前澤友作の月旅行プロジェクト「dearMoon」、同乗者8名を世界中から公募開始

2021年3月5日 08:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

  「お金配りおじさん」を商標出願していることでも知られるZOZO創業者の前澤友作氏。同氏が以前から予定している⽉周回の宇宙プロジェクト「dearMoon」について同乗者8名の募集を開始した(dearMoon公式サイトPR TIMESReutersBBC前澤友作&イーロンマスク特別インタビュー[動画])。

 3月3日から14日までに事前登録が行われる。その後に写真⼊りのエントリー証明書が発行される。書類選考やオンライン面談が行われ、5月下旬ごろまでに最終面談+メディカルチェックが行われる予定だという。応募条件としては、

 宇宙に行くという経験を活かし、社会や人の役に立つための自身の活動を、圧倒的に伸ばし加速させること ができる方。 
 同じ船に乗る仲間の活動を、自身の活動と併せて全力で応援し協力できる方。 この計画ではSpaceX社の大型ロケット「Starship」に乗って、民間人初となる月周回を目指す。実行は2023年を予定しており、8名分の費用はすべて前澤氏が持つとしている。同氏はすべてのチケットは購入済みで、宇宙船は同氏の貸し切りになるとしている。今回の発表に合わせて、前澤友作氏とイーロンマスク氏の二人による対談動画も公開されている。

 あるAnonymous Coward 曰く、

  https://dearmoon.earth/
https://jp.reuters.com/article/maezawa-idJPKCN2AU2Q7

> プロジェクトへの応募期間は3月3日―14日で、応募者には後日写真⼊りのエントリー証明書が発行される。その後は、書類選考、オンライン面談、メディカルチェックなどの選考過程を経て、8人が選定される。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 |

 関連ストーリー:
前澤友作氏に成り済まして仮想通貨を搾取する「ギブアウェイ詐欺」が6月に発生していた 2020年08月12日
前澤友作が「お金配りおじさん」を商標として出願 2020年07月02日
ヤフーがZOZOを買収、前澤社長も退任へ 2019年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケットSpaceX前澤友作ZOZO

関連記事

広告