1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(2)

企業リサーチのニュース(ページ 2)一覧

rss

■今後の見通し 2. 中期経営計画の進捗状況と今後の見通し タマホーム<1419>は2019年5月期よりスタートした中期経営計画の基本方針として、「注文住宅着工棟数No.1を目指し、事業改革にて新たな事業の柱を構築する」ことを掲げ、基本戦略として「注文住宅事業で各都道府県にてシェアNo.1を目指す」「戸建分譲事業の販売棟数拡大による収益力向上」「リフォーム事業を新たな事業の柱として確立」「変化に柔軟に対応できる人材の早期育成・人材確保の強化」の4点に取り組んでいる。 02/24 18:18

■今後の見通し 1. 2021年5月期の業績見通し タマホーム<1419>の2021年5月期の連結業績は、売上高で前期比0.4%増の210,000百万円、営業利益で同8.8%減の9,000百万円、経常利益で同8.8%減の8,900百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同1.8%増の5,200百万円と期初計画から売上高で7.7%、各利益で20%以上の上方修正を発表した。 02/24 18:17

■タマホーム<1419>の業績動向 3. 財務状況と経営指標 2021年5月期第2四半期末の財務状況を見ると、資産合計は前期末比2,050百万円増加の103,763百万円となった。 02/24 18:16

■タマホーム<1419>の業績動向 2.事業セグメント別動向 (1) 住宅事業 住宅事業の売上高は前年同期比0.2%増の78,818百万円、営業利益は同576.3%増の1,748百万円となった。 02/24 18:15

■業績動向 1. 2021年5月期第2四半期累計業績の概要 タマホーム<1419>の2021年5月期第2四半期累計の連結業績は、売上高で前年同期比0.6%減の98,634百万円と若干ながら減収に転じたものの、営業利益で同3.0%増の4,237百万円、経常利益で同5.5%増の4,206百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益で同25.4%増の3,147百万円と各利益は増益となり、営業利益は上場来の過去最高益を2期連続で更新した。 02/24 18:14

■事業概要 2. 業界シェアとタマホーム<1419>の特徴 (1) 業界シェア 分譲を含む戸建住宅の年間着工戸数はここ数年、40万戸台前半で推移しており、同社の業界シェアは約2%(注文住宅で約3%)となっている。 02/24 18:13

■事業概要 1. 事業内容 タマホーム<1419>の事業セグメントは、住宅事業、不動産事業、金融事業、エネルギー事業、その他事業の5つの事業セグメントで開示されており、2021年5月期第2四半期累計の売上高構成比で見ると住宅事業が約80%を占める主力事業となっており、次いで戸建分譲事業やマンション、サブリース、その他不動産物件の販売等が含まれる不動産事業が約16%を占めている。 02/24 18:12

■要約 タマホーム<1419>は、1998年に福岡県で創業した住宅デベロッパーで、徹底的な効率化により注文住宅の低価格化を実現し、業界大手の一角を占めるまでに成長した。 02/24 18:11

■株主還元策 パシフィックネット<3021>は中期的な安定成長を最も重要な経営目標としており、株主への利益還元についても安定的に拡大することを目標としている。 02/24 13:10

パシフィックネット<3021>は長期的な視点に立ち、「持続性の高い」サステナブル(持続可能性)な企業体として、ESG「環境(Environment)」「社会(Social)」「ガバナンス(企業統治(Governance))」を成長の機会として捉えており、各事業そのものがESGの直接支援となる。 02/24 13:09

■パシフィックネット<3021>の事業環境 (1) ビジネス向け新品PC市場、ITサービス市場 ビジネス向け新品PC市場、ITサービス市場(情報機器サブスクリプション、ITサービス)におけるビジネス向け新品PC市場においては、国内の2020年4月~9月のビジネス向け新品PC出荷台数は、文部省が進める「GIGAスクール構想(義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習者用PCと高速ネットワーク環境などを整備する計画)」の教育市場での拡大があったものの、「Windows10」入れ替え需要が一巡したことにより一般法人向けが減少傾向にある。 02/24 13:08

■今後の見通し 1. 2021年5月期の連結業績予想 パシフィックネット<3021>の2021年5月期の業績予想については、売上高5,000百万円(前期比9.5%増)、営業利益500百万円(同20.8%増)、経常利益500百万円(同22.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益330百万円(同14.0%増)とする期初計画を据え置いている。 02/24 13:07

■業績動向 3. セグメント別業績 (1) ITサブスクリプション事業 ITサブスクリプション事業は、パシフィックネット<3021>が進めている中期経営計画「SHIFT 2021」(2018年6月−2021年5月)において最重要施策と位置付けているストック収益部門となる。 02/24 13:06

■業績動向 1. 2021年5月期第2四半期連結業績 パシフィックネット<3021>の2021年5月期第2四半期(2020年6月~11月)の連結業績は、売上高が2,475百万円(前年同期比12.7%増)、営業利益が356百万円(同72.6%増)、経常利益が355百万円(同73.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が238百万円(同83.4%増)だった。 02/24 13:05

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告