1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 総務省(1)

総務省のニュース一覧

楽天が、全国に4Gネットワークを張り巡らせるために計画している25年までの設備投資最大6000億円に対して、携帯というビジネスモデルの常識では「過少だ」と指摘する声が多い。 08/16 17:34

10月からの携帯電話事業開始を計画している楽天モバイルだが、基地局整備が計画通り進んでいないという。 08/16 08:53

総務省が7月9日に公開した2019年(令和元年)版の情報通信白書によると、若年層においてはネットの利用者がテレビの利用者を上回っているという。 07/31 15:04

ワイズローンが「貯金実態調査2019」を発表。貯金の平均額は317万円、中央値100万円。全体の53%が貯金100万円以下。50代が平均621万円で最高。貯金の目的は「老後の備え」59.6%で最多。

金融庁の年金2000万円騒動でにわかに老後のための資産形成が人々の関心を呼ぶようになった。 07/10 14:06

総務省が「女性活躍の推進に関する政策評価」を公表。20年目標値、女性就業率77%、18年実績76.5%。課長職率は目標15%、実績11.2%、上場役員は目標10%、実績4%。業種によりバラツキ

政府主導の女性活躍推進政策が推し進められている。 07/09 07:50

情報通信研究機構(NICT)がポートスキャンによる脆弱性調査(NOTICE)を行うことが以前報じられていたが、このポートスキャン実施状況が公表された。 07/02 20:48

石田真敏総務大臣は25日の記者会見で、日本郵政に対しグループ全体のコンプライアンス遵守と営業活動の適正化を図るよう指導した、と語った。 06/27 07:24

11日、総務省は、携帯電話に関する有識者会議に対して、省令の改正案を提示した。 06/14 08:16

総務省は地方議会議員のなり手不足問題について、総務省としても深刻な状況にあるとの認識から、新たな打開策を検討するための「有識者検討会」を設置する。 06/09 08:15

エアトリが「ふるさと納税がもたらした効果」に関するアンケートを実施。納税を行ったことで納税先に興味を持った、73%。興味を持ち実際にその地に訪れた、11%。ふるさと納税はインバウンドにも寄与。

総務省は先月14日、今月からの新ふるさと納税制度から大阪府泉佐野市を含む4市町を除外すると公表した。 06/04 09:12

石田真敏総務大臣は福岡県と福岡市が観光振興財源の確保に向け、宿泊税を創設し、市内での税額を市税150円、県税50円にすることで合意したことについて、28日、「宿泊税は地方税法上の法定外税であり、制度上は県も市も導入することが可能だ」としたうえで「今後、条例案が県・市の議会で可決され、総務大臣への協議が行われた場合には地方税法に基づく手続に沿って、税率、使途等、その内容を精査の上、適切に対応したい」と語った。 05/29 09:05

現在携帯電話で使われる電話番号は11桁だが、総務省がIoT向けに「020」で始まる14桁の携帯電話番号を利用可能にする方針を示しているという。 05/14 21:47

日本の人口は減少の一途をたどっている。8年連続で減少傾向にある。人口が減れば、社会保険制度の崩壊、教育産業の衰退、労働人口の減少が考えられる。国を維持するために移民を受け入れる必要性も出てくる可能性があり、文化的な面の変化なども考えられる。

日本の総人口は2010年頃から減少の一途をたどっている。 05/09 08:57

(c) 123rf

若者のテレビ離れが話題になって久しい。 05/04 18:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告