1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(6)

企業リサーチのニュース(ページ 6)一覧

rss

■日本プロセス<9651>の事業概要 電力制御、鉄道運行管理、自動車パワートレイン制御・車載情報、リモートセンシング、防災など、安全・安心が重視される難易度の高い社会インフラ分野の制御システム及び、情報家電、建設、医療など社会インフラを支える機器の組込システム開発で培った高品質・信頼性を強みとしている。 02/10 15:13

■会社概要 1. 会社概要 日本プロセス<9651>は独立系のシステム開発・ITサービス企業である。 02/10 15:12

■要約 1. 独立系のシステム開発・ITサービス企業 日本プロセス<9651>は独立系のシステム開発・ITサービス企業である。 02/10 15:11

■ベンチマーキング 平和不動産リート投資法人<8966>の投資口価格は、2017年以降おおむね上昇傾向にある。 02/10 15:08

■中長期の成長戦略 4. 財務戦略 平和不動産リート投資法人<8966>の財務戦略では、財務基盤の安定化を図り、持続的な成長を可能とすることを目的として、計画的かつ機動的な資金調達を目指す。 02/10 15:07

■平和不動産リート投資法人<8966>の中長期の成長戦略 1. 新中期目標 2018年5月期に設定した目標では、分配金2,500円/口、資産規模2,000億円を掲げ、分配金については2020年11月期までの達成を目指していたが、2019年11月期に2期前倒しで目標分配金を達成した。 02/10 15:06

■今後の見通し ● 2020年5月期と2020年11月期の業績予想 平和不動産リート投資法人<8966>の2020年5月期(第37期)の業績は、営業収益6,233百万円(前期比1.5%減)、営業利益2,822百万円(同4.9%減)、経常利益2,388百万円(同4.7%減)、当期純利益2,387百万円(同4.7%減)の見通しだ。 02/10 15:05

■業績動向 1. 成長の軌跡 平和不動産リート投資法人<8966>の決算期は5月と11月の年2回である。 02/10 15:04

■特長・優位性 3. 平和不動産の強力なスポンサーシップ 次に、平和不動産リート投資法人<8966>は平和不動産の経験とノウハウを最大限に活用できることが特長であり、大きな強みと言える。 02/10 15:03

■特長・優位性 1. 概要 平和不動産リート投資法人<8966>は、平和不動産グループの投資法人であり、東京都区部を中心とする、オフィス・レジデンス複合型REITだ。 02/10 15:02

■要約 1. 東京都区部に集中投資、平和不動産のサポートが大きな強み 平和不動産リート投資法人<8966>は、平和不動産<8803>グループの投資法人であり、中小規模の事業所数が多く、人口増加傾向も続く東京都区部を中心に、オフィス及びレジデンスに集中的に投資する複合型REITだ。 02/10 15:01

■株主還元 グローセル<9995>は株主還元を重要な経営課題と位置付け、配当による株主還元を基本方針としている。 02/07 17:49

■中長期成長戦略 5. 海外ビジネスでの国内・海外の連携強化 グローセル<9995>では海外ビジネスの強化も重要な施策と位置付けている。 02/07 17:43

■中長期成長戦略 4. 新商材「STREAL」事業の展開 (1) 「STREAL」の特長 「STREAL」はグローセル<9995>が日立製作所から製造・販売権を取得した半導体ひずみセンサーの商品ブランドだ。 02/07 17:39

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告