1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 総務省(1)

総務省のニュース一覧

「PALRO(パルロ)」のギフト向けモデル。(画像: 富士ソフトの発表資料より)

進捗する高齢化社会への対応には「自治体と福祉関連業者の連携が不可欠」と指摘される。 04/09 17:41

ピスセミコンダクタが開発した「土壌センサユニット」。 直接土の中に埋め込むことで土壌環境指標をリアルタイムで測定し、作業の効率化や生産性に貢献する

「地方創生」という言葉が使われるようになって久しい。 04/07 18:13

今年10月からの消費税10%実施に伴い手紙とハガキの郵便料金が値上げされる模様だが、値上げには省令改正が必要なため、石田真敏総務大臣は5日の記者会見で「郵便料金に消費税引き上げを反映するのを可能とするため、上限を「84円」に引き上げる総務省令の改正案について、6日から意見公募を実施し、その後、審議会の諮問等、必要な手続きを経て制定したい」と語った。 04/07 18:08

近年、新聞やテレビのニュースで目にすることも増えた「SDGs(エスディージーズ)」というキーワード。 04/01 16:15

日本民間放送連盟(民放連)がAMラジオ放送を廃止しFM放送に転換できるよう、総務省に制度改正を求めるという。 03/25 21:54

ガネットが「介護離職に関する意識調査」を実施。約8割の者が介護のことを会社に相談しなかったと回答。約2割が介護離職を考えた。介護離職者の約7割「今まで積んできたキャリアがゼロに」。

多くの企業で働き方改革への取り組みが行われている。 03/19 08:46

今年1月、総務省の有識者会議が回線・スマホのセット販売禁止を提言したことが報じられたが、こういった「端末代金と通信料金の分離」はイノベーションを阻害するという話が出ている。 03/18 21:27

昨年8月に菅義偉官房長官が講演で言及してから鳴動を始めた「携帯電話の通話料金引き下げ」が、いよいよ具体的なスケジュールに乗って来た。 03/14 17:29

文部科学省が公開した民間企業と協力して進める「未来の学びプログラミング教育推進月間」の概念図

文部科学省、総務省、経済産業省の3省が連携して取り組んでいる2020年度からの「小学校プログラミング教育」の実施に向けた機運醸成を目指し、2019年9月を「未来の学びプログラミング教育推進月間」と設定すると前出の3省が発表した。 02/25 09:23

ソフトバンクは昨年より、YouTubeなど特定のサービス利用に使用した分のデータ通信量を帯域制限のためのデータ使用料カウント対象からは外す料金プランを提供している。 02/20 10:13

総務省が18日までに発表した2018年労働力調査「2018年平均速報値」で役員を除く雇用者5596万人のうち、正規労働者3476万人、非正規労働者2120万人と非正規労働者が占める割合が37.9%になっていることが分かった。 02/19 09:46

「きふと、」のロゴ。(画像: トラストバンクの発表資料より)

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京都目黒区)は18日、群馬県前橋市および岩手県北上市と提携し、「思いやり型返礼品」を紹介するプロジェクト「きふと、」を立ち上げたことを発表した。 02/19 09:05

総務省が2019年度「統計の日(10月18日)」の標語を募集している。 02/05 22:18

政府が海賊版配信サイト対策として、接続時に「警告画面」を表示する仕組みを導入すると日経新聞が報じている。 02/05 15:11

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告