スマホ20GB/月以上の契約者、実際に20GBまで利用するユーザーは10%程度

2020年12月16日 08:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

消費者庁は12月8日、「⾃分に合った携帯料⾦プランになっていますか︖」という注意喚起のための文書を公開した。この文書は携帯回線の利用者が最適な料金プランを選ぶことを啓蒙する内容となっている。最適な料金プランを選ぶためには、⾃分のデータ利⽤状況を理解しておくべきだとしている。ニュースサイト閲覧や一通のメール送受信、ナビや動画アプリ使用時のデータ通信量の⽬安などについても掲載している(⾃分に合った携帯料⾦プランになっていますか︖[PDF]ケータイWatch)。

総務省によると、大手キャリア利用者の約40%が⽉20GB以上のプランを契約しているとしているが、実際には⽉20GB以上のデータ通信を使⽤している利⽤者は10%程度しかいないとしている。またナンバーポータビリティを使用すれば、キャリアを変更しても電話番号が変わらないことや、同⼀事業者のメインブランドとサブブランドでは通信可能エリアなどに違いはないことなどについても触れている。

なお乗り換えなどを行った場合、初期設定が必要になったり、メールの取得し直しが必要であること、手数料が必要になる点についても一応触れられている。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯通信 | お金

 関連ストーリー:
日本通信、ドコモのahamoに対抗し16GBで月額1980円のプランを発表 2020年12月07日
ドコモ、月額2980円でデータ容量20GBの新料金プラン「ahamo」を発表 2020年12月04日
MMD研究所、11月の携帯電話料金の調査結果発表。大手3キャリアは平均8000円以上 2020年12月03日
総務省が携帯料金値下げのための行動計画を公表。合わせてソフトバンクとauが新料金プランを提示へ 2020年10月28日
楽天モバイル、9月30日から5Gサービス開始。月2980円で楽天エリア内であれば制限無し 2020年10月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省消費者庁

関連記事

広告