ソフトバンク、人型ロボ「Pepper」を生産停止に

2021年6月30日 08:26

印刷

記事提供元:スラド

ソフトバンクロボティクスグループが提供しているロボット「Pepper」が、すでに生産を停止しているらしい。Pepperは国内では小売店の接客業など向けに提供されてきたが、販売が振るわないことから、生産が停止されたと見られている。フランスの同社は「労働力の最適化計画を検討している」としており、人員削減も進めているとしている。ロイターによるとアメリカやイギリスでもスタッフ半分を削減しており、日本でも別の事業に人員を配置転換したとしている(共同通信ロイター)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | ロボット

 関連ストーリー:
ソフトバンク・中日のオープン戦、Pepperが昨年の2倍の数が応援に駆り出される 2021年03月03日
ソフトバンク、ボストン・ダイナミクスを現代自動車に売却か 2020年11月10日
無観客試合が続くスポーツイベント、盛り上げるために疑似観客やVR観客を導入 2020年07月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事