. 2020年2月期決算の概要 ティーケーピー<3479>の2020年2月期の連結業績は、売上高が前期比53.0%増の543.43億円、営業利益が同47.5%増の63.25億円、経常利益が同17.5%増の47.61億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同7.9%減の17.43億円と大幅な増収及び営業増益を実現。 05/21 15:16

■これまでの業績推移 過去の業績を振り返ると、会議室数の拡大がティーケーピー<3479>の成長をけん引し、年間20%以上の増収を継続してきた。 05/21 15:15

■事業概要等 4. 周辺事業 ほかの貸会議室ビジネスを行っている企業との差別化要因の1つに、周辺サービスの展開が挙げられる。 05/21 15:14

■事業概要等 1. 空間シェアリングによる市場創造型の事業展開 ティーケーピー<3479>による「貸会議室ビジネス」は、不動産オーナーから遊休資産・低収益物件・不採算資産を割安で借り上げ、会議室や宴会場などに「空間」を「再生」し、シェアリングエコノミーとして付加価値を提供するというものである。 05/21 15:13

■会社概要 1. 会社概要 ティーケーピー<3479>は、貸会議室ビジネスを起点とする「空間再生流通事業」を展開している。 05/21 15:12

■要約 ティーケーピー<3479>は、貸会議室ビジネスを起点とした「空間再生流通事業」を展開している。 05/21 15:11

■株主還元策 ピアラ<7044>は株主還元の考え方について、今後の事業展開と財務体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としている。 05/21 15:08

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

広告