1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(2)

企業リサーチのニュース(ページ 2)一覧

rss

■事業内容 1. 会社概要 Jストリーム<4308>は広く企業向けに、インターネット動画配信用の各種ソフトウェア及びライブストリーミングなどの動画を流すためのプラットフォームを提供している。 06/03 15:02

■要約 1. 誰にでも使用できる高速で安定した動画配信システム Jストリーム<4308>は、広く企業向けにインターネット動画配信用のソフトウェアやプラットフォームを提供している。 06/03 15:01

■業績動向 1. 2020年12月期第1四半期の業績概要 窪田製薬ホールディングス<4596>の2020年12月期第1四半期の連結業績は、事業収益の計上がなく、研究開発費や一般管理費の計上により営業損失が740百万円(前年同期比は749百万円の損失)、税引前損失が713百万円(同695百万円の損失)、親会社の所有者に帰属する四半期損失が713百万円(同695百万円の損失)とほぼ前年同期並みの損失となり、おおむね会社計画通りの進捗となった。 06/02 15:09

■主要開発パイプラインの概要と進捗状況 5. 新たな開発分野について 窪田製薬ホールディングス<4596>は新たな開発プロジェクトとして、VAP-1阻害剤の共同研究開始と、近視の進行を抑制または改善する効果が期待されるウェアラブルデバイスの開発を加速することを発表した。 06/02 15:08

■窪田製薬ホールディングス<4596>の主要開発パイプラインの概要と進捗状況 4. 宇宙飛行士向け超小型眼科診断装置SS-OCT 2019年3月に発表したNASAとの開発受託契約により、宇宙飛行で発症する眼疾患に関する研究を行うための超小型眼科診断装置「SS-OCT」の開発を進めている。 06/02 15:07

■窪田製薬ホールディングス<4596>の主要開発パイプラインの概要と進捗状況 3. PBOS(網膜疾患) 遠隔医療診断機器となる「PBOS」は、ウェット型加齢黄斑変性や糖尿病黄斑浮腫等の網膜疾患の患者の網膜の厚みを患者自身で測定し、撮影した画像をインターネット経由で担当医師に送り、治療(投薬)の必要性の有無を診断するシステムとなる。 06/02 15:06

■窪田製薬ホールディングス<4596>の主要開発パイプラインの概要と進捗状況 2. 遺伝子治療(網膜色素変性) 網膜色素変性を適応症としたヒトロドプシン※1を用いた遺伝子治療については、2018年1月にSIRION Biotech(ドイツ)とアデノ随伴ウイルスベクター※2確立のための共同開発契約を締結し、同年11月よりプロモーター※3、カプシド※4、導入遺伝子(ヒトロドプシン)の最適化プロセス確立に向けた取り組みを開始している。 06/02 15:05

■窪田製薬ホールディングス<4596>の主要開発パイプラインの概要と進捗状況 1. エミクススタト塩酸塩(スターガルト病) エミクススタト塩酸塩のうち、スターガルト病を適応症とした第3相臨床試験(2018年11月開始、目標被験者登録数162名、世界11ヶ国の医療施設で実施)について、2020年5月1日付で被験者登録が完了したことを発表している。 06/02 15:04

■会社概要 2. 同社の特徴と強み 窪田製薬ホールディングス<4596>の特徴は、最先端のサイエンスをもとに眼科領域に特化した治療薬やデバイス、ソリューションの開発を進めていることが挙げられる。 06/02 15:03

■窪田製薬ホールディングス<4596>の会社概要 1. 会社沿革 眼科領域に特化した医薬品・医療デバイスの開発を行うことを目的に、研究者であり眼科医でもある窪田良(くぼたりょう)博士が2002年に米国シアトルにて旧アキュセラ・インクを設立。 06/02 15:02

■要約 窪田製薬ホールディングス<4596>は革新的な眼疾患治療薬及び医療デバイスの開発を進める米クボタビジョン・インクを子会社に持つ持株会社である。 06/02 15:01

■G-7ホールディングス<7508>の株主還元策 配当政策に関しては、「安定配当の継続を前提に業績に応じた利益還元を実施することを基本に、将来の事業展開に向けた投資需要や財務状況なども勘案しながら総合的に判断していく」としている。 06/01 15:09

■G-7ホールディングス<7508>の今後の見通し 2. 事業セグメント別見通し (1) オートバックス・車関連事業 オートバックス・車関連事業のうち、主力のG-7・オート・サービスは売上高で前期比8%増収を見込み、「オートバックス」の新規出店は2店舗を計画している。 06/01 15:08

■今後の見通し 1. 2021年3月期の業績見通し G-7ホールディングス<7508>の2021年3月期の連結業績は、売上高で前期比28.2%増の170,000百万円、営業利益で同15.9%増の6,700百万円、経常利益で同16.7%増の7,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同13.5%増の4,000百万円と2ケタ増収増益を見込んでいる。 06/01 15:07

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

広告